今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

ナンシー

ロレーヌ公国の首都ナンシーは、スタニスラス広場、 (外部リンク)カリエール広場、アリアンス広場がユネスコ世界遺産に登録されています。

芸術の街として知られるナンシーは、国立オペラ、バレエ、交響楽団やオペラ管弦楽団、国立演劇センター、ナンシー派美術館を含む6つの美術館がある文化都市です。

ナンシーで必ず訪れたい場所・名物

  • ユネスコ世界遺産: スタニスラス広場(市庁舎や大劇場など)、カリエール広場、アリアンス広場
  • 旧市街
  • ナンシー派美術館
  • ロレーヌ美術館
  • モンテの植物園と、そこで見られる2万種の植物
  • ヨットハーバーと水辺の公園

イベント

サン・ニコラ祭 (12月初旬):中世以来、ロレーヌ地方では12月6日の聖ニコラの日を祝ってきました。なかでも聖人の日を最も豪華かつ陽気にお祝いをするのがナンシーです。音楽、パレード、笑いと光の2日間。スタニスラス広場では特別なショーも行われます。

ランデヴー・プラス・スタニスラス :スタニスラス広場のライトアップ。光・映像・音響効果により、世界遺産である国王の広場が驚きと詩情に包まれます。夏季は毎晩実施。

ガストロノミー

ナンシーは甘い名物の多い街。真珠のようなツヤがあるマカロン・ド・ナンシーや黄金色の四角く小さなベルガモット・キャンディはお土産に最適です。

そのほかには、キッシュやポテ(豚肉やジャガイモの煮込み)をはじめ、ブシェ・ア・ラ・レーヌ(チキンクリーム入りのひと口パイ)、パテ・ロレーヌ、トゥルト(丸いミートパイ)、タルト、シャルキュトリー(豚肉加工品)があり、ロレーヌ地方のフルーツの王様ミラベル(スモモの一種)がその最後を飾ります。

これらの料理と、すぐ傍のヴォージュ地方のチーズ、職人による手作りのパン、そして、コート・ド・トゥールのワインも外せません。

アクセス: TGV 東線:パリ東駅より1時間30分

Nancy 

他のアイデア
を見る 

関連
記事 

都市

パリジャン気分に浸れる場所-オテル・ド・クリヨン

改装を経て、先日仏ホテル最高の 格付け「パラス」を付与された、フランス新古典主義のアイコン、オテル・ド・クリヨン。18世紀のパリのエスプリと、現代のそれを融合し生み出された、時代を超越するエレガンスをあなたに。

都市

子連れで旅するリール、6つの楽しみ

要塞の動物園、屋内プールの美術館、フェレットの本屋さん、バニラが香るワッフル……。オー・ド・フランス地域圏(Hauts-de-France)の中心地リールは、驚きがいっぱいです。

美術館・博物館

お見逃しなく!パリの展覧会情報 2018-2019

今シーズンはどんな展覧会がパリの美術館や博物館で催されるのでしょう?印象派、ポップ・アイコン、過激なアンダーグラウンド・アート、キュビスム…多彩な分野とジャンルが陽気に混ざり合い、絵、彫刻、写真、音楽をもって表現されます。常識を覆す展覧会の数々、必見です!パリの週末を過ごすにはここがおすすめ、もちろん週末以外でも!

料理

リヨン国際美食館:レジス・マルコンの創る世界

リヨンから車で1時間半ほどの山間部サン・ボネ・ル・フロワにあるレストラン「レジス&ジャック・マルコン」の3つ星シェフ、レジス・マルコンは2019年に開館を待たれているリヨン国際美食館の完成に向けて入念な計画を練るメンバーの1人です。今からオープンが待ち遠しい国際美食館。その‛原材料‘と‘レシピ’‘メニュー’をプロの料理人らしく私たちに教えてくれます。

マルセイユで過ごす3日間 : 家族で潮風を感じてみてはいかがですか?

暑い季節になり、ますます海に心惹かれる日々となりました。今こそマルセイユに出発しましょう。遊び心溢れる文化的見学アイデア、市内での海水浴、カランク散策など家族で楽しめるアイティナリーがいっぱいです。

スポーツ

サッカーの魔力:見たことのないフランス

サッカーのフランス代表は時に、お祝いムードに包まれた予想外のサプライズをしてくれることがあります。それはW杯優勝という快挙だけが国民にもたらす比べ様のない喜びです。フランス代表のファンだけではなく、全ての人に楽しんで頂けるビックリするような、または笑ってしまうイメージ10選をお送りします!

関連
記事 

都市

パリジャン気分に浸れる場所-オテル・ド・クリヨン

改装を経て、先日仏ホテル最高の 格付け「パラス」を付与された、フランス新古典主義のアイコン、オテル・ド・クリヨン。18世紀のパリのエスプリと、現代のそれを融合し生み出された、時代を超越するエレガンスをあなたに。

都市

子連れで旅するリール、6つの楽しみ

要塞の動物園、屋内プールの美術館、フェレットの本屋さん、バニラが香るワッフル……。オー・ド・フランス地域圏(Hauts-de-France)の中心地リールは、驚きがいっぱいです。

美術館・博物館

お見逃しなく!パリの展覧会情報 2018-2019

今シーズンはどんな展覧会がパリの美術館や博物館で催されるのでしょう?印象派、ポップ・アイコン、過激なアンダーグラウンド・アート、キュビスム…多彩な分野とジャンルが陽気に混ざり合い、絵、彫刻、写真、音楽をもって表現されます。常識を覆す展覧会の数々、必見です!パリの週末を過ごすにはここがおすすめ、もちろん週末以外でも!

料理

リヨン国際美食館:レジス・マルコンの創る世界

リヨンから車で1時間半ほどの山間部サン・ボネ・ル・フロワにあるレストラン「レジス&ジャック・マルコン」の3つ星シェフ、レジス・マルコンは2019年に開館を待たれているリヨン国際美食館の完成に向けて入念な計画を練るメンバーの1人です。今からオープンが待ち遠しい国際美食館。その‛原材料‘と‘レシピ’‘メニュー’をプロの料理人らしく私たちに教えてくれます。

マルセイユで過ごす3日間 : 家族で潮風を感じてみてはいかがですか?

暑い季節になり、ますます海に心惹かれる日々となりました。今こそマルセイユに出発しましょう。遊び心溢れる文化的見学アイデア、市内での海水浴、カランク散策など家族で楽しめるアイティナリーがいっぱいです。

スポーツ

サッカーの魔力:見たことのないフランス

サッカーのフランス代表は時に、お祝いムードに包まれた予想外のサプライズをしてくれることがあります。それはW杯優勝という快挙だけが国民にもたらす比べ様のない喜びです。フランス代表のファンだけではなく、全ての人に楽しんで頂けるビックリするような、または笑ってしまうイメージ10選をお送りします!