今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

フランスでレストランに入る

レストランの予約~注文、支払、服装、マナーまで

店の選び方

どの店も入り口に必ずメニューが出ていますので、これによって料理と値段が分かります。仏英語表記が多く、フランス人もじっとメニューをにらんでいます。なお、日本でいうメニュー(品書き)は、ラ・カルト(la Carte) と言います。メニュー(menu)というと、定食のコース料理の意味になるのでご注意。

食事時間

昼食がただい12時から14時、夕食はやや遅く、20時から23時くらいが一般的。夕方からカフェでアペリティフを楽しんでからレストランへ移動したりします。
またレストランは昼食、夕食の時間帯しか開けていませんが、サンドイッチ、オムレツ、サラダなどの軽食はカフェやブラッスリーで時間に関係なく食べることができます。カフェもブラッスリーも、カウンターで立って飲むのと、椅子に座って飲むのでは料金が違います。

服装&マナー

3ツ星クラスのレストランなら、スーツ、ネクタイ、ワンピースなどの服装のほうが好ましいでしょう。ブラッスリーなら有名店でもそれほど窮屈ではなく、ラフな格好で大丈夫です。女性同伴の場合、入り口からレストランに入るのも、席につくのも女性優先。そのほか大きな話し声などはルール違反。公共の場での喫煙は法律で禁止されており、レストランでは外での喫煙、喫煙ルームになります。

店内へ

ミシュラン掲載店のような高級レストランは予約が必要です。普通のレストランでは特に必要ありません。レストランで勝手に客席につくことはできませんので、入り口で案内を待ちましょう。こちらの人数を言うと適当な席に案内してくれます。

注文

レストランでの注文: フランス語が分からない場合には、日本語・英語メニューが置いてある店もあります。時間をかけて選んで大丈夫です。一般的に、ウェイターにはまず前菜とメイン料理を頼みます。同時に好みのワインなり、ミネラル・ウォーターなりを頼ます。デザートやチーズ、コーヒーなどは、メイン料理が食べ終わった頃に、ウェイターが聞いてくれます。無理して正式なコースを頼む必要はありません。日本人でしたら前菜+メインで十分です。(高級レストランの場合はコースでの注文のみの場合もあります)。定食(Le menu fixe、とか plat du jour と書いてあります)の場合は、前菜、主菜とも何種類か用意されていて、その中から好きなものを選びます。

カフェでの注文: カフェではカウンターだったらバーテンダーにすぐに注文。テーブルだったらウェイターが回ってくるのを待ちます。なかなか回ってこないときには手を上げて頼みましょう。カフェ(café)は必ず濃いエスプレッソが出てきます。カフェオレはカフェクレーム(café crème)、紅茶はデュ・テ(du thé)、ココアが(chocolat chaud)となります。アルコールを頼みたければ、ビールはプレッション(Pression)もしくはアン・ドゥミ(un demi)と注文します。ワインも頼めます。軽食はサンドイッチやクロックムッシュなどがあります。

ウェイター

担当テーブルが決まっているので、通りかかったウェイターに声をかけても担当でなければ振り向いてくれません。席に案内されて座っていれば、そのうち必ず担当のウェイターが来てくれます。なお、ウェイターを「ギャルソン」とよぶ言い方は現在ではほとんど使われていません。呼びかけるときは「ムッシューMonsieur」というのが普通。ウェイトレスの場合はマドモワゼルMademoiselle、マダムMadame。

支払

「ラディシオンL'addition」 と言い、テーブルでの支払いになります。サービス料は含まれているのが普通ですが、釣りの小銭はチップとしておいていく人が多いようです。もちろん、星付きのレストランなどではそれなりにチップは必要。カード払いの場合も別に置いていきましょう。
カフェやブラッスリーの歩道に用意された席の場合には、注文したものが運ばれてきたときにすぐ支払うか、飲んでいる途中の適当なときに支払いを済ませるのが一般的のようです。支払いを済ませるとウェイターはレシートを少し破ります。支払済みの印で、あとは何時間でも好きなだけ座っていても構いません。

ワイン

ヴァンVin と言ます。赤(Rouge ルージュ))、白(Blanブラン)、 ロゼ(Roseロゼ)。ワインリストを解読するのに苦労しても、高級レストランならソムリエに相談するか、普通の店でもウェイターが食事に合ったものを選んでくれるでしょう。
庶民的な店で日常的に飲むのなら、銘柄品ではなくテーブルワインvin de table /ヴァン・ド・ターブル を頼めばいい。1本が多ければハーフボトル(demi bouteille/ ドゥミ・ブテイユ)を。 カラフCarafe を頼めばハウスワインが出てきます。

ミネラルウォーター(eau minerale /オー・ミネラル)には炭酸入り(gazeuseガズーズ)と炭酸無し(non gazeuse ノン・ガズーズまたはeau plate オー・プラット) の2種類があります。前者で一般的なのはペリエPerrier やバドワBadoit。 後者ではエヴィアンEvian、ヴィッテルVittel など。

france 

他のアイデア
を見る 

関連
記事 

料理

今夏、パリで人々を溶かすアイスクリーム

夏の魅惑的な喜び… パリに来れば、おいしいアイスクリームがあります。だからといって、何でもいいわけではありません! 今年6月、マレ地区の中心部にオープンした、ダヴィッド・ヴェスマエル氏の新しいアイスクリーム専門店“ラ・グラスリー”へご案内し、オリジナリティあふれる商品をご紹介しましょう。

料理

インスピレーションあふれるパティシエ、ピエール・エルメ

記念すべきサロン・ドゥ・ラ・パティスリー第1回が2018年6月15日から17日にかけてパリで開催されました。今回、名誉総裁を務めるパティシエのピエール・エルメ氏が、取材に応じてくれました。自身のインスピレーション、最近の傾向、思い出のお菓子、出身地アルザスの名物ほか、おいしいインタビューをどうぞ。

スポーツ

サッカーの魔力:見たことのないフランス

サッカーのフランス代表は時に、お祝いムードに包まれた予想外のサプライズをしてくれることがあります。それはW杯優勝という快挙だけが国民にもたらす比べ様のない喜びです。フランス代表のファンだけではなく、全ての人に楽しんで頂けるビックリするような、または笑ってしまうイメージ10選をお送りします!

舞台裏に潜入#3

流行のパン屋さんユートピの舞台裏‐絶品のパンができるまで‐

パリで最もロマンチックな愛の物語がパンだとしたら・・。パリでは街のあちらこちらにパン屋さんがありますが、これらが無いパリはどんなに寂しい街になってしまうことでしょう。店内から焼きたてパンの香ばしい匂いが漂い、店の前を行き交うパリジャン達を惹き付けて止まないパリ11区のパン屋さんユートピの舞台裏に潜入しました。

舞台裏に潜入#4

ヴァンドーム広場にある老舗宝飾店の舞台裏

パリ中心部にあるヴァンドーム広場は、世界屈指の老舗宝飾店が軒を連ねることで知られます。美しい建築が並ぶ四角形の広場に、国際的に名を知られたジュエリーや時計の高級ブランドが並んでいます。その中のひとつヴァンクリーフ&アーペル社は、伝説的な創作ジュエリーを通じてフランスならではの卓越した技術を体現しています。

建築

リニューアルオープンする高級ホテル「ル・ルテシア」、改装プロジェクトを担当した建築家ウィルモット氏が語る舞台裏

パリ左岸の高級ホテル「ル・ルテシア」は4年に渡る大々的な改装工事を終え、7月12日に待望のリニューアルオープンをします。「歴史の無いものは全て撤去し、逆に、歴史の刻まれたもの全てに価値を見出した」。オープンを目前に控え、プロジェクトの指揮を執った建築家ジャン=ミシェル・ウィルモット氏が語る改修工事の舞台裏をインタビュー抜粋の形で紹介します。

関連
記事 

料理

今夏、パリで人々を溶かすアイスクリーム

夏の魅惑的な喜び… パリに来れば、おいしいアイスクリームがあります。だからといって、何でもいいわけではありません! 今年6月、マレ地区の中心部にオープンした、ダヴィッド・ヴェスマエル氏の新しいアイスクリーム専門店“ラ・グラスリー”へご案内し、オリジナリティあふれる商品をご紹介しましょう。

料理

インスピレーションあふれるパティシエ、ピエール・エルメ

記念すべきサロン・ドゥ・ラ・パティスリー第1回が2018年6月15日から17日にかけてパリで開催されました。今回、名誉総裁を務めるパティシエのピエール・エルメ氏が、取材に応じてくれました。自身のインスピレーション、最近の傾向、思い出のお菓子、出身地アルザスの名物ほか、おいしいインタビューをどうぞ。

スポーツ

サッカーの魔力:見たことのないフランス

サッカーのフランス代表は時に、お祝いムードに包まれた予想外のサプライズをしてくれることがあります。それはW杯優勝という快挙だけが国民にもたらす比べ様のない喜びです。フランス代表のファンだけではなく、全ての人に楽しんで頂けるビックリするような、または笑ってしまうイメージ10選をお送りします!

舞台裏に潜入#3

流行のパン屋さんユートピの舞台裏‐絶品のパンができるまで‐

パリで最もロマンチックな愛の物語がパンだとしたら・・。パリでは街のあちらこちらにパン屋さんがありますが、これらが無いパリはどんなに寂しい街になってしまうことでしょう。店内から焼きたてパンの香ばしい匂いが漂い、店の前を行き交うパリジャン達を惹き付けて止まないパリ11区のパン屋さんユートピの舞台裏に潜入しました。

舞台裏に潜入#4

ヴァンドーム広場にある老舗宝飾店の舞台裏

パリ中心部にあるヴァンドーム広場は、世界屈指の老舗宝飾店が軒を連ねることで知られます。美しい建築が並ぶ四角形の広場に、国際的に名を知られたジュエリーや時計の高級ブランドが並んでいます。その中のひとつヴァンクリーフ&アーペル社は、伝説的な創作ジュエリーを通じてフランスならではの卓越した技術を体現しています。

建築

リニューアルオープンする高級ホテル「ル・ルテシア」、改装プロジェクトを担当した建築家ウィルモット氏が語る舞台裏

パリ左岸の高級ホテル「ル・ルテシア」は4年に渡る大々的な改装工事を終え、7月12日に待望のリニューアルオープンをします。「歴史の無いものは全て撤去し、逆に、歴史の刻まれたもの全てに価値を見出した」。オープンを目前に控え、プロジェクトの指揮を執った建築家ジャン=ミシェル・ウィルモット氏が語る改修工事の舞台裏をインタビュー抜粋の形で紹介します。