今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

アミアンのノートル・ダム大聖堂

アミアンが誇るゴシック様式の大聖堂

アミアンのノートル・ダム大聖堂は1220年から1288年という、中世の大聖堂としては著しく短期間で建設された建物です。そのため非常に均質の、全体に均整のとれたフォルムとなっています。

19世紀には建築家ヴィオレ=ル=デュクが聖堂ファサードの天使像やガーゴイユの装飾、階上廊の修復に携わり、輝くような美しさが蘇りました。正面ファサードの見どころは、王のギャラリーに並ぶフランス歴代国王の巨像20体あまり、その上に見えるステンドグラスのバラ窓となっています。

全長145メートル、ヴォールト天井頂点までの高さ42.3メートルという国内最大規模の巨大な聖堂は、1981年にユネスコ世界遺産に登録されました。

アクセス:SNCFアミアン駅Amiensより市バス利用

AMIENS 

関連
記事 

都市

プロモーションスタッフのオススメ観光地紹介 「ルーベの美術館、ラ・ピシーヌ」

都市

ランスのルーヴル美術館別館

都市

リールで、マット’(Mat’)のように、インテリアとデザインを求めて回り道

インテリアに夢中のインフルエンサー@lillebymatは、素敵なデザイナーズショップ、コンセプトストア、アンティークショップをたくさん知っています。2020年世界デザイン首都に選ばれた、彼女が暮らすリールの街で、彼女の後を追いましょう。

追憶

第一次世界大戦を忘れないためにその道をたどる、6つの散歩

2018年は、第一次世界大戦の終戦100周年に当たります。この戦争に参加した兵士たちが全員亡くなってしまったからといって、この戦争の記憶を消してしまう理由にはなりません。だからフランスの東部と北部に出かけて、墓地と森林の間で平和を祝いましょう。

カルチャー

2018年にリールで体験したい8つの感興をそそる時間

「リール3000」。それは、展覧会、イベント、アトリエ、そしてストリートアートの散策…。絶えず文化運動が行われている都市リールへようこそ。

美術館・博物館

クリスチャン・ラクロワがルーヴル美術館ランス別館で、カージャール朝芸術の演出を手がけます

2018年3月28日から7月22日まで、ルーヴル美術館ランス別館にて、1786年から1925年にかけて黄金時代を経験したイランの王朝カージャールの芸術をテーマにした初の回顧展『L'Empire des roses(バラの帝国)』が開催されます。西洋では正当に評価されていない、非常に独特の美的規範を持つこれらのペルシャの傑作は、長い間キッチュで悪趣味なものとみなされていました。この展覧会のコミッショナーを務めるグウェナエル・フェランジェのイニシアティブによって、ようやくこの過ちが償われたのです。この展覧会の演出を手がけたクリスチャン・ラクロワに、インタビューしました。

関連
記事 

都市

プロモーションスタッフのオススメ観光地紹介 「ルーベの美術館、ラ・ピシーヌ」

都市

ランスのルーヴル美術館別館

都市

リールで、マット’(Mat’)のように、インテリアとデザインを求めて回り道

インテリアに夢中のインフルエンサー@lillebymatは、素敵なデザイナーズショップ、コンセプトストア、アンティークショップをたくさん知っています。2020年世界デザイン首都に選ばれた、彼女が暮らすリールの街で、彼女の後を追いましょう。

追憶

第一次世界大戦を忘れないためにその道をたどる、6つの散歩

2018年は、第一次世界大戦の終戦100周年に当たります。この戦争に参加した兵士たちが全員亡くなってしまったからといって、この戦争の記憶を消してしまう理由にはなりません。だからフランスの東部と北部に出かけて、墓地と森林の間で平和を祝いましょう。

カルチャー

2018年にリールで体験したい8つの感興をそそる時間

「リール3000」。それは、展覧会、イベント、アトリエ、そしてストリートアートの散策…。絶えず文化運動が行われている都市リールへようこそ。

美術館・博物館

クリスチャン・ラクロワがルーヴル美術館ランス別館で、カージャール朝芸術の演出を手がけます

2018年3月28日から7月22日まで、ルーヴル美術館ランス別館にて、1786年から1925年にかけて黄金時代を経験したイランの王朝カージャールの芸術をテーマにした初の回顧展『L'Empire des roses(バラの帝国)』が開催されます。西洋では正当に評価されていない、非常に独特の美的規範を持つこれらのペルシャの傑作は、長い間キッチュで悪趣味なものとみなされていました。この展覧会のコミッショナーを務めるグウェナエル・フェランジェのイニシアティブによって、ようやくこの過ちが償われたのです。この展覧会の演出を手がけたクリスチャン・ラクロワに、インタビューしました。