リヨン:2000年の歴史を持つユネスコ世界遺産の街

フランス第二の都市リヨンは、アルプス山脈の近く、パリとコートダジュールを結ぶ場所に位置しています。ローマ時代から2000年以上の歴史を持つ、ヨーロッパでもっとも美しく魅力的な観光都市のひとつです。

町のシンボルであるノートルダム・ド・フルヴィエール・バジリカ大聖堂は、丘の上から町を見下ろしています。ケーブルカーに乗って、リヨンの家並みを上から眺めましょう。大聖堂の内部は、豊かなモザイクと金の装飾で覆われています。丘の下の旧市街(ヴィユー・リヨン)には、ヨーロッパでも唯一のルネサンス時代の街並みが残されています。リヨン独特の「トラブール」と呼ばれる建物の内部を通じて2つの道をつなぐ路地歩いてみましょう。

町のシンボルであるノートルダム・ド・フルヴィエール・バジリカ大聖堂は、丘の上から町を見下ろしています。ケーブルカーに乗って、リヨンの家並みを上から眺めましょう。大聖堂の内部は、豊かなモザイクと金の装飾で覆われています。丘の下の旧市街(ヴィユー・リヨン)には、ヨーロッパでも唯一のルネサンス時代の街並みが残されています。リヨン独特の「トラブール」と呼ばれる建物の内部を通じて2つの道をつなぐ路地歩いてみましょう。

リヨンの2つの川、ローヌ川とソーヌ川にはさまれたプレスキル地区( Presqu’île)は街の中心です。ヨーロッパ最大の歩行者専用広場のベルクール広場を横切り、ルイ14世の騎馬像を眺めましょう。中心街の通りには、高級デパートやブティック、クリエーターのショップが並び、ショッピングが楽しめます。市役所と美術館のあるテロ―広場の中央には、バルトルディの噴水があります。
 夜になれば、噴水や建物などがライトアップされ、広場は光り輝くロマンチックな雰囲気でいっぱいになります。

徒歩でも、自転車でも、船でも、リヨンは、大都会の喧騒から離れて、水辺の散策が楽しめる町です。ローヌ川とソーヌ川が合流するコンフリュアンス地区には近代的な街並みが広がります。コンフリュアンス美術館のコレクションを鑑賞して人類の歴史を遡りましょう。建物の斬新な色と形も一見の価値ありです。

徒歩でも、自転車でも、船でも、リヨンは、大都会の喧騒から離れて、水辺の散策が楽しめる町です。ローヌ川とソーヌ川が合流するコンフリュアンス地区には近代的な街並みが広がります。コンフリュアンス美術館のコレクションを鑑賞して人類の歴史を遡りましょう。建物の斬新な色と形も一見の価値ありです。

更に詳しく