ニューカレドニアの夢のようなビーチを思い切り楽しむ7つの方法

太平洋の真ん中に位置するニューカレドニアは、世界最大のラグーンにある島です。24,300km²のラグーンはユネスコの世界遺産に登録されています。 多くのビーチが展開するのに適した環境です。

小麦粉のように白くなめらかな砂、ターコイズブルーのグラデーション、松林やココヤシの林の濃いグリーン…。グランド・テール島からウベア島を通りイル・デ・パン島まで、楽園のようなビーチは群島で一番起伏が少ない場所に位置しています。

オロ湾の天然のプールで魚を観察する

マスク、フィン、シュノーケルをつけた愛好家は、サンゴの中にできた窪みの広大な水族館に夢中になります。オロ湾は狭い水路によってうねりから保護され、クマノミ、ブダイ、ウニやスズメダイなどの美しい色の海の生き物が、本当に伸び伸びと泳ぎ回っています。ユピ湾から歩いて約45分でアクセスすることができます。この素晴らしい湾と、「パターテ」と呼ばれる浸食によってえぐられた奇妙なサンゴの岩場をアウトリガーカヌーでの思いのままの散策をしながら体験するチャンスです。

ウベア島でサメの赤ちゃんを待ち伏せする

ココヤシ林に縁取られ、どこまでも続く砂浜を想像してください。ウベア島では、ビーチが25km近くまで続き、この環礁の唯一の道路沿い、35キロメートルにわたっています!北部では、ラグーンは「稚魚養殖場」 を受け入れています。それはレモンサメの赤ちゃんのためです!水面にさざ波を立てるヒレの光景は、ほぼ確実に見ることができます。この種のサメは、生まれた場所で必ず繁殖します。

クト湾で家族で海水浴

柱状の松の木々のほっそりとしたシルエットに取り巻かれた澄んだ海のクト湾は、単に世界で最も美しいビーチのひとつというわけではありません。家族での海水浴にも理想的な場所です。サンゴのないタルカムパウダーのように細かい砂のビーチは、小さな子供たちの足には願ってもない柔らかさです。そして心ゆくまで泳いだ後には、大人たちはガストロノミーを満喫することができます:湾に張り出したレストランでは地元産のエスカルゴ「ビュリム(bulimes)」の名物料理があなたを待っています。

マレ島のシャバドラン湾でのハイキング

アクセスは容易ではなく、先の尖ったサンゴがありますが、2時間30分の散策は一見の価値があります。高い起伏に富んだこの島の独特な美しさは、入り江の断続的な険しい断崖とともに明らかになります。到着すると、波があの有名なシャバドランの「テラス」をたたきつけ、波は砂の上に置かれた岩礁とサンゴの台地を滝のように流れます。まさに絶景です!

ロンガ二ビーチでカメと一緒にダイビング

リフー島のロンガニビーチは、小麦粉のように柔らかい砂が裸足で歩きたい気分にさせてくれます。しかし、シューズやフィンを忘れないでください!これらはこの場所の至宝、すなわちドリーネと呼ばれるカルスト地形に見られるすり鉢状の窪地やウォーターホールを探検しに行くのに非常に便利です。真上の太陽がこの奇妙な穴のエメラルド色の水を照らしているときに泳いで探検します。そこにはベンガルボダイジュの根と石灰質の鍾乳石岩が交じり合っています。ただし、アオウミガメがちょうど通過するのを横切り、ビーチに面しているサンゴの島まで泳ぎたいのであれば話は別です。しかしアオウミガメに出逢えるチャンスはわずかです…。

ポエビーチでサーフィンをする

南東の貿易風がよく吹くポエビーチは、ウインドサーフィンやカイトサーフィン愛好家にとって無視できないビーチです。すぐそばのロッシュ・ペルセは、群島で唯一のサーフビーチで、恋人たちの小さな入り江まで、ブーライユのラグーンに沿って蛇行する3つの湾の素晴らしい小道の出発点になっています。途中で、巣づくりの中心的な場所、ウミガメの湾で休憩することになります。

ヌメア周辺の小島に立ち寄る

ヌメアからすぐの場所にある群島は、それぞれ環状の砂浜に取り囲まれています…。素晴らしい海洋資源の真の宝庫と言えます。すなわちアメデ島と56メートルの高さから輝くラグーンを見守る真っ白な灯台、メートル島とその岩礁、保護された海域が太平洋のミズナギドリ(保護鳥)の原産地になっているラレニエール島、カナール島とその水中小道などがあります。

ニューカレドニアへの行き方