今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

「アルフォンス・ミュシャ」展

アールヌーヴォーの崇拝の的、アルフォンス・ミュシャがパリに帰ってくる。2018年9月12日か2019年1月27日にかけて開催される回顧展は、1980年以来初となる。画家に名声をもたらした有名なポスターの数々のみならず、スラヴ民族を鼓舞したアーティストのほとばしる才能を知る格好の機会となる。

アルフォンス・ミュシャといえば、うねるような曲線づかいに花に囲まれた女性像という、アールヌーヴォーの象徴するポスター画を思い浮かべることだろう。そのミュシャが、のちにチェコ共和国となる故国に献身するスラヴの文化と民族の礼賛者であったという第二の顔を持っていたことはあまり知られていない。
リュクサンブール美術館で開催されるミュシャ展は、1980年にグランパレで開催された回顧展以来であり、ミュシャの知られざる姿を明らかにし、一筋縄ではいかない作品の魅力をこの多作なアーティストのもとに還すものである。

女優サラ・ベルナールとの決定的な出会い

ボヘミア王国の一部であったモラヴィア出身のミュシャは、27歳でパリに渡ると、すぐにポスター画家、イラストレーターとして働き始める。そして、舞台女優のサラ・ベルナールとの出会いが、ミュシャのキャリアを大きく前進させる。サラ・ベルナール主演の悲劇『ジスモンダ』のために異例の短期間で完成させたポスターは、それに続くポスター制作を画家に約束するものとなった。

装飾品、ポスター、絵画、写真、パステル画

ゴーギャン、ロダンの友人にして多才なアーティストであったミュシャは、装飾家、インテリアデザイナーとしても手腕を発揮した。パリのロワイヤル通りにある有名宝飾店ジョルジュ・フーケの内装を担ったのはミュシャであり、今日、カルナヴァレ博物館にその再現が展示されている。その他、リュクサンブール美術館には、アラベスク模様や植物モチーフをふんだんに配したミュシャ制作の装飾品が、ポスター、絵画、写真、パステル画とともに展示されており、ミュシャの美的感覚があらゆる形態のもとで発揮されていたことを物語る。
晩年のミュシャが30年にわたって心血を注いだ大作は、当時オーストリア=ハンガリー帝国に属国となっていたチェコの人々の風習を描く壮大なプロジェクトであった。展示された大量の下絵からは、それがいかに大規模な事業であったかをうかがい知ることができ、20枚の巨大な画布には高さ8mを超えるものある。チェコ解放前夜、アルフォンス・ミュシャはスラヴ民族の叙事詩を描いたのだ。

リュクサンブール美術館へのアクセス 

関連
記事 

美術館・博物館

お見逃しなく!パリの展覧会情報 2018-2019

今シーズンはどんな展覧会がパリの美術館や博物館で催されるのでしょう?印象派、ポップ・アイコン、過激なアンダーグラウンド・アート、キュビスム…多彩な分野とジャンルが陽気に混ざり合い、絵、彫刻、写真、音楽をもって表現されます。常識を覆す展覧会の数々、必見です!パリの週末を過ごすにはここがおすすめ、もちろん週末以外でも!

クルージング

アラン・デュカスはいかにしてセーヌのクルーズに新たな価値を与えたのか

ノートルダム大聖堂、歴史ある橋、たくさんの遊覧船、いつも変わらぬ佇まいのそれらがセーヌ川のすべてだと思ったらそれは大間違いである。セーヌの魅力はとどまるところを知らない。フランス料理界の巨匠アラン・デュカスの厨房が水上クルーズしているなんて、それはもう驚くどころではないはずだろう。一体どういうことか、以下の1、2、3でお教えしよう。

ライダーカップ

ライダーカップ2018の開催地、ル・ゴルフ・ナショナル

パリのすぐそば、サン・カンタン・アン・イヴリーヌにあるこの輝かしいコースで2018年9月、ライダーカップが開催されます。それこそが、ル・ゴルフ・ナショナルでプレーする理由のひとつでしょう。ですが、理由はそれだけにとどまりません…。

ゴルフ

ライダーカップ2018に参加するゴルファー気分で ヴェルサイユを旅する

ヴェルサイユ宮殿から目と鼻の先で開催されるライダーカップ。この栄えある大会を味わうのに、世界屈指のゴルファーになる必要はありません。大会に参加するゴルファーたちと同じ経験ができる旅のアイディアをいくつか紹介しますので、ここヴェルサイユで、ゴルフとグルメの週末を楽しんでみませんか。

ゴルフ

ドルチェ・シャンティイ・ゴルフクラブで過ごす1日

名高いシャンティイ城から5分、パリの北40分の場所に位置するドルチェ・シャンティイ・ゴルフクラブはゴルファー、ファミリー、グルメに理想的。1日、あるいは週末をここで過ごして、ライダーカップの雰囲気に浸りましょう。

ゴルフ

パリの西部にある魅力あふれるゴルフ場8選

ライダーカップの舞台として、ル・ゴルフ・ナショナルは伝説のコースの仲間入りを果たすことになりましたが、パリの西部にはほかにも思わずドライバーを握りたくなるような華麗で名高いゴルフ場が揃っています。その中から8つのサイトを紹介しましょう。