今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

ピエール・サン・ボワイエ :皿の上の真実

創造的で寛容、厳しさ、でも本能的…。ピエール・サン・ボワイエ(Pierre Sang Boyer)シェフに出会うとこれらすべての形容詞が頭に浮かびます。こうした特徴はもちろん彼の料理に現れています。もし美味しいものをシェアしたければ、私たちは自発的にパリ11区に来ることをお勧めします。

火曜日の朝10時、オベルカンフ通り、ピエール・サンのお店はもう動いています。マッシュルームの皮をむき、コーヒーを飲み、冗談を言いながら働いています。「安心させ、寄り添い、指揮する」12年間シェフが信頼し、マネージメントしている一緒に働いているチームにかける言葉です。「私は彼らを奮いたたせ、付加価値をつけ、進化させ、責任を任せるのが好きです。私は対等な関係が好きです。」

Une culture à appréhender

ピエール・サン・ボワイエは韓国で生まれ、7歳半の時に養子に出されました。「料理が私を生かしてくれた」

フランスに着いたとき、正確に言うとオーヴェルニュ地方ですが、ピエール・サンはフランス語がうまくなく、話す代わりに味覚に魅了されました。「私の祖父母と母は料理が得意でした。一緒に食卓を囲むのが好きでした。」

きっかけは、多分日々の交流です。「母が作った料理のおかげで、みんなが幸せそうでした」街から離れた田舎の土地を生かし、果物やキノコを収穫したり、祖父と釣りにでかけたり、彼の地方の豊かさを喜びました。

彼の歴史から、ピエール・サンは忍耐力、勤勉さといった、ビジネスに役立つツールを学びました。「 私は周囲より遅れていたので、より一生懸命にはたらかなくてはいけませんでした。自転車に乗るのも一日で覚えましたよ!」

やりがいのある経験

彼の国家資格をポケットに入れ、ソウルにあるフランス料理のビストロで働くために出発しました。生まれ故郷に帰ることが必要だと考えたからです。そこで妻となる女性に会い、数ヶ月後にクラブガスコン(ClubGascon)の星付きシェフパスカル・オシニャック(PascalAussignac)に会うためにロンドンに渡りました。

2011年にフランスに戻り、リヨンに住みました。そしてニコラ・ル・ベック(NicolasLe Bec)のシェフになりました。2011年は有名になる始めの年でした。トップシェフ(TopChef)というテレビの料理番組に家族と出演したからです。その番組はティエリー・マルクス(ThierryMarx)、ジャン=フランソワ・ピエージュ (Jean-François Piège)やエレーヌ・ダロゼリネール(HélèneDarrozelinaire)のような偉大なシェフたちに挑む番組です。「私は後悔したくなかったので、うまくやりました。とてもよい経験です。」そこでピエール・サン・ボワイエはファイナリストになりました!メディアの追っかけに合い、シェフは今後どうするかを冷静に考えるために1年間休養しました。

レストラン「ピエール・サン」

2012年、彼の最初のビストロピエール・サン・イン・オーベルカンフ(PierreSang In Oberkampf)をオープンし、あっという間に成功しました。気軽なカウンター、彼の概念をシェアできる開かれたキッチン、シェフのユーモアがある季節ごとに変わるメニューなど…。サプライズはコンセプトのうちの一部です。「一足飛びに行かずに、まず自分がレストラン経営をできるか知りたかった」

成功は数メートル先に姉妹店ピエール・サン・オン・ガンベイ(PierreSang On Gambey)をもう1店舗開くことを後押ししました。この場所はレストランのクオリティで、ビストロの雰囲気を持ち褪せて、友達と集まるのによい場所のようにみえます。ここではお料理の選択肢はありませんが、最初から最後までがっかりさせることはありません。いつも驚きがあります。韓国の食材をフランス料理の技術で提供するなど、いつも文化をミックスします。彼の経験から、料理の味わいは自然の食材によるということがわかっています。彼自身が市場に赴き、キッチンに持ち帰ります。「市場で買い物を始めます。市場がどの食材を料理してほしいか教えてくれます」

アドレス

Pierre Sang in Oberkampf 55 rue Oberkampf
75011Paris

Pierre Sang on Gambey 6 rue Gambey
75011 Paris

Paris 

Rue Oberkampf, 75011 Paris

他のアイデア
を見る 

関連
記事 

舞台裏に潜入#4

ヴァンドーム広場にある老舗宝飾店の舞台裏

パリ中心部にあるヴァンドーム広場は、世界屈指の老舗宝飾店が軒を連ねることで知られます。美しい建築が並ぶ四角形の広場に、国際的に名を知られたジュエリーや時計の高級ブランドが並んでいます。その中のひとつヴァンクリーフ&アーペル社は、伝説的な創作ジュエリーを通じてフランスならではの卓越した技術を体現しています。

舞台裏に潜入#3

流行のパン屋さんユートピの舞台裏‐絶品のパンができるまで‐

パリで最もロマンチックな愛の物語がパンだとしたら・・。パリでは街のあちらこちらにパン屋さんがありますが、これらが無いパリはどんなに寂しい街になってしまうことでしょう。店内から焼きたてパンの香ばしい匂いが漂い、店の前を行き交うパリジャン達を惹き付けて止まないパリ11区のパン屋さんユートピの舞台裏に潜入しました。

建築

リニューアルオープンする高級ホテル「ル・ルテシア」、改装プロジェクトを担当した建築家ウィルモット氏が語る舞台裏

パリ左岸の高級ホテル「ル・ルテシア」は4年に渡る大々的な改装工事を終え、7月12日に待望のリニューアルオープンをします。「歴史の無いものは全て撤去し、逆に、歴史の刻まれたもの全てに価値を見出した」。オープンを目前に控え、プロジェクトの指揮を執った建築家ジャン=ミシェル・ウィルモット氏が語る改修工事の舞台裏をインタビュー抜粋の形で紹介します。

美術館・博物館

ビヨンセ、ジェイ・Zが見たルーブル美術館

今年5月、ルーブル美術館は、特別な来客を招いていました。歌手のビヨンセと夫でラッパーのジェイ・Z。彼らのルーヴル散策は、モナ・リザやミロのヴィーナス、そしてナポレオンがエキストラとして登場するビデオクリップとなり、ルーヴル美術館を新たな光で照らしだしました。

カルチャー

芥川賞作家、平野啓一郎さんのフランス案内

都市

日本人建築家、坂茂氏が手がける「ラ・セーヌ・ミュージカル」

関連
記事 

舞台裏に潜入#4

ヴァンドーム広場にある老舗宝飾店の舞台裏

パリ中心部にあるヴァンドーム広場は、世界屈指の老舗宝飾店が軒を連ねることで知られます。美しい建築が並ぶ四角形の広場に、国際的に名を知られたジュエリーや時計の高級ブランドが並んでいます。その中のひとつヴァンクリーフ&アーペル社は、伝説的な創作ジュエリーを通じてフランスならではの卓越した技術を体現しています。

舞台裏に潜入#3

流行のパン屋さんユートピの舞台裏‐絶品のパンができるまで‐

パリで最もロマンチックな愛の物語がパンだとしたら・・。パリでは街のあちらこちらにパン屋さんがありますが、これらが無いパリはどんなに寂しい街になってしまうことでしょう。店内から焼きたてパンの香ばしい匂いが漂い、店の前を行き交うパリジャン達を惹き付けて止まないパリ11区のパン屋さんユートピの舞台裏に潜入しました。

建築

リニューアルオープンする高級ホテル「ル・ルテシア」、改装プロジェクトを担当した建築家ウィルモット氏が語る舞台裏

パリ左岸の高級ホテル「ル・ルテシア」は4年に渡る大々的な改装工事を終え、7月12日に待望のリニューアルオープンをします。「歴史の無いものは全て撤去し、逆に、歴史の刻まれたもの全てに価値を見出した」。オープンを目前に控え、プロジェクトの指揮を執った建築家ジャン=ミシェル・ウィルモット氏が語る改修工事の舞台裏をインタビュー抜粋の形で紹介します。

美術館・博物館

ビヨンセ、ジェイ・Zが見たルーブル美術館

今年5月、ルーブル美術館は、特別な来客を招いていました。歌手のビヨンセと夫でラッパーのジェイ・Z。彼らのルーヴル散策は、モナ・リザやミロのヴィーナス、そしてナポレオンがエキストラとして登場するビデオクリップとなり、ルーヴル美術館を新たな光で照らしだしました。

カルチャー

芥川賞作家、平野啓一郎さんのフランス案内

都市

日本人建築家、坂茂氏が手がける「ラ・セーヌ・ミュージカル」