ジャン・ポール・ゴルチエの「ファッション・フリーク・ショー」がパリで公開

デザイナーのジャン・ポール・ゴルチエが手掛けた「ファッション・フリーク・ショー」では、今回の舞台用に制作された衣装や、ゴルチエを象徴する数々の衣装が登場する。

エキセントリックで痛快、悪魔的な魅力を持つ、かの有名デザイナー、ジャン・ポール・ゴルチエ(Jean Paul Gaultier)が、キャバレーショーとファッションショーを融合した新ジャンルのミュージカル舞台でパリを揺るがします!2018年10月4日から12月31日まで、パリのフォリー・ベルジェール劇場(Folies Bergère)にて、ファッション界の異端児、ゴルチエの人生とともにあったポップ・カルチャーの50年をぜひご覧ください!

ゴルチエが愛してやまないキャラクター、それは生意気で、情熱的で、上から目線、そして育ちが悪い。それらを演じる俳優、ダンサー、パフォーマーなど十数名のアーティストらにとって、大きな挑戦でした。前評判の時点で、この舞台が常軌を逸していることがよく分かります。
ゴルチエは、この「ファッション・フリーク・ショー」の原案、監督、舞台演出を全て手がけました。彼の創った舞台を通して、観客は『ゴルチエとその活躍した時代を、ときに優しく、ときに違う視点で眺め、そしてゴルチエの世界観の裏側で起こっていること―才能のひらめき、過剰かつ詩的ななにか、そして魔法のような瞬間-を垣間見ることができる』 のです。

リュック・ベッソン、マドンナ…
ゴルチエをインスパイアした人々へのオマージュ

幼少期、ファッション界デビュー、絢爛豪華なファッションショー、ル・パラス(Le Palace、パリの伝説的なナイトクラブ )での狂騒的なショー …ゴルチエが、彼のプライベートの日誌を開いて、これまでに彼をインスパイアしてきた人々へのオマージュを捧げます。例えば映画界ではペドロ・アルモドバル(Pedro Almodovar)、リュック・ベッソン(Luc Besson)。音楽界ではマドンナ(Madonna)、カイリー・ミノーグ(Kylie Minogue)ミレーヌ・ファルメール(Mylène Farmer)。そしてダンサーのレジーヌ・ショピノ(Régine Chopinot)、アンジュラン・プレルジョカージュ(Angelin Preljocaj)などが挙げられます。

ゴルチエはこの舞台のためだけに、豪華な舞台装飾の中心となる衣装を新たに十数着制作しました。そしてもちろんのこと、彼のキャリアの中でも最もアイコニックな作品衣装を劇中で使用することも忘れていません。
この舞台の制作陣には、音楽を担当するナイル・ロジャース氏(Nile Rodgers)をはじめ、最高の顔ぶれが揃っています。舞台プロデューサーおよび音楽監督であるロジャース氏は、舞台のために2つオリジナル曲を作曲し、さらに、ゴルチエの選曲によって構成されたサウンドトラックを新た制作するとのことです。

ゴルチエが愛した音楽の寄せ集め

ファッション・フリーク・ショーでは、ゴルチエがそのキャリアと共に過ごし愛した音楽、ディスコ、ファンク、ポップ、ロック、ニュー・ウェーブ、パンクなど、様々な時代のヒットナンバーが登場します。

関連
記事 

パリのノートルダム大聖堂に関する実用情報

2019年4月15日にパリのノートルダム大聖堂で発生した火災を受け、新たな指令が下されるま…

モニュメント

ノートルダム大聖堂の火災を受けて

パリのノートルダム大聖堂の一部を焼失した火災を受け、世界中が動揺に包まれました。ゴシック建…

季節の歓び

シェフの気持ちが感じられる、パリのおすすめレストラン7選

フランスの土地と農産物の豊かさは真に賞賛すべきものです。パリ出身の若き料理人たちは、こうし…

展覧会を巡る

フランス旅行:行かなきゃ損! …

パリには美術館・博物館があわせて173施設もあるってご存知でしたか?アートの殿堂・パリでは…

「ル・ロワイヤル・モンソー」「レ・スルス・ド・コダリー」「ペニンシュラ・パリ」

フランスの最高級ホテル「パラス」で、極上の体験を-第3回

フランスのホテル格付けの最高位「パラス」の称号を得た極上ホテルがあなたをお迎えします。世界…

「ル・ロワイヤル・エヴィアン」、「パーク・ハイアット・パリ・ヴァンドーム」、「ル・カー・ドゥ」

フランスの最高級ホテル「パラス」で、極上の体験を-第2回

フランスのホテル格付けの最高位「パラス」の称号を得た極上ホテルがあなたをお迎えします。世界…