今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

ニューカレドニアの子供たちの顔

ニューカレドニアの子供たちの笑い
写真家ピエール=アラン・パンツとともに、ニューカレドニアに出かけましょう。この諸島をこよなく愛する彼は、最近の滞在中に、希望と幸せに満ちた子供たちの表情を写真に収めました。

歴史に残るポリネシアのさまざまな影響を映し出す、ロワイヨテ諸島の子供の顔。

ニューカレドニアの子供たちの顔

歴史に残るポリネシアのさまざまな影響を映し出す、ロワイヨテ諸島の子供の顔。

ニューカレドニアの子供たちの顔
イル・デ・パン‐ヴァオ

視線が交差する一瞬に、私の目は幸せでいっぱいになります。

イル・デ・パン‐ヴァオ

朝日の中でこの美しく端正な顔立ちが、すぐさま私の視線を捕らえました。

ニューカレドニアの子供たちの顔
イル・デ・パン‐ヴァオ

朝日の中でこの美しく端正な顔立ちが、すぐさま私の視線を捕らえました。

ニューカレドニアの子供たちの顔
ヌーメア

一度しかシャッターを切れなかったほど、この探るような目つきは私を動揺させました。

リフ島の少女たちがなぜこれほど大笑いしていたのか、私は永遠に知ることはないでしょう。

ニューカレドニアの子供たちの顔

リフ島の少女たちがなぜこれほど大笑いしていたのか、私は永遠に知ることはないでしょう。

ウベア島の伝統的な小屋の涼しさの中、敷かれたござの上を……天使が通り過ぎました。

ヌーメア

子供たちが私を見下ろすような構図になるように、私は座って子供の写真を撮ることがよくあります。

ニューカレドニアの子供たちの顔
ヌーメア

子供たちが私を見下ろすような構図になるように、私は座って子供の写真を撮ることがよくあります。

ニューカレドニアの子供たちの顔
イル・デ・パン‐ワパンのダンサー

猟師の亡霊の踊りをする、イル・デ・パンのこの幼い踊り手の誇らしげな様子が気に入りました。

ダンスからの帰り道、イル・デ・パンのカヌメラ湾での色鮮やかな美しい出会い。

ニューカレドニアの子供たちの顔

ダンスからの帰り道、イル・デ・パンのカヌメラ湾での色鮮やかな美しい出会い。

ニューカレドニアの子供たちの顔
アテウ族‐北部地方

私は顔を光の輝きで包む逆光を常に好みます。

ニューカレドニアの子供たちの顔
イル・デ・パン

まるで太陽光線のよう!

ニューカレドニアの子供たちの顔

“ドレスコード”厳守!毎年、ブーライユの農業フェアの際には、ニューカレドニアはまるでアメリカ極西部の様相を呈します。

このイル・デ・パンの幼子は、巨大な車輪の自転車に怯えているようでした。

ニューカレドニアの子供たちの顔

このイル・デ・パンの幼子は、巨大な車輪の自転車に怯えているようでした。

より詳しく知るには:

ニューカレドニアへの行き方 

他のアイデア
を見る 

関連
記事 

3つの大海に浮かぶフランス海外領土

本土から4000㎞も離れた太平洋、大西洋、インド海には、いくつもの海外県があります。本土では得られない、並はずれた美しい自然を満喫しに出かけまし...

ニューカレドニア:アクティビティ、見どころ・・・

ロワイヨテ島の西、イル・デ・パン島の北に位置するニューカレドニアは、ユネスコの世界遺産に指定されている世界最大24 000 km²のラグーンの真ん中に位置しています。真っ白な砂のビーチ、赤い砂の砂漠、湿潤林、ニアウリのサバンナなど、自然がそのまま残っているところがあり、またさまざまな文化が陽気に混ざり合う地でもあります。森林に住む人々、牧夫、カナク人たちの世界との出会いを求めて出かけましょう。 

ニューカレドニアの夢のようなビーチを思い切り楽しむ7つの方法

太平洋の真ん中に位置するニューカレドニアは、世界最大のラグーンにある島です。24,300km²のラグーンはユネスコの世界遺産に登録されています。 多くのビーチが展開するのに適した環境です。

カルチャー

「ルネサンス500周年」:2019年、見逃せないイベントの数々

2019年、ロワール渓谷はルネサンスの色が濃く表れた年になります。展覧会、スペクタクル、見学…この地方にある古城やその他の歴史的建造物が、文化と芸術の復興の時代ルネサンスの中枢へと訪れる人々をいざないます。France.fr が見逃せないイベントをご紹介しましょう。

モニュメント

シャンボール城:知っておくべき9つのポイント

シャンボール城は、フランソワ1世のために建設され、レオナルド・ダ・ヴィンチの構想によるものとされており、ロワール渓谷内の城のうちでも、最大の規模と威容を誇る城です。フランスのルネッサンスの代表建築であるとともに、芸術と文学をこよなく愛した支配者の権力の象徴でもありました。

美術館・博物館

お見逃しなく!パリの展覧会情報 2018-2019

今シーズンはどんな展覧会がパリの美術館や博物館で催されるのでしょう?印象派、ポップ・アイコン、過激なアンダーグラウンド・アート、キュビスム…多彩な分野とジャンルが陽気に混ざり合い、絵、彫刻、写真、音楽をもって表現されます。常識を覆す展覧会の数々、必見です!パリの週末を過ごすにはここがおすすめ、もちろん週末以外でも!