2019年12月6日より、このオー・ド・フランスの中心地はそのデザインを称賛され、2020年世界デザイン首都の称号をいただくことになります。驚くほど素晴らしい、都市イノベーションと祝賀プログラムをお約束いたします。

2008年のトリノ、2010年のソウル、2012年のヘルシンキ、2014年のケープタウン、2016年の台北、そして2018年のメキシコシティに続き、今回はリールがワールドデザインオーガニゼーション(WDO)によってその刷新的なデザインの利用を称賛されることになりました。フランスの街や都市が世界デザイン首都となるのはこれが初めてのことです。

この大都市を形成しているのは、オー・ド・フランスの州都と90の市町村です。経済計画、社会計画、文化計画、そして環境計画に関する発案に対してこの称号が与えられます。そして2020年にはそれらすべての計画が執り行われることになります。

国際デザイナー展示会

2004年、リールは自身に与えられた欧州文化首都の称号を豪華絢爛な行事で祝いました。イノベーションが行われる中、2020年の祝賀プログラムはサプライズ満載のものになるでしょう。スローガンは「未来と皆の幸せのために、デザインとその目標にニューロンを震わせろ」です。

フランス北部のリールへのアクセス