リヨンのパティシエ&ショコラティエ、セバスティアン・ブイエ

bouillet ouverture

リヨンで活躍するセバスティアン・ブイエ(Sébastien Bouillet)氏。リヨン市のラ・クロワ・ルース地区(la Croix Rousse)にある彼の工房を取材しました。思わずお腹が鳴ってしまいそうです。

セバスティアンは、リヨンのクロワ・ルース地区に店を構えるパティシエ兼ショコラティエです。フランスの国家最優秀職人章を受けた名人たちのもとで修業を積み、2000年に家族の営む店を引き継ぎました。

プラリネ・ルージュのタルトとババ・オ・ロム

その頃から、独創的かつ現代的な彼自身のスタイルを確立していきます。プラリネ・ルージュ(la praline rouge)のタルトやババ・オ・ロム(le baba au rhum)といったリヨンの伝統菓子にアレンジを加え、彼のオリジナルへと昇華させることに情熱を注いでいます。
「感動」と「美食」に基づく彼独自の世界観があってこそ、セバスティアンは世界有数の職人の仲間入りを果たせたのです。
セバスティアン・ブイエ。この名をお忘れなく。

さらに詳しく
・セバスティアン・ブイエ氏について
リヨン (外部リンク)を訪れる

他のアイデア
を見る