ボジョレーの黄金の石の村からコート・デュ・ローヌの斜面に広がるブドウ畑まで、リヨン郊外には野外での見学にぴったりの場所がたくさんあります。歴史やワインや風景が好きな方なら、市内を離れて、リヨン周辺の美しい風景とグルメを楽しむ一日を過ごしてみてはいかがですか?

ボジョレー、プティット・トスカーナ

リヨンの北にあるワインの産地として知られる地方を見学しましょう。でも、この地方の見どころはワインだけではありません。
黄金の石の地方にある絵のような村、ワンの狭い路地には、手工芸のアトリエが軒を並べています。さらに北に向かい、ブルイィ山に登れば、周辺の丘の素晴らしいパノラマを眺めることができます。
伝統的なビストロ・ボジョレーで一休みした後、たくさんあるワイン蔵の一つを訪れて試飲をしながら、ブドウ畑の中に村が点在する風景を眺めましょう。フルーリのマドンナ礼拝堂からは、美味しいワインを飲みながら穏やかに人々が暮らす地方の風景が見渡せます。

ペルージュ、中世の村

リヨンの東には、一歩中に入れば古い歴史が感じられる中世の村ペルージュがあります。15世紀にさかのぼる歴史を持つ村で、路地や商店や家々に中世そのままの雰囲気が残っています。要塞のような教会と昔の城門が、この村の波乱に満ちた歴史と繁栄を物語ります。数多くのフランスの剣劇映画のロケ地となった木組の家は必見です。おやつには、名物のペルージュ風ガレットを召し上がれ。

コート・デュ・ローヌ、ブドウ畑のローマ人

ローヌ川のほとりに位置するヴィエンヌには、多くのローマ時代の遺跡が残されています。二か所の古代劇場で音響効果を試し、フランスで最も保存状態の良い神殿の一つであるオーギュスト・エ・ド・リヴィ神殿で広さを実感しましょう。ローヌ川の対岸には、サン・ロマン・アン・ガル考古学博物館(ガロ ローマ博物館)があり、ローマ時代の住宅街や職人地区の生活を知ることができます。ローヌ川の右岸には、日当たりの良いコート・デュ・ローヌの斜面にブドウ畑が広がっています。白ワインのコンドリューと赤ワインのコート・ロティの2つのアペラシオンがワインの愛好家の喉を喜ばせます。

 さらに遠くまで足を延ばしたいなら、リヨンからわずか2時間で行けるオーヴェルニュ・ローヌ・アルプ地方には、この地方ならではの素晴らしい風景が待っています。ヨーロッパの屋根であるモン・ブラン、ドローム県のラヴェンダー畑、オーヴェルニュの火山地帯、そしてアルプスの有名なスキー場(クールシュヴェル、ムジェーヴ、シャモニーなど)、気分に合わせてお好きな場所に滞在しましょう。

更に詳しく