今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

ニューカレドニア:アクティビティ、見どころ・・・

ニューカレドニアのヤンゲンの絵に描いたように美しい海岸
ロワイヨテ島の西、イル・デ・パン島の北に位置するニューカレドニアは、ユネスコの世界遺産に指定されている世界最大24 000 km²のラグーンの真ん中に位置しています。真っ白な砂のビーチ、赤い砂の砂漠、湿潤林、ニアウリのサバンナなど、自然がそのまま残っているところがあり、またさまざまな文化が陽気に混ざり合う地でもあります。森林に住む人々、牧夫、カナク人たちの世界との出会いを求めて出かけましょう。 
見どころ
  • リフー島
  • ブルー川州立公園
  • アメデ灯台島
  • ヴォーのハート
  • ウヴェア
  • ウマーニュ洞窟
  • ユピ湾
  • ジバウ文化センター
  • ラグーン水族館
  • プロニー湾
アクティビティ
  • オーロ湾の天然のプールでカラフルな魚に囲まれて泳ぐ。
  • ウルトラライトプレーンでニューカレドニアのシンボル、ヴォーのハートを眺める。
  • 森林生活者たちと馬に乗って牧畜と農業を中心とした生活様式を共有する。
  • アメデ灯台付近の難破船ディエポワーズ号の辺りでダイビング。
  • マウンテンバイクでグラン・シュッドを征服:またとない場所で激しい運動を楽しむ。
  • ハイキングしながら、いろいろな滝で休憩する。
  • ティアンブエン近くでルアー釣りをして腕を磨く。
  • ラグーンでカイトサーフィン、ウィンドサーフィン、パドルをして世界と戯れる。
  • ニメクまで歩いてサメの稚魚養殖場を見学。
  • イアンゲーヌのメラネシア人たちとカナクの伝統料理、ブーニャを食べながら忘れられないひと時を過ごす。
お勧めの味
  • ブーニャ(bougna) 
  • 鹿のロースト
  • 砂糖風味ポーク
  • ヤムイモのベニェ(beignets d'ignames)
  • タロイモのチップス
  • ヤシガニ(crabe de cocotier)のココナッツミルク風味
  • 揚げたマニョック
  • パパイヤグラタン
  • ポエ(po'e)
  • 醤油味のチキン(poulet au soyo)
お勧めの土産
  • 木彫(ティキ)
  • メラネシアのお面
  • ココヤシまたはタコノキで編んだかご
  • ポワンガムの香り塩
  • ニューカレドニアのアラビカコーヒー
  • ミッションドレス(ポピネドレスとも呼ばれている)
  • マザーオブパールまたはサンゴのジュエリー
  • 山の蜂蜜
  • アロエ・ヴェラ
  • バニラ

より詳しく知るには:

ニューカレドニアへの行き方 

他のアイデア
を見る 

関連
記事 

3つの大海に浮かぶフランス海外領土

本土から4000㎞も離れた太平洋、大西洋、インド海には、いくつもの海外県があります。本土では得られない、並はずれた美しい自然を満喫しに出かけまし...

カルチャー

ニューカレドニアの子供たちの顔

写真家ピエール=アラン・パンツとともに、ニューカレドニアに出かけましょう。この諸島をこよなく愛する彼は、最近の滞在中に、希望と幸せに満ちた子供たちの表情を写真に収めました。

ニューカレドニアの夢のようなビーチを思い切り楽しむ7つの方法

太平洋の真ん中に位置するニューカレドニアは、世界最大のラグーンにある島です。24,300km²のラグーンはユネスコの世界遺産に登録されています。 多くのビーチが展開するのに適した環境です。

ブルターニュの灯台を巡る旅

ヨーロッパ大陸の西の果て、ブルターニュ半島の先端には、フィニステール県があり、そこにはイロワーズ海の景色を形づくる潮の満ち引きを見つめ続けてきた灯台が、連なるように点在しています。このような素晴らしい石づくりの見張り台に出会える「ルート・デ・ファール(灯台街道) 」へあなたをお連れします。

料理

プロヴァンスの秋の味覚を料理できる6アドレス

9月に入ると、プロヴァンスはより身近になります。料理を学びつつ地元の食材を味わうのには理想的な時期です。キノコ、イチジク、栗、それから11月に早くも顔を出し始めるトリュフはもちろんのこと、ここでは秋を最大限に味わうための6つのアドレスをご紹介します!

モニュメント

シャンボール城:知っておくべき9つのポイント

シャンボール城は、フランソワ1世のために建設され、レオナルド・ダ・ヴィンチの構想によるものとされており、ロワール渓谷内の城のうちでも、最大の規模と威容を誇る城です。フランスのルネッサンスの代表建築であるとともに、芸術と文学をこよなく愛した支配者の権力の象徴でもありました。

関連
記事 

3つの大海に浮かぶフランス海外領土

本土から4000㎞も離れた太平洋、大西洋、インド海には、いくつもの海外県があります。本土では得られない、並はずれた美しい自然を満喫しに出かけまし...

カルチャー

ニューカレドニアの子供たちの顔

写真家ピエール=アラン・パンツとともに、ニューカレドニアに出かけましょう。この諸島をこよなく愛する彼は、最近の滞在中に、希望と幸せに満ちた子供たちの表情を写真に収めました。

ニューカレドニアの夢のようなビーチを思い切り楽しむ7つの方法

太平洋の真ん中に位置するニューカレドニアは、世界最大のラグーンにある島です。24,300km²のラグーンはユネスコの世界遺産に登録されています。 多くのビーチが展開するのに適した環境です。

ブルターニュの灯台を巡る旅

ヨーロッパ大陸の西の果て、ブルターニュ半島の先端には、フィニステール県があり、そこにはイロワーズ海の景色を形づくる潮の満ち引きを見つめ続けてきた灯台が、連なるように点在しています。このような素晴らしい石づくりの見張り台に出会える「ルート・デ・ファール(灯台街道) 」へあなたをお連れします。

料理

プロヴァンスの秋の味覚を料理できる6アドレス

9月に入ると、プロヴァンスはより身近になります。料理を学びつつ地元の食材を味わうのには理想的な時期です。キノコ、イチジク、栗、それから11月に早くも顔を出し始めるトリュフはもちろんのこと、ここでは秋を最大限に味わうための6つのアドレスをご紹介します!

モニュメント

シャンボール城:知っておくべき9つのポイント

シャンボール城は、フランソワ1世のために建設され、レオナルド・ダ・ヴィンチの構想によるものとされており、ロワール渓谷内の城のうちでも、最大の規模と威容を誇る城です。フランスのルネッサンスの代表建築であるとともに、芸術と文学をこよなく愛した支配者の権力の象徴でもありました。