フランスにおける新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の対応について

推奨事項、衛生対策、移動につきましては、フランス政府の勧告をご参照ください。

フランスの領域内でとられている措置に関し、リアルタイムで更新された勧告につきましては、政府の新型コロナウィルス情報 (外部リンク) (フランス語)をご参照ください。

外出制限の解除

4月29日、エマニュエル・マクロン大統領は外出制限の解除を発表しました。これはフランス本土の各県における衛生状況次第との条件付きですが、5月3日から6月30日まで4段階に分けて、徐々に実施されます。


5月3日から、外出時に特例外出証明書が不要となり、移動の制限もなくなります。欧州域内の渡航者は、PCR検査の陰性結果を提示の上、フランスに入国できます。

Slide 3 mai


5月19日から、夜間外出禁止令は21時に繰り下げられます。バーとレストランのテラス席は、最大席数の50%を上限に再開できます。テーブル席は、1テーブルあたり最大6名までとなります。劇場、映画館、美術館・博物館、建築物、そして着席型のホールは、各施設に適応した衛生基準に従い、かつ収容人数の上限を遵守(利用者一人当たり8㎡、最大観客数800名)することで再開できます。

19 mai


6月9日から、夜間外出禁止令は23時に繰り下げられ、カフェやレストラン(受け入れ最大人数の50%、1テーブルあたり最大6名まで)といった一般客受け入れ施設が、さらに再開可能となります。
また商業施設、美術館・博物館、建築物、ホール、劇場と映画館の収容人数の上限も緩和されます。さらに同日からイベント、見本市とフェアも、最大収容人数5000名まで、健康パス (外部リンク) の提示を条件に再開できます。

9 juin


最後に6月30日には、夜間外出禁止令が解除となり、一般客受け入れ施設の人数制限もなくなります。

30 juin

衛生基準と施設の受け入れ条件の詳細につきましては、
・フランスでのヴァカンス:衛生上の措置について知っておくべきことVacances en France : ce qu’il faut savoir sur les mesures sanitairesをご覧ください。

フランスの領域内で実施されている措置(2021年6月9日まで)

移動について

夜21時から朝6時まで、夜間外出禁止令が発令されています。そのためこの時間帯の外出は、真にやむを得ない理由(仕事、訓練、健康、行政当局の要請を受けた公益上の任務、日にちをずらすことが不可能な引越)と、特例外出証明書 (外部リンク) がなければ禁止となり、違反の場合は135ユーロ、違反を繰り返した場合は最大3750ユーロの罰金が課されます。オープンを許可された施設(下記を参照)も、21時以降の一般客の受け入れはできません。

オープン・クローズ情報

オープン中、またはオープン可能な施設は以下となります。

  • 公共サービス機関と銀行の窓口
  • 商業施設
  • 薬局
  • 市場
  • 公園、庭園、森林、ビーチ
  • 公共交通機関
  • レストランのテイクアウトと宅配サービス
  • ホテル
  • 集合宿泊施設、観光客向けアパートメントタイプのホテル、観光客向け長期滞在型ヴィレッジ、休暇村と家族向け休暇用住宅、またキャンプ場及びキャンピングカー停車場
  • 宗教施設
  • レストランとカフェのテラス席
  • 美術館・博物館、劇場、映画館、建築物と着席型のホール
  • 温泉施設
  • カジノ

クローズ中、または引き続きクローズとなる施設は以下となります。

  • スポーツとジムの屋内施設
  • カフェとレストランの屋内スペース

オープン・クローズ中の店舗と施設の一覧は、公共サービスのサイト (外部リンク) をご覧ください。

その他の措置と制限について

10人以上が同時に集まる集会、会合、公道での活動は禁止されています。

公道での飲酒は禁止されています。

フランス全領域内における閉鎖された公共の場所では、11歳以上の全ての人々(学校では6歳から)のマスク装着が義務です。

マスク装着の義務は、地域の感染状況に応じて、各県知事が必要と判断した場所に拡大することができます。その詳細は各県の情報 (外部リンク) をご参照ください。フランスにおけるCovid-19感染状況の地図と更新データ (外部リンク) は、政府のサイトをご参照ください。

該当する場所でマスクを装着しない場合、135ユーロの罰金が課され、違反を繰り返した場合には最大3750ユーロの罰金となります。

公共交通機関の利用時はマスク装着が義務です。乗客は、乗客同士(一緒に行動する団体客は除く)の間でできるだけ距離をとるようにしなければなりません。詳細はフランス国鉄 (外部リンク)パリ地下鉄公団のサイト (外部リンク) をご覧ください。

タクシーと運転手付き観光車(VTC)乗車時は、マスク装着が義務です。

Covid-19に関する‘よくある質問’の政府のサイト (外部リンク)

コルシカ島を目的地とする渡航について

コルシカ島を目的地とする渡航には、独自の対策がとられています。

出発前72時間以内のRT-PCR検査または抗原検査が、11歳以上の全渡航者に対し義務付けられています。当該する渡航者は搭乗・乗車・乗船に際し、運航会社に検査義務を果たしたことを保証する宣誓書を提示しなければなりません。この書類において渡航者はさらに、
・Covid-19の症状がない
・Covid-19の陽性ではない
・渡航前14日間に陽性者と接触したとは認識していない
ことについても保証しなければなりません。

この宣誓書は、コルシカ地方保健局(Agence Régionale de Santé de Corse)のサイト (外部リンク) からダウンロードし、搭乗・乗車・乗船の際に、運航会社に提示する必要があります。

今後導入予定の健康パス (外部リンク) に先行し、コルシカ島発着のフライトでアプリケーション‘TousAntiCovid’ (外部リンク) の実験が行われています。

海外領土・県について

海外領土・県では、独自の対応 (外部リンク) がなされています。

フランス本土における衛生対策の緩和と並行して、また各海外領土・県における疫学状況の分析とワクチン接種の進行状況に基づき、政府は関係機関と協議した結果、渡航を正当化する真にやむを得ない理由の制約の緩和と、海外領土・県とフランス本土の間の移動を希望する渡航者に課せられる検疫措置の緩和を決定しました。

海外領土・県からフランス本土へ渡航する場合:

  • サン=ピエール=エ=ミクロン:5月19日より、真にやむを得ない理由の制約を解除。
  • サン=バルテルミー島:6月1日より、真にやむを得ない理由の制約を解除。
  • サン=マルタン島、グアドループ諸島、マルティニック:6月9日より、真にやむを得ない理由の制約を解除。
  • レユニオン島、マイヨット、フランス領ポリネシア:6月9日より、ワクチン接種を終了した人に対する真にやむを得ない理由の制約を解除。
  • ギアナ、ニューカレドニア、ワリス=エ=フトゥナ:真にやむを得ない理由の制約は継続。

フランス本土から海外領土・県へ渡航する場合:

  • サン=ピエール=エ=ミクロンとサン=バルテルミー島:5月19日より、真にやむを得ない理由の制約を解除。
  • サン=マルタン島、グアドループ諸島、マルティニック:6月9日より、真にやむを得ない理由の制約を解除。 
  • レユニオン島、マイヨット、フランス領ポリネシア:6月9日より、ワクチン接種を終了した人に対する真にやむを得ない理由の制約を解除。
  • ギアナ、ニューカレドニア、ワリス=エ=フトゥナ:真にやむを得ない理由の制約は継続。

海外領土・県を目的地とする空路に関しては、搭乗前72時間以内のPCR検査は引き続き義務です。

フランス本土における夜間外出禁止令について:夜間外出禁止令に伴う移動の制限に鑑み、海外領土・県を目的地とする飛行機に搭乗するため空港に向かう渡航者は、航空券及び移動の正当性を示す書類を、求めに応じて提示できなければなりません。

海外領土・県におけるフライトについて:現地の疫学状況に鑑み、知事は領域内発着のフライト利用者に、真にやむを得ない理由の制約を課すことができます。その際、証明書類は航空会社もしくは国境警察によりチェックされます。

国際線のフライトについて:中央政府の代表または管轄当局により、現地で決定される制限があります。

また海外領土・県省は、海外領土・県への渡航を希望する人に対し、Covid-19感染症対策のための現地における制限について、海外県庁または海外自治政府のサイトで事前に確認するよう勧めています。

フランス領ポリネシアを目的地とする渡航について:

フランス領ポリネシア大統領は4月15日(木)、5月1日からの段階的な観光再開を発表しました。新しい衛生基準の詳しい情報につきましては、こちらタヒチ観光局のサイト (外部リンク) をご覧ください。

ギアナからの入国者について:

  • 搭乗前の検査システムが強化され、36時間以内(72時間以内より変更)のPCR検査での陰性結果、もしくは24時間以内の抗原検査の陰性結果を添えた上で72時間以内のPCR検査の陰性結果が必要となる。
  • 抗原検査は、フランス本土着陸時と空港を離れる前に、必ず実施されるようになった。
  • ギアナからの入国者は、県条令により決定された10日間の検疫措置の対象となり、隔離場所からの外出時間の制限を課される。

さらにギアナからアンティル諸島に向かう経路では、到着時に必ず抗原検査が行われます。

国をまたぐ移動について

6月9日から、フランスと諸外国間における渡航者の往来が再開されます。ただしその態様は、各国の衛生状況と渡航者のワクチン接種状況に応じて異なります。衛生上の指標に基づき、各国を分類したリストが作成されています。この分類リスト(政府のサイト (外部リンク) でご覧いただけます)は、各国の感染状況の推移に応じて変更される可能性があります。

  • 「緑色」の国:ウイルスの活発な広がりがなく、懸念される変異株が見られていない。欧州域内、オーストラリア、韓国、イスラエル、日本、レバノン、ニュージーランド、シンガポール。以上の国々からのワクチン接種を受けた渡航者は、PCR検査を持たずにフランス領域内に入域できる。ワクチン接種を受けていない渡航者は、72時間以内のPCR検査または抗原検査で陰性の結果を提示する必要がある。
  • 「オレンジ色」の国:ウイルスの活発な広がりがある程度制御されており、懸念される変異株の拡散がない。「緑色」と「赤色」以外の全ての国。「オレンジ色」の国からのワクチン接種を受けた渡航者は、72時間以内に実施されたPCR検査で陰性の結果または48時間以内に実施されたPCR抗原検査で陰性の結果を提示しなければならない。ワクチン接種を受けていない渡航者は、真にやむを得ない理由を証明しなければならない。
  • 「赤色」の国:ウイルスの活発な広がりと、懸念される変異株が存在する。南アフリカ、アルゼンチン、バーレーン、バングラデシュ、ボリビア、ブラジル、チリ、コロンビア、コスタリカ、インド、ネパール、パキスタン、スリランカ、スリナム、トルコ、ウルグアイ。以上の国からの渡航者は、ワクチン接種の有無にかかわらず、フランス領域内への入域について、真にやむを得ない理由を証明しなければならない。

国の分類とアクセス方法の詳細につきましては、政府のサイト (外部リンク) をご覧ください。

南アフリカ、アルゼンチン、バングラデシュ、バーレーン、ブラジル、コロンビア、コスタリカ、チリ、アラブ首長国連邦、インド、ネパール、パキスタン、カタール、スリランカ、トルコ、ウルグアイからの入国者について(6月9日まで):

以上の国々からの入国者については、以下の措置が適用されます。

  • フランスへの入国理由となる事項と入国を許可される渡航者のカテゴリーは、基本的に、①フランス国籍者、その配偶者とその子女 ②EU加盟国、あるいはそれ以外の国民でフランスに主たる居住地を有する者に限定されている。
  • 搭乗前の検査システムが強化され、36時間以内(72時間以内より変更)のPCR検査で陰性結果、もしくは24時間以内の抗原検査の陰性結果を添えた上で72時間以内のPCR検査の陰性結果が必要となる。
  • 抗原検査は、フランス到着時と空港を離れる前に、必ず実施されるようになった。
  • 当該国からの入国者は、県条令により決定された10日間の検疫措置の対象となり、隔離場所からの外出時間の制限を課される。
  • 搭乗前と到着時の両方で、適切な検疫場所の確保から衛生上の要求事項に至るまで、チェックするシステムが導入されている。自宅での検疫措置遵守の確認が、警察または国家憲兵隊によって実施され、自主隔離違反の場合の罰金は強化されている。

検査の実施と10日間の検疫に関する措置は、ギアナからの入国者にも適用されます。さらにギアナからアンティル諸島に向かう経路では、到着時に必ず抗原検査が実施されます。

イギリスからの入国者について(6月9日まで):

‘インド型’変異株とよばれる新型ウイルスの拡大を受け、5月31日24時より、イギリスからフランスに入国する渡航者についての衛生対策が強化されます。

  • イギリスからフランスに入国する際、フランス居住者でないEU非加盟国の国籍者は、真にやむを得ない理由が必要となる。
  • イギリスからフランスへの全ての入国者は、48時間以内に実施されたPCR検査または抗原検査が必要となる。
  • フランスに到着後、入国者は7日間の隔離期間を遵守しなければならない。現時点では、イギリスにおける新型コロナウイルス感染症の罹患率が低いことから、自宅における一律のチェックは適用されていない。

欧州域外の国からの入国者と、欧州域外の国を目的地とする出国者について(6月9日まで):

フランスでは衛生上の緊急事態が宣言されているため、欧州域内(EU加盟国、アンドラ、アイスランド、リヒテンシュタイン、モナコ、ノルウェー、サンマリノ、バチカン、スイス)以外の国々(ただしオーストラリア、韓国、イスラエル、日本、ニュージーランド、イギリス、シンガポールを除く)からフランスへの入国は、真にやむを得ない渡航理由がある場合にしか許可されません。

この真にやむを得ない渡航理由の制約は、
〇フランス国籍者、その配偶者とその子女
〇欧州域内国の国民、その配偶者とその子女であり、フランスに主たる居住地を有する、またはフランスを経由して欧州域内の主たる居住地あるいは自分の国籍国に向かう者
には適用されません。

以上の真にやむを得ない理由の一つを証明するには、フランス内務省のサイト (外部リンク) から誓約書をダウンロードしてください。
誓約書は必要な書類とともに携行し、搭乗・乗船・乗車時に運航会社へ提示しなければなりません。

欧州域内(EU加盟国、アンドラ、アイスランド、リヒテンシュタイン、モナコ、ノルウェー、サンマリノ、バチカン、スイス)以外の国々からフランスへの入国を希望する11歳以上の渡航者は、搭乗前72時間以内に実施した生物学的ウイルス検査(RT-PCR)で、Covid-19に感染していないことを証明する結果を提示しなければなりません。そしてフランスに到着後、7日間の自主隔離を行うとともに、その7日間の自主隔離期間後に2回目のウイルス検査(RT-PCR)を受けることを誓約する宣誓書を提出なければなりません。

欧州域内の国からの入国者と、欧州域内の国を目的地とする出国者について(6月9日まで):

欧州域内の国からフランスに入国する全てのカテゴリーの渡航者は、フランス本土への入国が許可されます。欧州域内では、真にやむを得ない理由の証明の制度は適用されません。

欧州域内の国からフランス本土への入国には、出発前72時間以内に実施した生物学的新型ウイルス検査(RT-PCR COVID)で陰性の結果証明書を提示しなければなりません。この義務は、移動手段(車、鉄道、飛行機、船での到着)の如何にかかわらず等しく適用されます。

ただしこの義務は、陸上運送業従事者、国境地帯の労働者、自宅から半径30㎞以内において移動を行う国境地帯の居住者は免除されます。

証明書は、入国管理当局に提示しなければなりません。空路または海路での移動の場合には、同じ書類を搭乗または乗船の際に、運航会社にもあわせて提示する必要があります。

11歳以上の渡航者は全員、出発(飛行機を乗り継ぐ場合には最初の飛行機の出発)前72時間以内に実施した生物学的新型ウイルス検査(RT-PCR COVID)で、Covid-19に感染していないことを証明する陰性結果と宣誓書を所持していなければなりません。

この宣誓書において渡航者は、

  • Covid-19の症状がないこと
  • 渡航前14日間に陽性者と接触したとは
  • 認識していないこと
  • フランス本国到着時に、‘SARS-CoV-2’を検出する生物学的ウイルス検査を受けることを求められた場合には、これを承諾しなければならないこと
    を誓約する必要があります。

出発元の国に応じた国境における衛生検査のより詳しい情報につきましては、フランス内務省のサイト (外部リンク) の‘よくある質問’をご覧ください。

更なる詳細につきましては、各県または地方自治体のサイトをご覧ください。

更なる詳しい情報につきましては、欧州・外務省のサイト (外部リンク) をご覧ください。

コロナウィルスの拡散を抑制するために守るべき‘’防護的動作‘とはどのようなものですか?

あなたとあなたの身近な人々の健康を維持するために、簡単にできる行動があります。

  • ひんぱんに手を洗う。
  • 咳やくしゃみをする際はひじで口元や鼻を覆う。
  • 一度使用したティッシュペーパーは捨てる。
  • 握手をせずに挨拶し、抱擁は避ける。
  • 具合が悪い時はマスクを装着する。】
  • 閉じられた公共の場所、公共交通機関、タクシー、運転手付き観光車、商業施設、各県知事により現地の感染状況に応じて必要と判断された場所では、マスクを装着する。
他のアイデア
を見る