今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

リール

ベルギー国境近く、北の玄関

ビジネス、観光都市として発展しているリールは、交通の便に恵まれ(TGV、ユーロスター、タリス等の鉄道、高速道路、空港)、パリ、ブリュッセル、ロンドン、アムステルダムといった首都にも近い地理的特徴があります。
歴史的にはフランドル、フランス、ブルゴーニュ公国の支配を経たリールは、様々な建築様式がみられる稀な町であり、過去と現在の交流がもたらす豊かさを備えた多彩な都市です。
観光の目玉となるのはリール宮殿美術館と文化イベント「リール3000」。各種展覧会やフェスティバルが町の生活に彩りを添え、来場者は町の様々な魅力を発見することができます。

必見スポット

  • リウール宮殿とイロ・コンテス
  • リール宮殿美術館
  • 城塞
  • グラン=プラス 大広場と旧証券取引所
  • テアトル広場と商工会議所の時計台
  • ユラリール地区:リール・ヨーロッパTGV駅、リール・グラン・パレ(会議場、展示場、コンサートホール)、ショッピングセンターなどが集まる未来都市。レム・コールハース、ジャン・ヌーヴェル、クリスチャン・ド・ポルザンパルク、クロード・バスコーニといった有名建築家や都市計画家の共同設計。
  • コンテス施療院美術館:旧市街にあり、中世から18世紀の建築様式への移り変わりを体現する建築物。18世紀フランドルとオランダの影響がみられる内装で絵画や陶器、家具などが展示されています。
  • ワザンム中央市場 :フランスでも随一の規模と賑やかさを誇る中央市場。ボヘミアン的で生き生きとした雰囲気。

リールで食べる

  • 旧市街のレストラン
  • 名店メールMéertのゴーフル
  • ビール
  • 地元名物料理「Potjevleesch」
  • チョコレート「リールの花Fleurs de Lille」など

イベント

  • リール3000 (外部リンク) (外部リンク):3年に1度のフェスティバル。内外の最も現代的なアーティストを招き多様な文化を紹介。より多くの観衆が楽しめるよう町の中心地で開催。
  • リール・古道具市(9月):毎年9月最初の週末、リールは「古物商の都」となり、ヨーロッパで最も大規模なのみの市。100〜200万人が訪れる。
  • クリスマスマーケット(11月末-12月)

リール散策

  • 便利でお得なシティ・パスCity Pass Lille Métropole は、24時間、48時間、72時間パスがあり、交通機関や文化施設の様々な特典サービスが受けられます。
  • シティ・ツアー:市内の観光名所をめぐるバスツアー。毎日10時から17時まで毎時間出発(13時以外)。
  • ガイド付き見学:ガイド付きで文化財を訪ねる見学ツアー
  • 「リール・プロムナード」:市内の異なる地区を自由に巡る5つのコース

アクセス

鉄道:リール・フランドル駅、リール・ヨーロッパ駅: TGVでパリから1時間。ユーロスターではロンドンから1時間40分、ブリュッセルから38分。

LILLE 

他のアイデア
を見る 

関連
記事 

ゴルフ

ドルチェ・シャンティイ・ゴルフクラブで過ごす1日

名高いシャンティイ城から5分、パリの北40分の場所に位置するドルチェ・シャンティイ・ゴルフクラブはゴルファー、ファミリー、グルメに理想的。1日、あるいは週末をここで過ごして、ライダーカップの雰囲気に浸りましょう。

深海の不思議

新しいナウシカ(国立海洋センター)の舞台裏

オー・ド・フランス地方のブーローニュ・シュル・メールにある国立海洋センターは、訪れる人を、陸地から遠く離れた海の世界へ誘います。最近、ヨーロッパで最大規模の水槽をはじめとする新たな拡張工事が行われました。一般公開に先立って、内部の様子をご紹介します。

都市

プロモーションスタッフのオススメ観光地紹介 「ルーベの美術館、ラ・ピシーヌ」

こんにちは。プロモーションを担当している金田です。 この記事では私が今まで見てきたフランスの観光地の中で、個人的に皆さんにオススメしたいと思...

都市

ランスのルーヴル美術館別館

ルーブル美術館の別館が北フランスのランス(Lens)にあります。 設計は日本人による設計事務所SANAAとアメリカのイムレー・カルバートImrey-Culbert社...

カルチャー

アミアンのノートル・ダム大聖堂

アミアンが誇るゴシック様式の大聖堂 アミアンのノートル・ダム大聖堂は1220年から1288年という、中世の大聖堂としては著しく短期間で建設された建物...

美術館・博物館

クリスチャン・ラクロワがルーヴル美術館ランス別館で、カージャール朝芸術の演出を手がけます

2018年3月28日から7月22日まで、ルーヴル美術館ランス別館にて、1786年から1925年にかけて黄金時代を経験したイランの王朝カージャールの芸術をテーマにした初の回顧展『L'Empire des roses(バラの帝国)』が開催されます。西洋では正当に評価されていない、非常に独特の美的規範を持つこれらのペルシャの傑作は、長い間キッチュで悪趣味なものとみなされていました。この展覧会のコミッショナーを務めるグウェナエル・フェランジェのイニシアティブによって、ようやくこの過ちが償われたのです。この展覧会の演出を手がけたクリスチャン・ラクロワに、インタビューしました。

関連
記事 

ゴルフ

ドルチェ・シャンティイ・ゴルフクラブで過ごす1日

名高いシャンティイ城から5分、パリの北40分の場所に位置するドルチェ・シャンティイ・ゴルフクラブはゴルファー、ファミリー、グルメに理想的。1日、あるいは週末をここで過ごして、ライダーカップの雰囲気に浸りましょう。

深海の不思議

新しいナウシカ(国立海洋センター)の舞台裏

オー・ド・フランス地方のブーローニュ・シュル・メールにある国立海洋センターは、訪れる人を、陸地から遠く離れた海の世界へ誘います。最近、ヨーロッパで最大規模の水槽をはじめとする新たな拡張工事が行われました。一般公開に先立って、内部の様子をご紹介します。

都市

プロモーションスタッフのオススメ観光地紹介 「ルーベの美術館、ラ・ピシーヌ」

こんにちは。プロモーションを担当している金田です。 この記事では私が今まで見てきたフランスの観光地の中で、個人的に皆さんにオススメしたいと思...

都市

ランスのルーヴル美術館別館

ルーブル美術館の別館が北フランスのランス(Lens)にあります。 設計は日本人による設計事務所SANAAとアメリカのイムレー・カルバートImrey-Culbert社...

カルチャー

アミアンのノートル・ダム大聖堂

アミアンが誇るゴシック様式の大聖堂 アミアンのノートル・ダム大聖堂は1220年から1288年という、中世の大聖堂としては著しく短期間で建設された建物...

美術館・博物館

クリスチャン・ラクロワがルーヴル美術館ランス別館で、カージャール朝芸術の演出を手がけます

2018年3月28日から7月22日まで、ルーヴル美術館ランス別館にて、1786年から1925年にかけて黄金時代を経験したイランの王朝カージャールの芸術をテーマにした初の回顧展『L'Empire des roses(バラの帝国)』が開催されます。西洋では正当に評価されていない、非常に独特の美的規範を持つこれらのペルシャの傑作は、長い間キッチュで悪趣味なものとみなされていました。この展覧会のコミッショナーを務めるグウェナエル・フェランジェのイニシアティブによって、ようやくこの過ちが償われたのです。この展覧会の演出を手がけたクリスチャン・ラクロワに、インタビューしました。