今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

フランスの住所表記 

○○通り○○番地 75001

フランスではすべての通りに名前がついていて、●●通りの●番地という言い方をします。

また、フランスの住所表記は 番地、通りの名前、郵便番号、市、国の順番となります。

例えば、78. rue de Clichy, 75009, PARIS であれば、パリ市クリッシー通り78番地 郵便番号75009 となります。 ちなみに、郵便番号が75から始まるのはパリの市番号、下2桁が区の番号で、75009であればパリ9区となります。

通りの表記:
フランスではすべての道に名前がついているので、地図をもっていれば探すのは簡単。ただし、通りを示す言葉にいくつかの種類があります。

Rue (リュー): 普通の通り

Avenue (アヴニュー): 並木のある大通り

Boulevard (ブルヴァール): 幅の広い大通り。昔の城壁を外側に移した跡地に造られた

Place (プラス): 広場

Quai (ケ): 河岸。川沿いの通り

Impasse (アンパス): 行き止まりの袋小路

Passage (パッサージュ)、 Allee (アレ): 細い路地。車の通れない石畳の道

全ての通りの角には、通り名と番地の数字が書いたプレートが掲示してあり、建物の入り口には番地を表す数字が表示されています。
番地は道の左右で奇数と偶数に分かれています。

道に迷ったら自分が何通りの何番地に居るのかを確かめましょう。

パリ 

関連
記事 

新しい発見

見たことのないシャンパーニュのブドウ畑

シャンパーニュ地方にある老舗メゾン ルイ・ロデレール社は、これまで数々の斬新な試みに挑み、他社とは違った印象を人々に与えてきたシャンパンメーカーです。創立241年を経た今日もその慣習に反することなく、新たなメセナ事業として、フランスの写真賞ラ・ブルス・デュ・タロン(La Bourse du Talent)と提携した写真展示の場を設けています。これは新進気鋭の写真家達に自社ブドウ畑の輝きやシャンパンボトルの煌めきを撮る機会を提供したもので、ひらめきや霊感に富んだ詩的な作品が揃っています。

舞台裏に潜入#4

ヴァンドーム広場にある老舗宝飾店の舞台裏

パリ中心部にあるヴァンドーム広場は、世界屈指の老舗宝飾店が軒を連ねることで知られます。美しい建築が並ぶ四角形の広場に、国際的に名を知られたジュエリーや時計の高級ブランドが並んでいます。その中のひとつヴァンクリーフ&アーペル社は、伝説的な創作ジュエリーを通じてフランスならではの卓越した技術を体現しています。

舞台裏に潜入#3

流行のパン屋さんユートピの舞台裏‐絶品のパンができるまで‐

パリで最もロマンチックな愛の物語がパンだとしたら・・。パリでは街のあちらこちらにパン屋さんがありますが、これらが無いパリはどんなに寂しい街になってしまうことでしょう。店内から焼きたてパンの香ばしい匂いが漂い、店の前を行き交うパリジャン達を惹き付けて止まないパリ11区のパン屋さんユートピの舞台裏に潜入しました。

スポーツ

サッカーW杯 フランス代表の素顔

フランス代表を応援するのにフランス人である必要はありません!ウルグアイに2-0で勝って準決勝進出が決まり、さらに期待が高まります。ここでは、フランスのスター選手たちの素顔と生まれ故郷に焦点を当てて紹介します。

建築

リニューアルオープンする高級ホテル「ル・ルテシア」、改装プロジェクトを担当した建築家ウィルモット氏が語る舞台裏

パリ左岸の高級ホテル「ル・ルテシア」は4年に渡る大々的な改装工事を終え、7月12日に待望のリニューアルオープンをします。「歴史の無いものは全て撤去し、逆に、歴史の刻まれたもの全てに価値を見出した」。オープンを目前に控え、プロジェクトの指揮を執った建築家ジャン=ミシェル・ウィルモット氏が語る改修工事の舞台裏をインタビュー抜粋の形で紹介します。

ロワール渓谷の古城

ヴィランドリ―城のルネッサンス庭園と建築

ヴィンドリー城は、ロワール川沿いで最後に建てられた大きな城です。ルネッサンス様式のひな壇式庭園が、トゥファでできたファサードと見事に調和しています。色彩豊かな庭園の傑作です !

関連
記事 

新しい発見

見たことのないシャンパーニュのブドウ畑

シャンパーニュ地方にある老舗メゾン ルイ・ロデレール社は、これまで数々の斬新な試みに挑み、他社とは違った印象を人々に与えてきたシャンパンメーカーです。創立241年を経た今日もその慣習に反することなく、新たなメセナ事業として、フランスの写真賞ラ・ブルス・デュ・タロン(La Bourse du Talent)と提携した写真展示の場を設けています。これは新進気鋭の写真家達に自社ブドウ畑の輝きやシャンパンボトルの煌めきを撮る機会を提供したもので、ひらめきや霊感に富んだ詩的な作品が揃っています。

舞台裏に潜入#4

ヴァンドーム広場にある老舗宝飾店の舞台裏

パリ中心部にあるヴァンドーム広場は、世界屈指の老舗宝飾店が軒を連ねることで知られます。美しい建築が並ぶ四角形の広場に、国際的に名を知られたジュエリーや時計の高級ブランドが並んでいます。その中のひとつヴァンクリーフ&アーペル社は、伝説的な創作ジュエリーを通じてフランスならではの卓越した技術を体現しています。

舞台裏に潜入#3

流行のパン屋さんユートピの舞台裏‐絶品のパンができるまで‐

パリで最もロマンチックな愛の物語がパンだとしたら・・。パリでは街のあちらこちらにパン屋さんがありますが、これらが無いパリはどんなに寂しい街になってしまうことでしょう。店内から焼きたてパンの香ばしい匂いが漂い、店の前を行き交うパリジャン達を惹き付けて止まないパリ11区のパン屋さんユートピの舞台裏に潜入しました。

スポーツ

サッカーW杯 フランス代表の素顔

フランス代表を応援するのにフランス人である必要はありません!ウルグアイに2-0で勝って準決勝進出が決まり、さらに期待が高まります。ここでは、フランスのスター選手たちの素顔と生まれ故郷に焦点を当てて紹介します。

建築

リニューアルオープンする高級ホテル「ル・ルテシア」、改装プロジェクトを担当した建築家ウィルモット氏が語る舞台裏

パリ左岸の高級ホテル「ル・ルテシア」は4年に渡る大々的な改装工事を終え、7月12日に待望のリニューアルオープンをします。「歴史の無いものは全て撤去し、逆に、歴史の刻まれたもの全てに価値を見出した」。オープンを目前に控え、プロジェクトの指揮を執った建築家ジャン=ミシェル・ウィルモット氏が語る改修工事の舞台裏をインタビュー抜粋の形で紹介します。

ロワール渓谷の古城

ヴィランドリ―城のルネッサンス庭園と建築

ヴィンドリー城は、ロワール川沿いで最後に建てられた大きな城です。ルネッサンス様式のひな壇式庭園が、トゥファでできたファサードと見事に調和しています。色彩豊かな庭園の傑作です !