空の便でフランスへ フランスの空港

フランスは、世界最高水準を誇るインフラを持つ国であり、あなたを旅の目的地までスピーディーにお連れします。

フランスの国際空港からは、国内のあまたの地域や都市に直接アクセスできるインフラが整っています。あなたが長く旅を続けたいと思えば、フランスは各地に整備された地方空港と、非常に広範な鉄道網と道路網をもってその要望に応えます。
フランスへ国際線で渡航する場合、目的地に応じて地域の空港を選べます。フランスには150以上の空港があり、とりわけ最も旅客数の多い空港は次の3つです。

  • パリ・オルリー空港(Paris-Orly) : 空港の南ターミナルの国際出口にある総合案内所では、パリとその周辺地域についての観光情報やおすすめ情報の紹介、公演チケット・乗車券・観光土産などの販売、またホテル予約等のサービスを提供しています。また、ビジネス旅客に対して、地域別の見本市や展示会開催に関する情報や、空港内のビジネス関連サービスの案内もしています。総合案内所は週7日、午前7時15分から午後20時30分まで営業しています。(1月1日、5月1日、12月25日を除く)。

  • パリ・シャルル・ド・ゴール国際空港(Paris-Charles de Gaulle) : 空港内の総合案内所で、オルリー空港と同様の情報とサービスの提供が受けられます。総合案内所は複数あり、それぞれターミナル2Cゲート5(営業時間AM7:00〜PM14:30)、ターミナル2Dゲート7(営業時間AM7:30〜PM20:30)、ターミナル2E(到着フロア連絡通路)(営業時間AM7:15〜PM20:45)、ターミナル2F(到着ゲート11)(営業時間AM7 :15~PM20:45)とターミナル1(到着ゲート4)(営業時間AM7:00〜PM20:45)にあります。1月1日、5月1日、12月25日は営業していません

  • ニース・コート・ダジュール国際空港 (L’aéroport de Nice Côte d'Azur)は、フランスで3番目に大きい空港であり、南仏の玄関口ともいえる空港です。

次に挙げる他の国際空港からも目的地に直接アクセス可能です。
マルセイユ・プロヴァンス空港(Marseille Provence)、リヨン・サン・テグジュペリ国際空港(Lyon-Saint-Exupéry)、トゥールーズ・ブラニャック国際空港(Toulouse-Blagnac)、ユーロエアポート・バーゼル・ミュールーズ空港(Bâle Mulhouse Fribourg)(アルザス地域圏)、ボルドー・メリニャック空港(Bordeaux Mérignac)、ナント・アトランティック空港(Nantes Atlantique)、アジャクシオ・ナポレオン・ボナパルト空港(Ajaccio-Napoléon Bonaparte)
海外県には次の空港があります。
ポワンタピートル国際空港(Pointe-à-Pitre Pôle Caraïbes)(グアドループ県)、ローラン・ギャロス空港(La Réunion Roland-Garros)(レユニオン県)、マルティニーク・エメ・セゼール国際空港(Fort-de-France Aimé-Césaire)(マルティニーク県)

他のアイデア
を見る