フランスの衛生対策 - 観光宿泊施設

「ゆっくり過ごすために、でも安全に万全を期してヴァカンスに出発!」こちらがこの夏、フランスの旅行業、特にホテル・外食産業の関係者がみなさまの安全のため、マニュアルと認証ラベルを導入した際にたてた目標です。
ホテル、キャンプ場、ゲストハウスやその他の観光宿泊施設における、みなさまの健康管理対策の概要をご紹介します。

フランスにおける衛生状況の改善により、この夏、全領域内でヴァカンスの計画を立てることが可能です。
旅行者用の全商業宿泊施設において、厳しい衛生マニュアルが策定されています。
政府は、全ての人々の安全を確保するための衛生対策や推奨事項を実施している施設が入口に標示することのできる、‘私たちの施設は約束します’と書かれたポスターを発表しました。

ポスターはこのリンク (外部リンク) からダウンロードできます。

ホテルにおいて
去る6月2日からホテルにおいては、政府が認可した衛生マニュアルを遵守しなければならないとされています。

またアコーホテルはビューロー・ヴェリタスと共同で、独自の認証ラベルを立ち上げました。それに続き、他のホテルチェーンも衛生対策を証明する独自の認証ラベルを開発しました。各ホテルは、殺ウイルス剤を使用したり清掃回数を増やしたりして、清掃と消毒(レセプション、客室、リラクゼーションスペースなど)に関する警戒を特に強化しています。

コンドミニアム・タイプの施設において
ベランブラ、クラブ・メッド、ピエール&ヴァカンス、センター・パークス、オダリスといった全てのコンドミニアム・タイプのホテルチェーンも同様に、安全に宿泊者を受け入れるための様々な衛生対策を実施しています。
共有スペースにおいては、標示により物理的な距離(念のため1.5メートルから2メートルの距離をとる)を遵守させ、プール、サウナ、ハマムやその他のレクリエーション施設を含めて、清掃と消毒が実施されます。また宿泊施設の中には、宿泊客が入れ替わるたびに、換気装置と宿泊棟の清掃を強化するところもあります。

ソーシャル・ディスタンスを遵守できる屋外活動だけは継続され、ペーパーレスのチェックインとチェックアウトが推奨されます。最後に、各施設のスタッフはこうした措置について研修を受け、マスクを装着し、宿泊客との接触を防ぐためのシールドやプレキシガラスを設置します。

  • コンドミニアム・タイプの宿泊施設、クラブ、休暇村における衛生上の実用ガイドはこちら (外部リンク)

キャンプ場において
フランス・アウトドア宿泊業連盟(FNHPA)は、ハイシーズンを前に、キャンプ場の特性を考慮した完全な衛生管理規則を急いで準備しました。共通のスペースでは、衛生状態と遊具(プールと運動用具・設備)に格段の注意を払いながら、人の流れを制限して、プレキシガラスの設置と消毒を実施します。
同じ場所に物理的に距離をとらずに人々が集まるのを避けるため、団体での活動は中止(もしくは少なくとも6月22日までは最大10人までに制限)となります。

レストランと食材店に関しては、宅配とテイクアウトでの販売が推奨されます。Camping.comのサイトではまた、独自の規定を作成して紹介しています。

  • アウトドア宿泊業、キャンプ場、レジャーパーク宿泊施設に関する衛生マニュアルはこちら (外部リンク)

ジット・ド・フランスにおいて
‘ジット・ド・フランスgîtes de France’の認証ラベルを持つ貸部屋やゲストハウスは、宿泊先を提供する主人と旅行者の双方のための詳しい衛生規則が定められています。オーナーは特に、宿泊客の入れ替わりの間に、施設を消毒しなければなりません。また、防護的行動の適用と施設の消毒に必要な物資を、宿泊客の滞在中に使用できるようにしておきます。さらにオーナーは、衛生上の関連事項について、旅行者の要望・質問に応えます。Covid-19関連の特別な指示も、施設に標示されています。

レンタル施設において
フランス・バケーションレンタル振興連合(UNPLV)も同様に、この夏の旅行者の健康を維持するために、独自の規定を作成しました。
‘上から下に向かって洗う’、‘靴は家の外で脱ぐ’、さらに‘シーツと家庭用リネンを60℃で洗う’といった実用的なアドバイスを、オーナーに行っています。旅行者の到着前に、レンタル施設を隅々まで清掃し、消毒するための実用ガイドが、オーナーの参照用に準備されています。ヴァカンスを穏やかに始めるために何をするべきかが、わかります。

  • 家具付きの宿泊施設とヴァカンスのレンタル施設に関する衛生上の実用ガイドはこちら (外部リンク)

外出自粛制限解除の第一段階(5月11日~6月1日)が終了した後、6月2日からフランス政府は、大多数の文化施設や娯楽活動の再開を許可しました。このことから、夏休みを数日後にひかえた6月22日以降の最終段階における措置を、ある程度想像していただけるかと思います。フランスで楽しいヴァカンスをお過ごしください。

なお念のためですが、Covid-19感染症に伴うフランスの外出自粛制限解除は、3段階で実施されます。

  • 第1段階:2020年5月11日~6月1日
  • 第2段階:2020年6月2日~21日
  • 第3段階:2020年6月22日~7月中旬

フランスの領域内において、マイヨットとギアナだけは、新たな命令まで追加制限がとられます。

他のアイデア
を見る