今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

「魅惑のヴェネツィア」展(パリ)

18世紀のヴィネツィア美術が、グラン・パレ国立ギャラリーを席巻する。造形美術、音楽、ダンス、舞台を織り交ぜた前例のない展覧会は、2018年9月26日から2019年1月21日まで開催される。

絵画、オペラ、装飾美術、演劇、音楽……18世紀のヴェネツィアに関する展覧会がパリで催されるのはこれが初めてのことであり、ヴェネツィア芸術の頂点を極める展覧会と言っても過言ではないだろう。ヴェネツィア市立美術館群財団の協力のもと企画された18世紀芸術の大パノラマは、絶頂にあったヴェネツィア文明に多方面から迫り、ヨーロッパの芸術に与えた影響について新たな観点を投げかけるものとなっている。
ヴェネチア共和国を概観する展示第一部では、その唯一無二の佇まいが「静謐この上なき共和国」と称される一方、ヨーロッパ随一の祝祭の町でもあった当時の様子を再現する。そんな都市の暮らしに憧れ、外国人たちが殺到した。町のあちらこちらで鳴り響く音楽は貴族によって庇護されており、ヴィヴァルディはもちろんカストラート歌手ファリネッリも貴族の支援を受けて活躍していたし、オスペダリでは孤児の少女たちが音楽の基礎教育を受け、数十にも及ぶ劇場には常にオペラの公演が行なわれていた。また公式のお祝い事や豪華なレセプションともなると、カーニヴァルやカジノでそうするように皆がマスクをつけ、異なる社会階層が入り乱れるという奇抜な趣向がつきものであった。

ヴェネツィアン・ロココがもたらした影響

ヴェネツィアの芸術は諸外国に輸出された。展示第2部では、ヨーロッパのメセナたちが我先にと庇護を申し出た芸術家たちのディアスポラを扱う。ヴェネツィアン・ロココ(「ロココ」は石・砂利を意味する)とは、特に神聖ローマ帝国における芸術の一派を指し、ジャンバティスタ・ティエポロがヴュルツブルク司教館(ドイツ)の「階段の間」の円天井の絵を描いたことで知られている。
またヴェドゥータ(都市景観画)と呼ばれる、ヴェネツィアの見事な「景観」を写真のように細密に描いた絵画では、カナレットがもっとも名を馳せた一人であり、その作品はとりわけ外国人たちの心を惹きつけた。
展示第3部では、ヴェネツィアの神話に迫る。経済の衰退が始まっても、ヴァネツィアの栄華は神話化されていた。 近代イタリア喜劇の父、劇作家ゴルドーニはその作品に当時の社会の矛盾を分析して見せ、画家のピエトロ・ロンギは精彩溢れる日常の一場面を描いた中に、仮面を着けた人物——娯楽にうつつを抜かしているブルジョワ層——を配してみせた。

活気と刺激いっぱいの鑑賞ルート

華麗なるヴェネツィアのもっともダイナミックで壮大な時を物語るため、本展のアートディレクター、マシャ・マケイエフが考え出したのが、活気と刺激に満ちた鑑賞ルート。その場に現れた喜劇役者やミュージシャンが、展示された絵画、彫刻、オブジェ、その他のデッサンに呼応したパフォーマンスを見せる。また、定期的に行なわれるナイトミュージアムでは、普段よりすこし長い時間、仮面都市ヴァネツィアの不可思議なムードに浸っていただけることだろう。

実用情報 

Grand Palais, 3 Avenue du Général Eisenhower 75008 Paris
2018年9月26日~2019年1月21日
14ユーロ(割引適用で10ユーロ)

詳細情報 

イベントの外部リンク

実用情報 

Grand Palais, 3 Avenue du Général Eisenhower 75008 Paris
2018年9月26日~2019年1月21日
14ユーロ(割引適用で10ユーロ)

詳細情報 

イベントの外部リンク

パリ グラン・パレへのアクセス 

関連
記事 

ショッピング

ギャラリー・ラファイエットのクリスマスの舞台裏

小さい星の装飾や駐車場できらめくラメ以外には特に変わったところのない、ここ、サン・モール・デ・フォセ(Saint-Maur-des-Fossés)の住宅街。実は毎年クリスマスの2か月前になると、とあるアトリエで、ギャラリー・ラファイエットのクリスマスデコレーションの準備が行われているのです。少しだけ中の様子をのぞいてみましょう。

都市

パリジャン気分に浸れる場所-オテル・ド・クリヨン

改装を経て、先日仏ホテル最高の 格付け「パラス」を付与された、フランス新古典主義のアイコン、オテル・ド・クリヨン。18世紀のパリのエスプリと、現代のそれを融合し生み出された、時代を超越するエレガンスをあなたに。

美術館・博物館

お見逃しなく!パリの展覧会情報 2018-2019

今シーズンはどんな展覧会がパリの美術館や博物館で催されるのでしょう?印象派、ポップ・アイコン、過激なアンダーグラウンド・アート、キュビスム…多彩な分野とジャンルが陽気に混ざり合い、絵、彫刻、写真、音楽をもって表現されます。常識を覆す展覧会の数々、必見です!パリの週末を過ごすにはここがおすすめ、もちろん週末以外でも!

クルージング

セーヌ川クルーズに新たな価値を与えたアラン・デュカス

ノートルダム大聖堂、歴史ある橋、たくさんの遊覧船、いつも変わらぬ佇まいのそれらがセーヌ川のすべてだと思ったらそれは大間違いである。セーヌの魅力はとどまるところを知らない。フランス料理界の巨匠アラン・デュカスの厨房が水上クルーズしているなんて、それはもう驚くどころではないはずだろう。一体どういうことか、以下の1、2、3でお教えしよう。

ゴルフ

ライダーカップ2018に参加するゴルファー気分で ヴェルサイユを旅する

ヴェルサイユ宮殿から目と鼻の先で開催されるライダーカップ。この栄えある大会を味わうのに、世界屈指のゴルファーになる必要はありません。大会に参加するゴルファーたちと同じ経験ができる旅のアイディアをいくつか紹介しますので、ここヴェルサイユで、ゴルフとグルメの週末を楽しんでみませんか。

ライダーカップ

ライダーカップ2018の開催地、ル・ゴルフ・ナショナル

パリのすぐそば、サン・カンタン・アン・イヴリーヌにあるこの輝かしいコースで2018年9月、ライダーカップが開催されます。それこそが、ル・ゴルフ・ナショナルでプレーする理由のひとつでしょう。ですが、理由はそれだけにとどまりません…。