今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

ステファン・ティデ《迂回》展 パリ、コンシエルジュリ

2018年3月30日から8月31日まで、中世のフランス王の住居であり、革命時代には監獄として使われたコンシエルジュリで、フランス人芸術家のステファン・ティデが驚異のインスタレーションを展示します。

1910年のセーヌ川の大増水をテーマにしたインスタレーションが、コンシエルジュリに5か月間展示されます。セーヌ川の水の一部がコンシエルジュリの内部に作られた水路に引き込まれ、最後は、8mの高さの滝からセーヌ川に再び注ぎ込まれます。“迂回”と名付けられた、大掛かりで人目を引くインスタレーションです。

Détournement Conciergerie

ステファン・ティデは、2016年の市庁舎前広場の凍った森“眠り”や、ヴェルサイユ宮殿の庭園内の霜で覆われた彫刻“白い音”などで、パリの人々の間で有名になりました。今回は、1910年のセーヌ川の大増水からインスピレーションを得た作品を、増水の跡が今も残るコンシエルジュリに展示します。つかの間の川の迂回を可能にする構造は、セーヌ川から水をくみ上げるポンプから、内部と外部に二つある滝に至るまで、すべて木で作られています。

インスタレーションを楽しむための多彩な催しも開催

ノートルダム大聖堂に近いシテ島のセーヌ川沿いにたつコンシエルジュリは、パリを代表する建物の一つで、10世紀から14世紀にフランス王が住んだ広大なシテ宮殿の最後の遺跡の一つです。

フランス革命の時には、革命裁判所と監獄として使われ、監獄に幽閉されたもっとも有名な囚人がマリー・アントワネットです。王妃は、2か月間、コンシエルジュリに幽閉され、1793年10月に裁判を受けました。
毎日午前9時半から午後6時までの間の建物の通常見学のほか、インスタレーションを楽しむための数多くの催しが予定されています。例えば、5月23日午後6時半からの作者のステファン・ティデとの交流会(要予約)、5月30日午後6時半からの“町の成り立ちと歴史おける川の役割”についての講演会、歴史遺産の専門家による家族見学会などです。4月22日、29日、5月6日、6月10日の日曜日の午後2時からはお話を聞きながらの見学会も行われます。
さらに、5月9日と6月6日は午後9時まで、5月19日には博物館・美術館夜間見学の日に合わせて午後6時から午後11時半まで、夜間の見学も予定されています。

Détournement affiche

関連
記事 

料理

今夏、パリで人々を溶かすアイスクリーム

夏の魅惑的な喜び… パリに来れば、おいしいアイスクリームがあります。だからといって、何でもいいわけではありません! 今年6月、マレ地区の中心部にオープンした、ダヴィッド・ヴェスマエル氏の新しいアイスクリーム専門店“ラ・グラスリー”へご案内し、オリジナリティあふれる商品をご紹介しましょう。

料理

インスピレーションあふれるパティシエ、ピエール・エルメ

記念すべきサロン・ドゥ・ラ・パティスリー第1回が2018年6月15日から17日にかけてパリで開催されました。今回、名誉総裁を務めるパティシエのピエール・エルメ氏が、取材に応じてくれました。自身のインスピレーション、最近の傾向、思い出のお菓子、出身地アルザスの名物ほか、おいしいインタビューをどうぞ。

パリの秘密

パリ・ノートルダム大聖堂の6つの秘密

パリの中心で高くそびえるこの大聖堂は、850年以上にわたってシテ島を見守ってきました。ゴシック建築の至宝であり、フランス史の真の証人として、暗黒の時代を生きながらえたのです。中世から20世紀まで、パリ・ノートルダム大聖堂にまつわる6つの知られざる秘密が、ここに紐解かれます。

スポーツ

サッカーの魔力:見たことのないフランス

サッカーのフランス代表は時に、お祝いムードに包まれた予想外のサプライズをしてくれることがあります。それはW杯優勝という快挙だけが国民にもたらす比べ様のない喜びです。フランス代表のファンだけではなく、全ての人に楽しんで頂けるビックリするような、または笑ってしまうイメージ10選をお送りします!

舞台裏に潜入#3

流行のパン屋さんユートピの舞台裏‐絶品のパンができるまで‐

パリで最もロマンチックな愛の物語がパンだとしたら・・。パリでは街のあちらこちらにパン屋さんがありますが、これらが無いパリはどんなに寂しい街になってしまうことでしょう。店内から焼きたてパンの香ばしい匂いが漂い、店の前を行き交うパリジャン達を惹き付けて止まないパリ11区のパン屋さんユートピの舞台裏に潜入しました。

舞台裏に潜入#4

ヴァンドーム広場にある老舗宝飾店の舞台裏

パリ中心部にあるヴァンドーム広場は、世界屈指の老舗宝飾店が軒を連ねることで知られます。美しい建築が並ぶ四角形の広場に、国際的に名を知られたジュエリーや時計の高級ブランドが並んでいます。その中のひとつヴァンクリーフ&アーペル社は、伝説的な創作ジュエリーを通じてフランスならではの卓越した技術を体現しています。