今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

「パリ地方とノルマンディー 小川康博 印象派を巡る旅2018夏」展

(右)小川康博撮影「サン・ラザール駅」« Paris Region Tourist Board / Yasuhiro Ogawa »

9 月のツーリズム Expo ジャパンにて行われ、多数のご来場いただいた「パリ地方とノルマンディー 小川康博 印象派を巡る旅 2018 夏」展。当展は、今後各地で巡回をいたします。

100年以上の時を超えて、今、    再び印象派の跡を辿る。

2018年は、日仏交流160周年にあたる節目の年。この機会に改めて、フランスの芸術作品を新たな視点で見つめなおしてみてはいかがでしょう。パリ地方観光局ならびにノルマンディー地方観光局が主催する当展は、モネの「サン・ラザール駅」や、ルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」など、印象派の代表的作品を生み出した画家たちにインスピレーションを与え、彼らがキャンバスに描き出した風景を、写真家 小川康博氏が旅し、現代的な視点から撮影した写真作品を展示するというもの。小川氏は今夏、パリおよびイル・ド・フランス地方、ノルマンディーを旅し、印象派の名画 12 点が生まれた場所を訪れました。当時の印象派画家と同じ場所に立ち、彼らとの芸術的な対話を通して感じたことや、彼らがキャンバスの上に表現した「幸せなひととき」について彼の現在的な解釈などが写真作品を通して発表されます。

小川康博氏ポートレート

小川康博(おがわ・やすひろ)
1968 年神奈川県生まれ。フリーランスの写真家。二十代の時に独学で写真を始める。2000 年に太陽賞、2009 年に日本写真協会賞新人賞を受賞。写真集に、中国・三峡ダムの建設で長江に水没する風景を追った『Slowly Down the River』(クレオ刊)、厳しい過疎に直面する日本の離島の風景を収めた『島語り』、亡き母への追憶を写真で表現した『Cascade』(共に蒼穹舎刊)がある。フィルムカメラとデジタルカメラを使い分けながら海外や国内で撮影を続けている。東京在住。ホームページwww.ogawayasuhiro.com (外部リンク)

All Logo

関連
記事 

都市

パリジャン気分に浸れる場所-オテル・ド・クリヨン

改装を経て、先日仏ホテル最高の 格付け「パラス」を付与された、フランス新古典主義のアイコン、オテル・ド・クリヨン。18世紀のパリのエスプリと、現代のそれを融合し生み出された、時代を超越するエレガンスをあなたに。

美術館・博物館

お見逃しなく!パリの展覧会情報 2018-2019

今シーズンはどんな展覧会がパリの美術館や博物館で催されるのでしょう?印象派、ポップ・アイコン、過激なアンダーグラウンド・アート、キュビスム…多彩な分野とジャンルが陽気に混ざり合い、絵、彫刻、写真、音楽をもって表現されます。常識を覆す展覧会の数々、必見です!パリの週末を過ごすにはここがおすすめ、もちろん週末以外でも!

クルージング

セーヌ川クルーズに新たな価値を与えたアラン・デュカス

ノートルダム大聖堂、歴史ある橋、たくさんの遊覧船、いつも変わらぬ佇まいのそれらがセーヌ川のすべてだと思ったらそれは大間違いである。セーヌの魅力はとどまるところを知らない。フランス料理界の巨匠アラン・デュカスの厨房が水上クルーズしているなんて、それはもう驚くどころではないはずだろう。一体どういうことか、以下の1、2、3でお教えしよう。

ゴルフ

ライダーカップ2018に参加するゴルファー気分で ヴェルサイユを旅する

ヴェルサイユ宮殿から目と鼻の先で開催されるライダーカップ。この栄えある大会を味わうのに、世界屈指のゴルファーになる必要はありません。大会に参加するゴルファーたちと同じ経験ができる旅のアイディアをいくつか紹介しますので、ここヴェルサイユで、ゴルフとグルメの週末を楽しんでみませんか。

ライダーカップ

ライダーカップ2018の開催地、ル・ゴルフ・ナショナル

パリのすぐそば、サン・カンタン・アン・イヴリーヌにあるこの輝かしいコースで2018年9月、ライダーカップが開催されます。それこそが、ル・ゴルフ・ナショナルでプレーする理由のひとつでしょう。ですが、理由はそれだけにとどまりません…。

ゴルフ

ドルチェ・シャンティイ・ゴルフクラブで過ごす1日

名高いシャンティイ城から5分、パリの北40分の場所に位置するドルチェ・シャンティイ・ゴルフクラブはゴルファー、ファミリー、グルメに理想的。1日、あるいは週末をここで過ごして、ライダーカップの雰囲気に浸りましょう。