今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

ベルナール・マグレ, 永遠の陶酔

ほんの数時間の睡眠で目覚めたベルナール・マグレの**1日は、午前6時から7時の1時間のスポーツで始まります。そしてボルドー(彼の出身地)、パリ、世界中を駆け巡ります!彼の事務所に掲げられている言葉は「問題を抱えてその解決策を見つけることができずに、ここにやって来る人自体が問題です」。今日、フランス有数のワイン帝国の一つ(40のブドウ畑のうち、4つがグラン・クリュ:シャトー・パ―プ・クレマンChâteau Pape Clément, シャトー・ラ・トゥール・カルネ**Château La Tour Carnet, シャトー・ホンブロージュ**Château Fombrauge とクロ・オー・ぺラグエ**Clos Haut-Peyraguey) のトップに君臨していることは、おそらく彼が**60**年以上も努力を怠っていない証拠でしょう。

私の生い立ち

「私は早くから親元を離れたいと思っていました。父との関係がうまくいってなかったのですが13歳の時、その父にある製材工場に住み込みの見習いに出されました。その共同の大寝室にいた一人のブルターニュ出身者がフランソワ・ピノFrançois Pinaultで、彼もお父さんと問題を抱えていたのです!19歳から2年間、あるワイン蔵で働いた後独立し、一人でポルトワインを輸入する小さな会社を引き継ぎました。ポルトを大樽で買い取り、瓶詰してレストランに販売したのです。1960年代は大型スーパーが台頭し始めた頃で、自家製品(ポルト、ウイスキーのウイリアム・ピール、パンチ、マルサンワインなど)をそこに卸して、事業が軌道に乗りました。そして少しずつ、フランスと外国のブドウ畑を買収していったのです。ワインは絵画と同様に、感情をかきたて人生を幸せにしてくれる存在です!」

ワインツーリズム

2008年、自分が生まれた地方とそこに広がる豊かな遺産を多くの人に発見してもらいたい、と願ったベルナール・マグレは、ラグジュアリー・ワイン・エクスペリエンスLuxury Wine Experienceを立ち上げます。その発想は?ボルドーとその地方に広がる銘柄ワインの中心地で、今までにない体験をしてもらうのです。「ワイン愛好家の好奇心がどんどん膨らんでいくことを感じていました。私にとってワインを教え、伝えていくことは使命であり、義務でもあります。」シャトー・パ―プ・クレマンに宿泊し、ベルナール・マグレの銘柄ワインの秘密を学び、アトリエに参加してご自身のワインをブレンドしてみて下さい。またアルカッション沖の牡蠣を味わい、最も美しいブドウ畑(メドックMédoc, サンテミリオンSaint Emilion, グラーヴGraves, ソーテルヌSauternesとポムロールPomerol)をヘリコプターに乗って上空から眺めて、この地方の魅力を感じてください。

さらにベルナール・マグレは、ボルドーに2016年6月1日オープンしたワイン博物館Cité du vinのメセナの一員として財政援助を行っています。この文化施設はワインという文化遺産の価値を高め、伝えていくという使命を担っています。「私にとって、観光業に投資して援助しないということは罪なのです。」

私のDNA

あなたのモデルとなっている人物は?

« 私はモデルだけを見て生きています。フランソワ・ピノ―はその一人です。彼は将来のヴィジョンと大胆さを兼ね備えた、稀に見る人です»

ご自身を3つの単語か形容詞で言い表すとすると?

« 決してあきらめない »

新しい発想を見つけるためのインスピレーションはどうやって得ますか?

« 読書です。枕もとに置いてある本は、セネカの‘幸せな人生について’。4000部購入して知り合いにプレゼントしています。»

私の地方

« アキテーヌ地方は驚くほど豊かです。私にとってここは大西洋、スペイン、ヴァンデ川に囲まれた広大な庭です。この上ないほど観光のポテンシャルを秘めていますよ!加えて、見事に再整備されたボルドーの建築遺産があり、TGVも開通しますしね。私は、フランスのこの静かな一角が好きなんです。ここでの生活はとても穏やかですよ。»

ご自身の置かれた環境を3つの単語か形容詞で言い表すとすると?

« 居心地がいいです。»

お好きな匂いは?

« 砂丘の砂にハーブが混じった匂い。本当に心地よい匂いです »

お好きな音は?

« 私のストラディバリ»

私のとっておきのアドレス

ガストロノミーレストラン

« ミッシェル・ゲラールのラ・ターブル・デ・プレ・デゥジェニー La Table des Prés d’Eugénie deMichel Guérard »

住所:334,rue René Vielle, 40320 Eugénie-les-Bains TEL:+335 58 05 06 07

ビストロ

« ル・プチ・コメルスLe petit Commerce »

住所:22, rue Parlement Saint-Pierre, 33000 Bordeaux TEL:+33 5 56 79 76 58

教養を身につける場所

« ラ・バーズ・ス・マリーヌ・ド・ボルドー La base sous-marine de Bordeaux » 住所:Boulevard Alfred Daney, 33300 Bordeaux TEL :+33 5 56 11 11 50

Bordeaux 

Rue de Tivoli, 33000 Bordeaux

他のアイデア
を見る