今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

フランスの入国、出国手続き

パスポートとビザ

フランスへはパスポートがあれば入国できます。

滞在が3ヵ月以内ならばビザは不要です(3ヵ月を越える滞在、フランスでの就労などでビザが必要な場合は、日本のフランス領事館にお尋ねください)。

フランス大使館・領事館 〒106-0047 東京都港区南麻布4-11-44
http://www.ambafrance-jp.org/-rubrique549- (外部リンク)

予防接種

通常のルートで日本から直接入国の場合、必要ありません。

フランス入国の関税

身の回り品と衣服:衣服と身の回り品、旅行者自身が使うためのもので、出国時に持ち帰るのであれば、通常の必要量を超えていない限り無税で手続きは必要ありません。

たばこ:17歳以上のみ(一人につき)。紙巻きたばこ200本、または葉巻(cigares)50本、または小型葉巻(cigarillos)100本、または刻みたばこ250g

酒類:17歳以上のみ(一人につき)。ワイン4リットル、ビール16リットル、および22度を越えるアルコール飲料1リットル (22度以下のアルコールは2リットル)

通貨:一万ユーロ(10,000ユーロ)以上、もしくはそれに相当する外貨、小切手、トラベラーズチェック、債権証書などを持ち込み、あるいは持ち出しする場合は申告をする必要があります。

フランス税関公式サイト http://www.douane.gouv.fr/page.asp?id=79 (外部リンク)

フランス国内で購入した品物は、値段の大小にかかわらず持ち出すことができます。アルコール類やたばこなど免税品を購入するときは、日本の税関の免税規定を確認してください。

滞在中使用する分量

パソコン、携帯電話 旅行中に使用するノートパソコン、携帯電話、デジタルカメラについては申告の必要はありません。

フランスへのペットの持ち込みについて

日本の獣医師による仏文または英文の、署名と発行日を記した、以下の証明書が必要です。

  • 健康証明書(EU諸国指定の用紙使用のこと)/現時点で健康であることの証明。また、出発日からさかのぼって10日以内に発行されたもの。
  • 狂犬病の予防接種証明書/フランスに入国する時点で、有効期間(接種後1ヵ月以上1年未満)内である時期に接種していなければならない。健康証明書内への書き込みだけでも可。

またフランスでは、動物の固体標識(身体の一部に固有の識別番号を記すこと)の設置が義務づけられています。マイクロチップを注射で埋め込む方法と耳にタトゥ(刺青)をする方法がありますが、後者は日本ではまだ一般化されておりません。

ペットの持込に際しては様々な規制があります。詳しくはフランス大使館のサイトをご覧ください。

他のアイデア
を見る 

関連
記事 

手続き(査証&パスポート)

知っておくと便利な連絡先

病気になったとき フランスでは医・薬が完全に分業になっています。週末に医者または薬剤師を必要とするときには、 警察署にお問い合わせください。も...

手続き(査証&パスポート)

フランスの地理、概略、人口

人口: 6,662万7600人(2016年 INSEE) 面積 63万2,834 km2、うちフランス本国は55万1,695 km2 首都 パリ 主要都市...

料理

プロヴァンスの秋の味覚を料理できる6アドレス

9月に入ると、プロヴァンスはより身近になります。料理を学びつつ地元の食材を味わうのには理想的な時期です。キノコ、イチジク、栗、それから11月に早くも顔を出し始めるトリュフはもちろんのこと、ここでは秋を最大限に味わうための6つのアドレスをご紹介します!

ブルターニュの灯台を巡る旅

ヨーロッパ大陸の西の果て、ブルターニュ半島の先端には、フィニステール県があり、そこにはイロワーズ海の景色を形づくる潮の満ち引きを見つめ続けてきた灯台が、連なるように点在しています。このような素晴らしい石づくりの見張り台に出会える「ルート・デ・ファール(灯台街道) 」へあなたをお連れします。

モニュメント

シャンボール城:知っておくべき9つのポイント

シャンボール城は、フランソワ1世のために建設され、レオナルド・ダ・ヴィンチの構想によるものとされており、ロワール渓谷内の城のうちでも、最大の規模と威容を誇る城です。フランスのルネッサンスの代表建築であるとともに、芸術と文学をこよなく愛した支配者の権力の象徴でもありました。

美術館・博物館

お見逃しなく!パリの展覧会情報 2018-2019

今シーズンはどんな展覧会がパリの美術館や博物館で催されるのでしょう?印象派、ポップ・アイコン、過激なアンダーグラウンド・アート、キュビスム…多彩な分野とジャンルが陽気に混ざり合い、絵、彫刻、写真、音楽をもって表現されます。常識を覆す展覧会の数々、必見です!パリの週末を過ごすにはここがおすすめ、もちろん週末以外でも!

関連
記事 

手続き(査証&パスポート)

知っておくと便利な連絡先

病気になったとき フランスでは医・薬が完全に分業になっています。週末に医者または薬剤師を必要とするときには、 警察署にお問い合わせください。も...

手続き(査証&パスポート)

フランスの地理、概略、人口

人口: 6,662万7600人(2016年 INSEE) 面積 63万2,834 km2、うちフランス本国は55万1,695 km2 首都 パリ 主要都市...

料理

プロヴァンスの秋の味覚を料理できる6アドレス

9月に入ると、プロヴァンスはより身近になります。料理を学びつつ地元の食材を味わうのには理想的な時期です。キノコ、イチジク、栗、それから11月に早くも顔を出し始めるトリュフはもちろんのこと、ここでは秋を最大限に味わうための6つのアドレスをご紹介します!

ブルターニュの灯台を巡る旅

ヨーロッパ大陸の西の果て、ブルターニュ半島の先端には、フィニステール県があり、そこにはイロワーズ海の景色を形づくる潮の満ち引きを見つめ続けてきた灯台が、連なるように点在しています。このような素晴らしい石づくりの見張り台に出会える「ルート・デ・ファール(灯台街道) 」へあなたをお連れします。

モニュメント

シャンボール城:知っておくべき9つのポイント

シャンボール城は、フランソワ1世のために建設され、レオナルド・ダ・ヴィンチの構想によるものとされており、ロワール渓谷内の城のうちでも、最大の規模と威容を誇る城です。フランスのルネッサンスの代表建築であるとともに、芸術と文学をこよなく愛した支配者の権力の象徴でもありました。

美術館・博物館

お見逃しなく!パリの展覧会情報 2018-2019

今シーズンはどんな展覧会がパリの美術館や博物館で催されるのでしょう?印象派、ポップ・アイコン、過激なアンダーグラウンド・アート、キュビスム…多彩な分野とジャンルが陽気に混ざり合い、絵、彫刻、写真、音楽をもって表現されます。常識を覆す展覧会の数々、必見です!パリの週末を過ごすにはここがおすすめ、もちろん週末以外でも!