今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

公爵夫人の甘くロマンティックな人生を南仏エクスで追体験!

コーモン邸

コーモン公爵夫人ポリーヌ(1767年〜1850年)がかつて暮らしていたコーモン邸。この貴族の大邸宅が2年前に修復で美しく生まれ変わり、ポリーヌが南仏エクス・アン・プロヴァンスの町で過ごした日々を感じさせるスペースが一般公開されています。

そんな伯爵夫人ポリーヌの一日を追体験してみましょう。
邸宅一階の心地いい部屋でお茶を楽しんだあと、公爵夫人は専属の料理人を連れて旧市街の路地を巡り、さまざまな人気料理の誘惑に駆られながら、昼食のメニューを決めに出かけます。20種に及ぶ焼き立てパンが並ぶル・ファリノマンフー(Le Farinomanfou: 5 rue Mignet)へ行けば、お気に入りのパンが見つかるはずです。パッサージュ・アガール(Passage Agard)のチーズ専門店で見つけた掘り出し物のチーズを一番引き立ててくれるワイン。エクスの丘陵が生んだロゼワイン街のマルシェに溢れるメロンやさまざまな果実は、食後にいただくと気分がさっぱりします。

昼食は、フランス式庭園の池のそばにある部屋で。街の特産品と新鮮な食材を堪能できる、贅沢なひとときです。

館の上階に行ってみましょう。身も心も風景画に捧げた印象派の画家、アルフレッド・シスレーの作品があり、世界中から集めた60点の名作が展示されています。

友人たちを迎え、音楽サロンで一緒に過ごしたあとは、少し休息をとる時間。調度品と洗練された漆喰彫刻が美しい夫人の部屋は、豪奢さと甘い生活が溶け合う空間です。

午後4時、それは穏やかなマザラン地区を離れてミラボー大通りを渡り、街の反対側へ向かうのにふさわしい時間。次の旅行で友人へ渡す贈り物を探すため、路地を散策します。石けん、ラベンダーのサシェット......エクスの名物、カリソンがたっぷり詰まった菓子箱や、ピュイリカール(Puyricard)のチョコレートは、お土産にぴったりです。そんな午後を締めくくるのは、独創的なスウィーツが並び、装いを新たにしたパティスリー、ウェーベル(Weibel: 2, rue Chabrier)がいいかもしれません。

邸宅に戻る前に、エクス・アン・プロヴァンスの観光局を覗いてみましょう。
ここでは、日本語の市街図をもらったり、文化施設への入場が無料になり、さまざまなショップで割引が効く、エクス・シティ・パス(Aix City Pass)を購入したりできます。(くわしくはこちらの (外部リンク)13ページから)。

*コーモン邸〜コーモン・アート・センター(Hotel de Caumont – Centre d'Art Caumont)
3 rue Joseph Cabassol
13100 Aix-en-Provence
企画展
印象派画家・シスレー(Sisley l'impressionniste)
10月15日まで
通常観覧料:14ユーロ
割引観覧料:10ユーロ
家族向けサービス:大人2名と子ども1名分の料金を支払った場合、2人目の子ども(7歳~17歳)は無料

エクス・アン・プロヴァンス観光局
300, Avenue Giuseppe Verdi
13100 Aix en Provence
Tel. +33(0)4 42 161 161

公式ホームページ(英語版あり)はこちらから (外部リンク)

他のアイデア
を見る 

関連
記事 

料理

インスピレーションあふれるパティシエ、ピエール・エルメ

記念すべきサロン・ドゥ・ラ・パティスリー第1回が2018年6月15日から17日にかけてパリで開催されました。今回、名誉総裁を務めるパティシエのピエール・エルメ氏が、取材に応じてくれました。自身のインスピレーション、最近の傾向、思い出のお菓子、出身地アルザスの名物ほか、おいしいインタビューをどうぞ。

新しい発見

見たことのないシャンパーニュのブドウ畑

シャンパーニュ地方にある老舗メゾン ルイ・ロデレール社は、これまで数々の斬新な試みに挑み、他社とは違った印象を人々に与えてきたシャンパンメーカーです。創立241年を経た今日もその慣習に反することなく、新たなメセナ事業として、フランスの写真賞ラ・ブルス・デュ・タロン(La Bourse du Talent)と提携した写真展示の場を設けています。これは新進気鋭の写真家達に自社ブドウ畑の輝きやシャンパンボトルの煌めきを撮る機会を提供したもので、ひらめきや霊感に富んだ詩的な作品が揃っています。

舞台裏に潜入#4

ヴァンドーム広場にある老舗宝飾店の舞台裏

パリ中心部にあるヴァンドーム広場は、世界屈指の老舗宝飾店が軒を連ねることで知られます。美しい建築が並ぶ四角形の広場に、国際的に名を知られたジュエリーや時計の高級ブランドが並んでいます。その中のひとつヴァンクリーフ&アーペル社は、伝説的な創作ジュエリーを通じてフランスならではの卓越した技術を体現しています。

建築

リニューアルオープンする高級ホテル「ル・ルテシア」、改装プロジェクトを担当した建築家ウィルモット氏が語る舞台裏

パリ左岸の高級ホテル「ル・ルテシア」は4年に渡る大々的な改装工事を終え、7月12日に待望のリニューアルオープンをします。「歴史の無いものは全て撤去し、逆に、歴史の刻まれたもの全てに価値を見出した」。オープンを目前に控え、プロジェクトの指揮を執った建築家ジャン=ミシェル・ウィルモット氏が語る改修工事の舞台裏をインタビュー抜粋の形で紹介します。

美術館・博物館

ビヨンセ、ジェイ・Zが見たルーブル美術館

今年5月、ルーブル美術館は、特別な来客を招いていました。歌手のビヨンセと夫でラッパーのジェイ・Z。彼らのルーヴル散策は、モナ・リザやミロのヴィーナス、そしてナポレオンがエキストラとして登場するビデオクリップとなり、ルーヴル美術館を新たな光で照らしだしました。

都市

シャンパーニュ地方の都市トロワ

関連
記事 

料理

インスピレーションあふれるパティシエ、ピエール・エルメ

記念すべきサロン・ドゥ・ラ・パティスリー第1回が2018年6月15日から17日にかけてパリで開催されました。今回、名誉総裁を務めるパティシエのピエール・エルメ氏が、取材に応じてくれました。自身のインスピレーション、最近の傾向、思い出のお菓子、出身地アルザスの名物ほか、おいしいインタビューをどうぞ。

新しい発見

見たことのないシャンパーニュのブドウ畑

シャンパーニュ地方にある老舗メゾン ルイ・ロデレール社は、これまで数々の斬新な試みに挑み、他社とは違った印象を人々に与えてきたシャンパンメーカーです。創立241年を経た今日もその慣習に反することなく、新たなメセナ事業として、フランスの写真賞ラ・ブルス・デュ・タロン(La Bourse du Talent)と提携した写真展示の場を設けています。これは新進気鋭の写真家達に自社ブドウ畑の輝きやシャンパンボトルの煌めきを撮る機会を提供したもので、ひらめきや霊感に富んだ詩的な作品が揃っています。

舞台裏に潜入#4

ヴァンドーム広場にある老舗宝飾店の舞台裏

パリ中心部にあるヴァンドーム広場は、世界屈指の老舗宝飾店が軒を連ねることで知られます。美しい建築が並ぶ四角形の広場に、国際的に名を知られたジュエリーや時計の高級ブランドが並んでいます。その中のひとつヴァンクリーフ&アーペル社は、伝説的な創作ジュエリーを通じてフランスならではの卓越した技術を体現しています。

建築

リニューアルオープンする高級ホテル「ル・ルテシア」、改装プロジェクトを担当した建築家ウィルモット氏が語る舞台裏

パリ左岸の高級ホテル「ル・ルテシア」は4年に渡る大々的な改装工事を終え、7月12日に待望のリニューアルオープンをします。「歴史の無いものは全て撤去し、逆に、歴史の刻まれたもの全てに価値を見出した」。オープンを目前に控え、プロジェクトの指揮を執った建築家ジャン=ミシェル・ウィルモット氏が語る改修工事の舞台裏をインタビュー抜粋の形で紹介します。

美術館・博物館

ビヨンセ、ジェイ・Zが見たルーブル美術館

今年5月、ルーブル美術館は、特別な来客を招いていました。歌手のビヨンセと夫でラッパーのジェイ・Z。彼らのルーヴル散策は、モナ・リザやミロのヴィーナス、そしてナポレオンがエキストラとして登場するビデオクリップとなり、ルーヴル美術館を新たな光で照らしだしました。

都市

シャンパーニュ地方の都市トロワ