今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

FIAC -国際現代アート見本市、パリ

巨大な作品や、公道に設置されたインスタレーション、アート・パフォーマンスなど、秋の3日間、現代アートの熱気がパリ市内に満ち溢れます。

2018年、第45回目を迎える現代アート・ファンにとっての見逃せないイベント、FIACが、再びパリのグラン・パレで開催されます。いつものように、世界中の近代現代アートやデザインのギャラリーから選び抜かれた作品が展示されます。

今回初参加となるペルーとギリシャを含む世界25か国が、20世紀初頭からの優れた芸術作品の一大パノラマを紹介します。新人アーチストのためのラファイエット部門には、2018年、革新的な10軒のギャラリーが参加します。

屋外展示

グラン・パレの中央ホールのほか、サロン・ドヌール、上部ギャラリーのほか、ウィストン・チャーチル大通り全体が、現代アートの展示場となります。1900年の万国博覧会の時のように、大通りは、FIACの期間中歩行者天国となり、FIACの一環として彫刻やインスタレーションが展示され、そしてプチ・パレでも展示が行われます。

チュイルリー庭園にも20点ほどの作品が展示され、ヴァンドーム広場はFIACが選んだ1人のアーチストの表現の場となります。
さらに、サン・ジェルマン・デプレのウジェーヌ・ドラクロワ美術館でも、1人のアーチストの自由な作品発表が行われます。

パフォーマンス、講演会、芸術映画

FIACは、ミュージック・パフォーマンスやコンテンポラリー・ダンス、演劇などをパリの様々な文化スペースで行うフェスティバル・パラード・フォー・FIACを中心に、多彩で豊かな文化プログラムも提供しています。グラン・パレの中央ホールの下にあるカンバセーション・ルームでの講演会やウィストン・チャーチル大通りのシネフェメールでの芸術映画の上映も行われます。

関連
記事 

都市

パリジャン気分に浸れる場所-オテル・ド・クリヨン

改装を経て、先日仏ホテル最高の 格付け「パラス」を付与された、フランス新古典主義のアイコン、オテル・ド・クリヨン。18世紀のパリのエスプリと、現代のそれを融合し生み出された、時代を超越するエレガンスをあなたに。

美術館・博物館

お見逃しなく!パリの展覧会情報 2018-2019

今シーズンはどんな展覧会がパリの美術館や博物館で催されるのでしょう?印象派、ポップ・アイコン、過激なアンダーグラウンド・アート、キュビスム…多彩な分野とジャンルが陽気に混ざり合い、絵、彫刻、写真、音楽をもって表現されます。常識を覆す展覧会の数々、必見です!パリの週末を過ごすにはここがおすすめ、もちろん週末以外でも!

クルージング

セーヌ川クルーズに新たな価値を与えたアラン・デュカス

ノートルダム大聖堂、歴史ある橋、たくさんの遊覧船、いつも変わらぬ佇まいのそれらがセーヌ川のすべてだと思ったらそれは大間違いである。セーヌの魅力はとどまるところを知らない。フランス料理界の巨匠アラン・デュカスの厨房が水上クルーズしているなんて、それはもう驚くどころではないはずだろう。一体どういうことか、以下の1、2、3でお教えしよう。

ゴルフ

ライダーカップ2018に参加するゴルファー気分で ヴェルサイユを旅する

ヴェルサイユ宮殿から目と鼻の先で開催されるライダーカップ。この栄えある大会を味わうのに、世界屈指のゴルファーになる必要はありません。大会に参加するゴルファーたちと同じ経験ができる旅のアイディアをいくつか紹介しますので、ここヴェルサイユで、ゴルフとグルメの週末を楽しんでみませんか。

ライダーカップ

ライダーカップ2018の開催地、ル・ゴルフ・ナショナル

パリのすぐそば、サン・カンタン・アン・イヴリーヌにあるこの輝かしいコースで2018年9月、ライダーカップが開催されます。それこそが、ル・ゴルフ・ナショナルでプレーする理由のひとつでしょう。ですが、理由はそれだけにとどまりません…。

ゴルフ

ドルチェ・シャンティイ・ゴルフクラブで過ごす1日

名高いシャンティイ城から5分、パリの北40分の場所に位置するドルチェ・シャンティイ・ゴルフクラブはゴルファー、ファミリー、グルメに理想的。1日、あるいは週末をここで過ごして、ライダーカップの雰囲気に浸りましょう。