今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

ショーモン・シュール・ロワール城の国際庭園フェスティバル

新しい創作庭園を紹介するショーモン・シュール・ロワール城の国際庭園フェスティバルは、毎年、訪れる人々にたくさんの驚きを与えてくれます。2018年4月24日から11月4日までの第27回フェスティバルのテーマは、“思索の庭”です。

トゥールとブロワの間、パリから200㎞ほどのところに位置するショーモン・シュール・ロワール城は、ロワール川を見下ろす40mほどの高台にある自然のオアシスです。
城とその庭園は、年間を通じて一般に公開されていますが、4月から10月末までの期間、国際庭園フェスティバルが開催されます。

ショーモン・シュール・ロワール城は、ヴァル・ド・ロワール地方で、7月と8月の毎晩深夜まで見学できる唯一の文化観光施設です。ロウソクの光に照らされた城の夜間見学のほか、フェスティバル会場のイルミネーションや映画を見ることができます。

“クライン・ブルーの和風瞑想庭園、究極の現代庭園”

2018年のテーマ“思索の庭”では、珍しい植物や、幻の花や、奇抜な組み合わせの植物などが多数紹介され、フェスティバルはまさに骨董品の展示室のような様相を呈することでしょう。各庭園には、趣向を凝らした演出が施され、革新的なデザインや素材が用いられます。

また主催者によれば、今年も、作家のジャン・エシュノーズが審査員長を務めたコンクールで賞を受賞した、色彩とアイデアに満ちあふれた庭園が紹介されるとのことです。“まさに考えを表す吹き出し、クレイン・ブルーの和風瞑想庭園、究極の現代庭園、驚異の赤いアナモルフォーズ”が、あなたを待っています。

関連
記事 

建築

ルネサンスを代表する建築的偉業 シャンボール城

今から約500年前、ルネサンスの至宝シャンボール城の建設が始まりました。フランソワ1世が自らの権力を誇示するために建てさせたシャンボール城は、中世からルネサンスへの時代の変化が表れた真の建築的偉業と言えるでしょう。今日なお現存する最も謎めいたロワールの古城の一つ、シャンボール城についてさらに詳しく見ていきましょう。

カルチャー

「ルネサンス500周年」:2019年、見逃せないイベントの数々

2019年、ロワール渓谷はルネサンスの色が濃く表れた年になります。展覧会、スペクタクル、見学…この地方にある古城やその他の歴史的建造物が、文化と芸術の復興の時代ルネサンスの中枢へと訪れる人々をいざないます。France.fr が見逃せないイベントをご紹介しましょう。

モニュメント

シャンボール城:知っておくべき9つのポイント

シャンボール城は、フランソワ1世のために建設され、レオナルド・ダ・ヴィンチの構想によるものとされており、ロワール渓谷内の城のうちでも、最大の規模と威容を誇る城です。フランスのルネッサンスの代表建築であるとともに、芸術と文学をこよなく愛した支配者の権力の象徴でもありました。

カルチャー

クロ・リュセ城にあるレオナルド・ダ・ヴィンチの天才的発明品の数々

戦車、巨大カタパルト(投石機)、飛行機・・。レオナルド・ダ・ヴィンチが天才的に発明した数々のマシーンは、ロワール地方にあるクロ・リュセ城の庭園で実物大展示されており、実際に触れたり動かしたりすることができます。どれもが並外れた発明品でダ・ヴィンチの天才性を再確認するものであり、ダッソー・システムズ社の3D技術を使ったグラフィック映像により分かり易く学べるようになっています。

ワイン

注目すべき才能:有機ぶどう栽培者、ジェローム・ブルトドー

ロワール渓谷では、さまざまな世代のぶどう栽培者たちが、高い志をもって、大胆な方法で有機農業に取り組んでいます。ジェローム・ブルトドーもその一人。ジェローム・ブルトドーは好奇心が強く、アイデア豊富。それぞれのビンテージで自らを表現する。そんな彼が自分の土地を案内してくれました。

ロワール渓谷の古城

ヴィランドリ―城のルネッサンス庭園と建築

ヴィンドリー城は、ロワール川沿いで最後に建てられた大きな城です。ルネッサンス様式のひな壇式庭園が、トゥファでできたファサードと見事に調和しています。色彩豊かな庭園の傑作です !