今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

タヒチ:モツのエコツーリズム

タヒチには数え切れないほどのモツ(小島)があります。ここ数年、これらのモツに多くの複合型ホテルがオープンしています。

タハア島 île de Taha'a

ボラボラBora Boraの近くにあるバヒネ・アイランドリゾートVahine Island Resortは、タハア島の礁湖にあるプライベートアイランドに建っている高級ホテルです。9ヘクタールの小さな島には、白い砂浜と見事なココヤシの林があります。

モツ・タウタウMotu Tautauのタハア・アイランドリゾート&スパ・ルレ・シャトーTaha'a Island Resort & Spa - Relais Châteauにいらっしゃれば、リフレッシュできることまちがいなしです。計57室のスイートルームとヴィラがあり、本物の自然の中で、すばらしいひとときを過ごすことができます。

ランギロア環礁 atoll de Rangiroa

モツ・アヴェア・ラヒMotu Avea Rahiのホテル・キアオラhôtel Kia Oraは、豪華で心からくつろげるご滞在をお約束します。輝くような青い礁湖と息をのむ自然風景の中にいると、もう帰りたくなくなってしまいそうです。

60のコテージで快適なひとときをお過ごしください。コテージには、ピロティーの上のバンガロー、プールつきのヴィラ、海辺のバンガローなどさまざまなスタイルがございます。お好みのものをお選びください。

ティケハウ環礁 atoll de Tikehau

屋外で過ごすのがお好きな方には、モツ・タヴァラロMotu Tavararoのtニナム・リゾートNinamu Resorがおすすめです。フランス領ポリネシアの南西にあり、ダイビング、釣り、サーフィンをお楽しみいただけます。太平洋でまだ知られていない穴場の一つです。

ティケハウ・パールビーチリゾートTikehau Pearl Beach Resortは、モツ・カヒアMotu Kahiaにあります。美しい手つかずの自然の中に、24のスイートルームとバンガローがあります。空と波につつまれた長さ26キロメートルの珊瑚礁の島には、ほかでは見られない眺めがいっぱいです。

アヘ環礁 atoll de Ahe

モツ・マルアルキMotu MaruarukiのココパールロッジCocoperle Lodgeで、リラックスした至福のひとときをどうぞ。美しいココヤシの林の中に6つのバンガローがあります。いずれも海辺にあって、環境を配慮した作りになっています。

モツ・カテカMotu KatekaにあるペンションのChez Raïtaシェ・ライタは、小さな楽園です。シンプルですが自然と伝統を大切にしています。ツアモツ諸島archipel des Tuamotuの北西にあるアヘ環礁は、最近観光客を受け入れるようになりました。4つのバンガローがあります。

Papeete 

Rue des Remparts, 98714 Papeete

関連
記事 

3つの大海に浮かぶフランス海外領土

タヒチ - 仏領ポリネシア:アクティビティ、見どころ・・・

ゴーギャンの足跡を訪ねて太平洋の真ん中へ旅立ちましょう。仏領ポリネシアの5つの群島には118の島があり、そのうち住民がいるのは76。火山からサンゴ礁まで変化に富んだ風景を楽しめます。ソシエテ諸島、マルキーズ諸島、オーストラル諸島、トゥアモトゥ諸島、ガンビエ諸島:何かを感じる場所が必ずあるはずです。サーフィン、海水浴、ハイキング、ダイビング・・・など何から始めますか。

フランス領ポリネシアで考案された水上コテージをご存じですか?

コテージは、世界の果てのラグーンでの素晴らしいヴァカンスをイメージさせます。水上コテージは50年前に、フランス領ポリネシアのタヒチの沖合の島で誕生しました。エキゾチックで象徴的な宿泊施設の歴史を辿りましょう。

タプタプアテアのマラエはユネスコの世界遺産に登録されています

2017年7月9日、フランス領ポリネシアのライアテア島にある野外寺院タプタプアテアのマラエは、ユネスコの世界遺産の輝かしいリストに登録されました。これは認定されたフランスの文化および自然遺産の43番目の遺産にあたります。

タヒチに押し寄せる波と感動の嵐!

カメラマン ベン・サワードと一緒に、フランス領ポリネシアに向かいます。予定では、波、サーフィン、そして息をのむような数々の眺めが待ち受けます。

ボラボラ島に行く5つの理由

南太平洋の中心にあるボラボラ島は、フランス領ポリネシアの至宝です。タヒチ島から飛行機で50分の場所にあり、世界で最も美しいラグーンに囲まれています。

関連
記事 

3つの大海に浮かぶフランス海外領土

タヒチ - 仏領ポリネシア:アクティビティ、見どころ・・・

ゴーギャンの足跡を訪ねて太平洋の真ん中へ旅立ちましょう。仏領ポリネシアの5つの群島には118の島があり、そのうち住民がいるのは76。火山からサンゴ礁まで変化に富んだ風景を楽しめます。ソシエテ諸島、マルキーズ諸島、オーストラル諸島、トゥアモトゥ諸島、ガンビエ諸島:何かを感じる場所が必ずあるはずです。サーフィン、海水浴、ハイキング、ダイビング・・・など何から始めますか。

フランス領ポリネシアで考案された水上コテージをご存じですか?

コテージは、世界の果てのラグーンでの素晴らしいヴァカンスをイメージさせます。水上コテージは50年前に、フランス領ポリネシアのタヒチの沖合の島で誕生しました。エキゾチックで象徴的な宿泊施設の歴史を辿りましょう。

タプタプアテアのマラエはユネスコの世界遺産に登録されています

2017年7月9日、フランス領ポリネシアのライアテア島にある野外寺院タプタプアテアのマラエは、ユネスコの世界遺産の輝かしいリストに登録されました。これは認定されたフランスの文化および自然遺産の43番目の遺産にあたります。

タヒチに押し寄せる波と感動の嵐!

カメラマン ベン・サワードと一緒に、フランス領ポリネシアに向かいます。予定では、波、サーフィン、そして息をのむような数々の眺めが待ち受けます。

ボラボラ島に行く5つの理由

南太平洋の中心にあるボラボラ島は、フランス領ポリネシアの至宝です。タヒチ島から飛行機で50分の場所にあり、世界で最も美しいラグーンに囲まれています。