今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

コート・ダジュール地方で泊まりたい5つのホテル

コート・ダジュール地方の'アンバサダー'を自認する « フレンチ・リヴィエラ・コンフィデンシャルFRENCH RIVIERA CONFIDENTIAL » は、5つのホテルが集まるグループ。スマイル、ソレイユ(太陽)、ウエルネス、カルチャー、心に残るイベントや様々な待遇をイメージして世界中の人々が夢見る滞在先、コート・ダジュールの地にあることを誇りにしています。

各ホテルはそれぞれに独自の個性、スタイル、デコレーションを持ちつつ、特に非常に質の高いサービス提供という共通点が特徴で、どのホテルに宿泊しても仲間同士での≪ナイスプラン≫として時間を分かち合うことができます。ニースからカンヌにかけて立地しているホテルは、この地方をデスティネーションとするすべての良い点を心ゆくまで満喫できるようにとの配慮から、当然のことながらフランス語(フランスで第一のアイデンティティー)と英語(国際的な使用言語)の2か国語表示も嬉しいですね。

ベストウエスタン・プリュス・ル・パティオ・デ・ザーティスト
BEST WESTERN PLUS LE PATIO DES ARTISTES

カンヌが、旅行先として好んで選ばれる有名な都市になったのは、コート・ダジュール地方に位置するからだけでなく、1946年から多くのスターが集い世界にこの街の名をとどろかせているカンヌ国際映画祭によるところが大きいことは、誰もが納得できます。館内の至る場所に飾られた映画界の著名人をテーマとした内装で、カンヌ映画祭の歴史的名シーンが蘇ります。
ホテルはビーチから300m足らず、カンヌ市内で最もにぎわう地区の中心にあります。そして≪クラシック≫、≪スーペリア≫、≪デラックス・テラス≫、≪エグゼクティブ・ファミリー≫の4つのカテゴリー64室と数室のスイートがあり、全室で好みに合わせてツインベッド、又はダブルベッドを選べるのでとても便利。内装は温かみのある織物と実用性重視の家具類、広々としたスペース、調和のとれた色彩で、とても居心地よい時間を過ごすことができます。

住所:6 Rue de Bône, 06400 CANNES
Tél : 0033 4 97 06 99 00
reservation@lepatiodesartistes.fr

ベストウエスタン・プルミエ・ル・モンディアル
BEST WESTERN PREMIER LE MONDIAL

旅行者や地元の多くの人々で賑わい、ほとんどの主要なお店が立ち並ぶ街の目抜き通りと、有名なクロワゼットと季節を問わず人通りの絶えない歩行者天国地区の間に位置する、まさにこれ以上ない理想的な立地条件を満たしたホテルです。
49の客室とスイートは≪クラシック≫、≪スーペリア≫、≪デラックス≫、≪プレスティージュ≫があり、備品のクッション、シーツ、カーテン、絨毯の洗練された色彩とハーモニーのとれた幾何学模様が、室内の上品な美しさを際立たせています。また浴室でスパやジャクジーが利用できる部屋、アンティーブ通りに面したプライベートのバルコニーやテラスから地中海を一望できる部屋もあります。
1日の始まりは、地上階のアットホームなサロンで、旬で豊かな食材をふんだんに使用した素晴らしいビュッフェ形式の朝食をどうぞ。スモーク・サーモンやシャンパンをいただき、長年にわたり世界中の人々を魅了してやまないコート・ダジュール地方にやって来た観光客やビジネスマン、会議出席者といったすべての人々が、映画の街として最も有名なここカンヌで、つかの間でもスターの気分に浸ることができますよ。

住所:77 Rue d'Antibes, 06400 CANNES
Tél : 0033 4 93 68 70 00
reservation@hotellemondial.com

ベストウエスタン・アルバ
BEST WESTERN ALBA

ニースにはプロムナード・デ・ザングレ、魅力いっぱいのフラワーマーケット、マセナ広場、様々なお店が並ぶ旧市街すべてへ簡単にアクセスできる通りがあります。その名はジャン・メデサン大通りavenue Jean Médecin。ベストウエスタン・アルバはまさしくこの通りにあります。
35の客室は≪スタンダード≫、≪スーペリア≫に分かれ、そのうち3部屋はメゾネットタイプのスイートです。朝食はフランス式1階へ。小さなテラスに置かれたブルーのファーニチャーが太陽の光を浴びて輝く、明るく和気あいあいとした会場で盛りだくさんのビュッフェをいただきましょう。

住所:41 Avenue Jean Médecin, 06000 NICE
Tél : 0033 4 93 88 02 88
reservation@hotellastoria.com

ベストウエスタン・アストリア
BEST WESTERN ASTORIA

特にナイトライフで最も活気あるリゾート地として知られるコート・ダジュール地方海岸沿いの街、ジュアン・レ・パン。ベストウエスタン・アストリアはフランス国鉄駅からたったの100m、にぎやかな街の中心にあり、細かな砂が広がるビーチからも2分という近さです。
フロント横の居心地よいサロンでは、種類豊富な観光エクスカーションの中から気に入ったものを選んで申し込みができますし、スタッフ全員が親身になってあらゆる相談に応じてくれたり、近くでおススメや外せない場所も教えてくれます。
≪コンフォート≫、≪プリヴィレージュ≫に分かれた49の客室は、エアコンと防音機能を完備。ほとんどの部屋に、海が望めるバルコニーがついています。
地上階の洒落たサロンのテーブルに並ぶ、その日に必要なエネルギーを全て補給できるほどの豊富な品数が揃うほどのグルメなビュッフェ式朝食で、アクティブな1日を始めましょう。

住所;15 Avenue Maréchal Joffre, 06160 JUAN-LES-PINS
Tél : 0033 4 93 61 23 65
reservation@hotellastoria.com

ホテル・レステレル
HÔTEL L'ESTEREL

ホテルにとって立地条件は重要ですが、ホテル・レステレルはこの点で文句のつけようがありません。現代建築のこのホテルのほぼ真正面はフランス国鉄駅で、たった300m先の通りの端にはクロワゼットと、有名なフェスティバル・パレスがあります。フロントでは、アンティーブ通りのすぐそばにあるレストランのアドレスや、その日の気分次第でカルチャーやスポーツ体験が近くでできるおススメの場所のアドバイスを受けられるのも嬉しいですね。
55の客室はエアコン完備、特に二重のガラス張りで防音にも細心の注意が払われ、セーフティーボックス、無料Wi-Fi、多チャンネル衛星放送テレビを備えています。
特筆すべきは、何といっても旧市街、地中海、そしてもちろんエステレル山塊を望むことのできる360度パノラマのテラスに囲まれた、最上階の朝食会場です。
住所 :15 Rue du 24 Août, 06400 CANNES
Tél : 04 93 38 82 82
reservation@hotellesterel.com

Cote d'Azur 

関連
記事 

料理

インスピレーションあふれるパティシエ、ピエール・エルメ

記念すべきサロン・ドゥ・ラ・パティスリー第1回が2018年6月15日から17日にかけてパリで開催されました。今回、名誉総裁を務めるパティシエのピエール・エルメ氏が、取材に応じてくれました。自身のインスピレーション、最近の傾向、思い出のお菓子、出身地アルザスの名物ほか、おいしいインタビューをどうぞ。

新しい発見

見たことのないシャンパーニュのブドウ畑

シャンパーニュ地方にある老舗メゾン ルイ・ロデレール社は、これまで数々の斬新な試みに挑み、他社とは違った印象を人々に与えてきたシャンパンメーカーです。創立241年を経た今日もその慣習に反することなく、新たなメセナ事業として、フランスの写真賞ラ・ブルス・デュ・タロン(La Bourse du Talent)と提携した写真展示の場を設けています。これは新進気鋭の写真家達に自社ブドウ畑の輝きやシャンパンボトルの煌めきを撮る機会を提供したもので、ひらめきや霊感に富んだ詩的な作品が揃っています。

美術館・博物館

ビヨンセ、ジェイ・Zが見たルーブル美術館

今年5月、ルーブル美術館は、特別な来客を招いていました。歌手のビヨンセと夫でラッパーのジェイ・Z。彼らのルーヴル散策は、モナ・リザやミロのヴィーナス、そしてナポレオンがエキストラとして登場するビデオクリップとなり、ルーヴル美術館を新たな光で照らしだしました。

カルチャー

公爵夫人の甘くロマンティックな人生を南仏エクスで追体験!

都市

日本人建築家、坂茂氏が手がける「ラ・セーヌ・ミュージカル」

スピリチュアル

モン・サン・ミッシェル

世界でも最も有名な世界遺産の一つ、モン・サン・ミッシェル。北フランス、ノルマンディー地方の海岸に、修道院が陸から切り離されて浮かぶ「西洋の驚異」

関連
記事 

料理

インスピレーションあふれるパティシエ、ピエール・エルメ

記念すべきサロン・ドゥ・ラ・パティスリー第1回が2018年6月15日から17日にかけてパリで開催されました。今回、名誉総裁を務めるパティシエのピエール・エルメ氏が、取材に応じてくれました。自身のインスピレーション、最近の傾向、思い出のお菓子、出身地アルザスの名物ほか、おいしいインタビューをどうぞ。

新しい発見

見たことのないシャンパーニュのブドウ畑

シャンパーニュ地方にある老舗メゾン ルイ・ロデレール社は、これまで数々の斬新な試みに挑み、他社とは違った印象を人々に与えてきたシャンパンメーカーです。創立241年を経た今日もその慣習に反することなく、新たなメセナ事業として、フランスの写真賞ラ・ブルス・デュ・タロン(La Bourse du Talent)と提携した写真展示の場を設けています。これは新進気鋭の写真家達に自社ブドウ畑の輝きやシャンパンボトルの煌めきを撮る機会を提供したもので、ひらめきや霊感に富んだ詩的な作品が揃っています。

美術館・博物館

ビヨンセ、ジェイ・Zが見たルーブル美術館

今年5月、ルーブル美術館は、特別な来客を招いていました。歌手のビヨンセと夫でラッパーのジェイ・Z。彼らのルーヴル散策は、モナ・リザやミロのヴィーナス、そしてナポレオンがエキストラとして登場するビデオクリップとなり、ルーヴル美術館を新たな光で照らしだしました。

カルチャー

公爵夫人の甘くロマンティックな人生を南仏エクスで追体験!

都市

日本人建築家、坂茂氏が手がける「ラ・セーヌ・ミュージカル」

スピリチュアル

モン・サン・ミッシェル

世界でも最も有名な世界遺産の一つ、モン・サン・ミッシェル。北フランス、ノルマンディー地方の海岸に、修道院が陸から切り離されて浮かぶ「西洋の驚異」