今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

パリ、ラグジュアリーメゾンのブティック8選

伝統と革新、全世界的なファッション・アイコンたるラグジュアリーメゾンの数々。そのフランス流の美学に耽溺されてください。

ディオール、モンテーニュ通り30番地

〈ブティック〉伝説的な本店の場所は、偉大なるクチュリエ、ディオール本人が選んだものです。1946年に自身のクリーションでショーウインドウや内装を整え、エレガントで唯一無二の空間として鎮座しています。〈ムード〉シックなしつらえは女性の私室を思わせるもの。居心地のよさにこだわり、1930年代風の空気をたたえながらも現代的に洗練されています。革製品、宝飾品、服飾品、美しい世界観が感性を開花させてくれることでしょう。〈スペシャル〉王冠を掲げたように伸びる階段を昇ると、そこはオートクチュールのサロンです。グレーとピンクでまとめられ、ディオールが愛した花が飾られています。

シャネル、カンボン通り31番地

〈ブティック〉アヴァン=ギャルドな女性ガブリエル・シャネルが、ここに彼女コレクションを売る店を構えたのは1921年のことです。帽子、アクセサリー、バッグ、そして初めて手がけた香水No.5が置かれました。カール・ラガーフェルドは自身の手を入れることなく、マドモワゼル・シャネルの魂がこもった地上4階の空間をそのまま残しました。〈ムード〉2.55バッグのイメージそのままに、古典主義と現代美術が融合するひっそりとしたムードに満たされています。〈スペシャル〉カメリアを愛したスタイリスト、マドモワゼル・シャネルのアパルトマンとなっていた3階には、バロック調の部屋に鏡や愛用した品々が残されています。

エルメス、フォーブール・サン=トノレ通り24番地

Hermès, 24 rue duFaubourg Saint-Honoré

〈ブティック〉フランスを代表する革製品ブランドの本店です。ショーウインドウには「旅のエレガンス」にインスピレーションを受けたディスプレイを見ることができます。〈ムード〉伝統と現代性が色濃く現れています。ガラスの階段と幾重にもしつらえられたレトロな棚が織りなすコントラストが温かなムードを醸しています。〈スペシャル〉ダニエル・ビュラン、ジョセフ・アルバースら著名なアーティストによる新しい解釈のカレ(carréスカーフ)を発表し、近年、再び活気を帯びています。

エルメス、セーヴル通り17番地

〈ブティック〉新世代のブティックにふさわしい、若々しく驚きに満ちた申し分のない空間です。〈ムード〉爽やかな花柄のカレがロマンティック!内装のクリエーションは、近年、スターデザイナーとHermèsが組んで新たに生み出されたアイテムに匹敵するものです。〈スペシャル〉出版社とコラボレーションしたセレクト・ライブラリーlibrarie Actes Sud、サロン・ド・テの人気チェーンとコラボレーションしたsalon de thé Le Plongeoirを併設しています。

ゲラン、シャン=ゼリゼ大通り68番地

〈ブティック〉かつての王室御用達香水店であるゲランは、香りを楽しむフランスのライフスタイルを豊かなものにしています。〈ムード〉アメリカの有名建築家ピーター・マリノにより、2013年、魅力的に大変貌を遂げました。象眼した大理石を用いたアーティスティックな内装デザインによって、好奇心を途切れさせないゴージャスな空間を作り上げています。〈スペシャル〉併設のレストランLe 68Guy Martinのテーブルに飾られた花のノート(香り)は、星付きシェフ、ギィ・マルタンによる香り高い料理と調和するものです。

ルイ・ヴィトン、シャン=ゼリゼ大通り101番地

〈ブティック〉フランスのアイコン的革製品ブランドの、世界でもっとも大きな店舗です。100年の歴史を持つトランク、その他バッグ類やマーク・ジェイコブズのサインが入った各種アイテムをゆるやかな螺旋状に配して魅力的に見せています。〈ムード〉パリらしさを感じさせるアールデコ調のしつらえ。かの有名なモノグラムを刻んだ網目状の透けるパネルが、リズミカルな視覚効果をもたらしています。〈スペシャル〉パリの街が一望できる最上階は、旅とモードに関する文化スペースとなっています。

バカラ、合衆国広場11番地

〈ブティック〉クリスタルの魅力にすべてを捧げた空間がここに!マリー=ロール・ド・ノアイユ子爵夫人のかつての邸宅を、2003年にBaccaratが改築しました。〈ムード〉建築家・デザイナーのフィリップ・スタルクが手がけた繊細な内装は、コンクリートとクリスタルを用いて遊び心が溢れています。〈スペシャル〉店舗スペース、併設のミュージアム、そして星付きシェフ、ギィ・マルタンが監修する併設のレストランまで、喜びの豊かなヴァリエーションを体験することができます。

バカラ、スクリブ通り9番地

〈ブティック〉オペラ・ガルニエ宮(l’opéra Garnier)の向かい側、ナポレオン3世様式の建物に、南仏生まれの香水ブランドの店舗とそのミュージアムがあります。〈ムード〉ビロード風あるいは板張りの内壁に高い天井と煙突を備えています。3000年近い香水の歴史をたどるコレクションが見られます。〈スペシャル〉嗅覚を刺激するユニークなワークショップに参加して、自分だけの香水を作ってみましょう。

paris 

関連
記事 

舞台裏に潜入#4

ヴァンドーム広場にある老舗宝飾店の舞台裏

パリ中心部にあるヴァンドーム広場は、世界屈指の老舗宝飾店が軒を連ねることで知られます。美しい建築が並ぶ四角形の広場に、国際的に名を知られたジュエリーや時計の高級ブランドが並んでいます。その中のひとつヴァンクリーフ&アーペル社は、伝説的な創作ジュエリーを通じてフランスならではの卓越した技術を体現しています。

舞台裏に潜入#3

流行のパン屋さんユートピの舞台裏‐絶品のパンができるまで‐

パリで最もロマンチックな愛の物語がパンだとしたら・・。パリでは街のあちらこちらにパン屋さんがありますが、これらが無いパリはどんなに寂しい街になってしまうことでしょう。店内から焼きたてパンの香ばしい匂いが漂い、店の前を行き交うパリジャン達を惹き付けて止まないパリ11区のパン屋さんユートピの舞台裏に潜入しました。

建築

リニューアルオープンする高級ホテル「ル・ルテシア」、改装プロジェクトを担当した建築家ウィルモット氏が語る舞台裏

パリ左岸の高級ホテル「ル・ルテシア」は4年に渡る大々的な改装工事を終え、7月12日に待望のリニューアルオープンをします。「歴史の無いものは全て撤去し、逆に、歴史の刻まれたもの全てに価値を見出した」。オープンを目前に控え、プロジェクトの指揮を執った建築家ジャン=ミシェル・ウィルモット氏が語る改修工事の舞台裏をインタビュー抜粋の形で紹介します。

美術館・博物館

ビヨンセ、ジェイ・Zが見たルーブル美術館

今年5月、ルーブル美術館は、特別な来客を招いていました。歌手のビヨンセと夫でラッパーのジェイ・Z。彼らのルーヴル散策は、モナ・リザやミロのヴィーナス、そしてナポレオンがエキストラとして登場するビデオクリップとなり、ルーヴル美術館を新たな光で照らしだしました。

カルチャー

芥川賞作家、平野啓一郎さんのフランス案内

都市

日本人建築家、坂茂氏が手がける「ラ・セーヌ・ミュージカル」

関連
記事 

舞台裏に潜入#4

ヴァンドーム広場にある老舗宝飾店の舞台裏

パリ中心部にあるヴァンドーム広場は、世界屈指の老舗宝飾店が軒を連ねることで知られます。美しい建築が並ぶ四角形の広場に、国際的に名を知られたジュエリーや時計の高級ブランドが並んでいます。その中のひとつヴァンクリーフ&アーペル社は、伝説的な創作ジュエリーを通じてフランスならではの卓越した技術を体現しています。

舞台裏に潜入#3

流行のパン屋さんユートピの舞台裏‐絶品のパンができるまで‐

パリで最もロマンチックな愛の物語がパンだとしたら・・。パリでは街のあちらこちらにパン屋さんがありますが、これらが無いパリはどんなに寂しい街になってしまうことでしょう。店内から焼きたてパンの香ばしい匂いが漂い、店の前を行き交うパリジャン達を惹き付けて止まないパリ11区のパン屋さんユートピの舞台裏に潜入しました。

建築

リニューアルオープンする高級ホテル「ル・ルテシア」、改装プロジェクトを担当した建築家ウィルモット氏が語る舞台裏

パリ左岸の高級ホテル「ル・ルテシア」は4年に渡る大々的な改装工事を終え、7月12日に待望のリニューアルオープンをします。「歴史の無いものは全て撤去し、逆に、歴史の刻まれたもの全てに価値を見出した」。オープンを目前に控え、プロジェクトの指揮を執った建築家ジャン=ミシェル・ウィルモット氏が語る改修工事の舞台裏をインタビュー抜粋の形で紹介します。

美術館・博物館

ビヨンセ、ジェイ・Zが見たルーブル美術館

今年5月、ルーブル美術館は、特別な来客を招いていました。歌手のビヨンセと夫でラッパーのジェイ・Z。彼らのルーヴル散策は、モナ・リザやミロのヴィーナス、そしてナポレオンがエキストラとして登場するビデオクリップとなり、ルーヴル美術館を新たな光で照らしだしました。

カルチャー

芥川賞作家、平野啓一郎さんのフランス案内

都市

日本人建築家、坂茂氏が手がける「ラ・セーヌ・ミュージカル」