ニューカレドニアの伝統と文化が感じられるおすすめスポット

南太平洋に浮かぶフランス、ニューカレドニア。首都ヌメアではフランス領ならではのフレンチシックな趣を満喫できる一方で、古来の風習を今なお色濃く受け継つぐ島の先住民カナックたちの文化に触れることができます。

ヌメア中心部にほど近い場所にあるチバウ文化センター (Le Centre Culturel Tjibaou) は、ニューカレドニアの独立指導者、ジャン=マリー・チバウ氏の名前を冠し1998年にオープンしました。カナックの芸術文化の紹介や交流を目的とした複合施設で、敷地内にはミュージアムや劇場、図書館、植物園などがあります。関西国際空港などを手掛けたイタリアの建築家、レンゾ・ピアノが設計し、カナックの伝統家屋「カーズ」と現代建築デザインが融合した、モダンな建築様式になっています。枠組みがむき出しのまだ未完成にも見える外観は、カナックの文化が今後も発展していくことを願い、敢えてこのようなデザインに造られているとのこと。敷地内にはカナックの様々なアートや資料が展示され、カナックの暮らしやしきたりを学ぶことができます。ムワカーと呼ばれる屋外の伝統儀式を行うエリアでは、タイミングが合えばカナックの伝統舞踊や音楽を楽しめることも。

先日ニューカレドニアの独立を問う住民投票があり引き続きフランス領に留まることが選択されたニューカレドニア。カナックの伝統文化や融和の象徴として観光客のみならずヌメアの人々にも愛されているチバウ文化センターで、ニューカレドニア独自の文化体験に触れてみてください。

続いてご紹介したいのが、海に囲まれたニューカレドニアならではのニューカレドニア海洋博物館(Le Musée Maritime de Nouvelle-Calédonie)。この海洋博物館では、海を通してニューカレドニアがどのように世界と繋がっていたか、ニューカレドニアの近代史と共に学べるようになっています。フランス人冒険家、ラ・ペルーズの航路や系譜等の展示の他に、ニッケル鉱山の労働者として、移民として渡ってきた日本人の当時の様子も写真で展示されています。また、『天国にいちばん近い島』の著者、森村桂さんが初代アメデ灯台を訪れた際に記帳したサインブックも展示されており、展示を通してニューカレドニアと日本の繋がりも感じられることでしょう。こちらの博物館はトリップアドバイザーの2020年トラベラーズチョイス・アワードにも選ばれており、満足度の高い展示となっています。是非、海のロマンに思いを馳せながら、ニューカレドニアの海洋の歴史に触れてみてください。

他のアイデア
を見る