2019年フランスで開催 FIFAサッカー女子ワールドカップ

フランスのサッカー男子チームは2018年のワールドカップロシア大会で見事に優勝しました。そのフランスで2019年6月7日から7月7日までFIFAサッカー女子ワールドカップが開催されるのです。

フランスは、サッカーそしてワールドカップが好きです。そのことは、2019年6月7日から7月7日まで行われるFIFAサッカー女子ワールドカップでもあらためて証明されるでしょう。

男子チームはワールドカップ1998年大会で優勝した20年後の昨年、決勝でクロアチアを下して再び優勝しました。フランスの女子チームも同じように活躍するのでしょうか?

フランス9都市が試合を開催

2019年FIFAサッカー女子ワールドカップでは、9つの都市で全52試合が行われます。スタジアム、観客・選手を迎えるインフラ、試合開催のさまざまな経験をふまえて選ばれたその9都市とは、アルプスの麓のグルノーブルGrenoble、ノルマンディー地方のル・アーヴルLe Havre、リヨンLyon、オクシタニー地方のモンペリエMontpellier、コート・ダジュールのニースNice、パリ、シャンパーニュ地方のランスReims、ブルターニュ地方のレンヌRennes、オー・ド・フランス地方のヴァランシエンヌValenciennesです。

現在決まっている出場チームは、まず開催国のフランス、スペイン、イタリア、ブラジル、チリ、オーストラリア、日本、韓国、中国、タイです。アフリカとアメリカの両大陸の予選は2018年の後半に行われます。全部で24カ国が出場します。

2019年FIFAサッカー女子ワールドカップをきっかけに、女子サッカーへの国際的な注目が高まることでしょう。2019年大会のスローガンは「輝くことを恐れるなOsez briller」。このスローガンは、来年のフランス大会を目指すベネズエラチームのデイナ・カステラノスDeyna Castellanos選手などが身につけています。
感動的な大会になるにちがいありません。

実用情報 

2019年6月7日~7月7日

詳細情報 

イベントの外部リンク
他のアイデア
を見る