今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

マルティニーク:アクティビティ、見どころ・・・

白い砂浜に椰子の木。グランド・アンス・デュ・ディアマンの熱帯らしい風景
マルティニーク島はカリブ海に浮かぶ宝石のような島。北側は黒い砂、南側は黄金色の砂のビーチ、つい登ってみたくなるプレ山、ダイビングすれば安らぎのひと時・・・。色とりどりのボート、えも言わぬ香りが漂う市場の陳列台、アンティーユ音楽のリズムが響き、クレオールの魔法にかかったようです。
見どころ
  • サン・ピエール
  • フランス要塞
  • サン・タンヌ村
  • ラ・カラヴェルの自然保護地区
  • ル・カルベ
  • グラン・リヴィエール
  • ラ・サバンナ・デ・ゼスクラーヴ
  • ファレーズ峡谷
  • アンス・カファールのメモリアル、Cap 110
  • サリーヌのビーチ
アクティビティ
  • モルヌ・ゴミエからの素晴らしい景色を堪能する。
  • 7月末から8月始めにかけてトゥール・デ・ヨル ヨットレースの出航を見る。
  • 活火山モン・ペレを堂々と登る。
  • ロシェ・デュ・ディアマンでダイビング
  • カタマラン船でトレゾール湾を掌握。
  • スノーケルとマスクを持ってボルネーズ岬へ。
  • バラタ植物園でたくさんの熱帯植物や花を調査する。
  • アビタチオン・ベルフォールでバナナ栽培のエキスパートになる。  
  • コウモリの洞窟で冒険。
  • 熱帯林の中でトラス街道を進む。
お勧めの味
  • トランパージュ(trempage)
  • エクルヴィスのビスク
  • フェロス(féroce)
  • ランビ貝のフリカセ
  • バンレイシ(シュガーアップル)
  • ウィンターカラント
  • ジャンボン・ド・ノエル(jambon de Noël)
  • ティ・ナン・ラン・モリ(Ti nain lan mori)
  • マダカム(macadam)
  • カニのマトゥトゥ(matoutou)
お勧めの土産
  • サント・リュスの香水
  • マドラス生地
  • ジャム
  • ラム酒&リキュール
  • さとうきびの砂糖
  • バニラ
  • バクア帽
  • 香辛料

より詳しく知るには:

マルティニークへの行き方 

他のアイデア
を見る 

関連
記事 

3つの大海に浮かぶフランス海外領土

本土から4000㎞も離れた太平洋、大西洋、インド海には、いくつもの海外県があります。本土では得られない、並はずれた美しい自然を満喫しに出かけまし...

カルチャー

ココザブリコと一緒に、マルティニークへの旅

ベル ボンジュー(クレオール語で「こんにちは」の意味)!アンティル諸島出身で、時間があいたときには冒険を楽しむ女性、ココザブリコ。そんな彼女の日常を通して、彼女の島マルティニークをご案内します。グルメ、アート、散歩…。あなたも島の住民になった気分で滞在をお楽しみください!

2人で

マルティニークで夕日を鑑賞するために、私たちが気に入っている6つの場所

空は、モーブ、パープル、金色のニュアンスを帯びながら真っ赤に染まっています。小山やプレ山は赤銅色の光でくっきりと浮かび上がっているように見えます。夕暮れの匂いや音、冷気…。マルティニーク島で貴重な夕日の瞬間を味わうために、私たちのお気に入りの場所をご紹介します。

ショッピング

ギャラリー・ラファイエットのクリスマスの舞台裏

小さい星の装飾や駐車場できらめくラメ以外には特に変わったところのない、ここ、サン・モール・デ・フォセ(Saint-Maur-des-Fossés)の住宅街。実は毎年クリスマスの2か月前になると、とあるアトリエで、ギャラリー・ラファイエットのクリスマスデコレーションの準備が行われているのです。少しだけ中の様子をのぞいてみましょう。

建築

ルネサンスを代表する建築的偉業 シャンボール城

今から約500年前、ルネサンスの至宝シャンボール城の建設が始まりました。フランソワ1世が自らの権力を誇示するために建てさせたシャンボール城は、中世からルネサンスへの時代の変化が表れた真の建築的偉業と言えるでしょう。今日なお現存する最も謎めいたロワールの古城の一つ、シャンボール城についてさらに詳しく見ていきましょう。

都市

パリジャン気分に浸れる場所-オテル・ド・クリヨン

改装を経て、先日仏ホテル最高の 格付け「パラス」を付与された、フランス新古典主義のアイコン、オテル・ド・クリヨン。18世紀のパリのエスプリと、現代のそれを融合し生み出された、時代を超越するエレガンスをあなたに。

関連
記事 

3つの大海に浮かぶフランス海外領土

本土から4000㎞も離れた太平洋、大西洋、インド海には、いくつもの海外県があります。本土では得られない、並はずれた美しい自然を満喫しに出かけまし...

カルチャー

ココザブリコと一緒に、マルティニークへの旅

ベル ボンジュー(クレオール語で「こんにちは」の意味)!アンティル諸島出身で、時間があいたときには冒険を楽しむ女性、ココザブリコ。そんな彼女の日常を通して、彼女の島マルティニークをご案内します。グルメ、アート、散歩…。あなたも島の住民になった気分で滞在をお楽しみください!

2人で

マルティニークで夕日を鑑賞するために、私たちが気に入っている6つの場所

空は、モーブ、パープル、金色のニュアンスを帯びながら真っ赤に染まっています。小山やプレ山は赤銅色の光でくっきりと浮かび上がっているように見えます。夕暮れの匂いや音、冷気…。マルティニーク島で貴重な夕日の瞬間を味わうために、私たちのお気に入りの場所をご紹介します。

ショッピング

ギャラリー・ラファイエットのクリスマスの舞台裏

小さい星の装飾や駐車場できらめくラメ以外には特に変わったところのない、ここ、サン・モール・デ・フォセ(Saint-Maur-des-Fossés)の住宅街。実は毎年クリスマスの2か月前になると、とあるアトリエで、ギャラリー・ラファイエットのクリスマスデコレーションの準備が行われているのです。少しだけ中の様子をのぞいてみましょう。

建築

ルネサンスを代表する建築的偉業 シャンボール城

今から約500年前、ルネサンスの至宝シャンボール城の建設が始まりました。フランソワ1世が自らの権力を誇示するために建てさせたシャンボール城は、中世からルネサンスへの時代の変化が表れた真の建築的偉業と言えるでしょう。今日なお現存する最も謎めいたロワールの古城の一つ、シャンボール城についてさらに詳しく見ていきましょう。

都市

パリジャン気分に浸れる場所-オテル・ド・クリヨン

改装を経て、先日仏ホテル最高の 格付け「パラス」を付与された、フランス新古典主義のアイコン、オテル・ド・クリヨン。18世紀のパリのエスプリと、現代のそれを融合し生み出された、時代を超越するエレガンスをあなたに。