今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

光のシャルトル

2018年4月14日土曜日から、シャルトルで、第15回光のシャルトルが始まります。毎年恒例の壮大なナイト・スペクタクルで、10月13日までの毎晩、日暮れから午前1時まで、見る者に驚きと感動を与えてくれます。

歴史豊かなシャルトル市内の様々な名所が、音楽を伴ってライトアップされます。今年は、市内23か所以上の場所がこの上なく美しい光の衣装をまとい、息をのむような素晴らしいナイト・スペクタクルを見せてくれます。

伝統の愛のテーマをコミカルに表現。

2018年版光のシャルトルでは、3つの新しい演出が行われます。サント・フォワ礼拝堂では、巨大なタッチパネルを使って、観客が、礼拝堂のファサードに、120もの組み合わせの中から自分だけのイルミネーションを作り出すというインタラクティブな仕掛けが用意されます。
シャルトル劇場とサン・タンドレ参事会教会のファサードでも、新しいスペクタクルを見ることができます。主催者によれば、シャルトル劇場でのスペクタクルは、伝統の愛のテーマをコミカルに表現したものになるそうです。

関連
記事 

建築

ルネサンスを代表する建築的偉業 シャンボール城

今から約500年前、ルネサンスの至宝シャンボール城の建設が始まりました。フランソワ1世が自らの権力を誇示するために建てさせたシャンボール城は、中世からルネサンスへの時代の変化が表れた真の建築的偉業と言えるでしょう。今日なお現存する最も謎めいたロワールの古城の一つ、シャンボール城についてさらに詳しく見ていきましょう。

カルチャー

「ルネサンス500周年」:2019年、見逃せないイベントの数々

2019年、ロワール渓谷はルネサンスの色が濃く表れた年になります。展覧会、スペクタクル、見学…この地方にある古城やその他の歴史的建造物が、文化と芸術の復興の時代ルネサンスの中枢へと訪れる人々をいざないます。France.fr が見逃せないイベントをご紹介しましょう。

モニュメント

シャンボール城:知っておくべき9つのポイント

シャンボール城は、フランソワ1世のために建設され、レオナルド・ダ・ヴィンチの構想によるものとされており、ロワール渓谷内の城のうちでも、最大の規模と威容を誇る城です。フランスのルネッサンスの代表建築であるとともに、芸術と文学をこよなく愛した支配者の権力の象徴でもありました。

カルチャー

クロ・リュセ城にあるレオナルド・ダ・ヴィンチの天才的発明品の数々

戦車、巨大カタパルト(投石機)、飛行機・・。レオナルド・ダ・ヴィンチが天才的に発明した数々のマシーンは、ロワール地方にあるクロ・リュセ城の庭園で実物大展示されており、実際に触れたり動かしたりすることができます。どれもが並外れた発明品でダ・ヴィンチの天才性を再確認するものであり、ダッソー・システムズ社の3D技術を使ったグラフィック映像により分かり易く学べるようになっています。

ワイン

注目すべき才能:有機ぶどう栽培者、ジェローム・ブルトドー

ロワール渓谷では、さまざまな世代のぶどう栽培者たちが、高い志をもって、大胆な方法で有機農業に取り組んでいます。ジェローム・ブルトドーもその一人。ジェローム・ブルトドーは好奇心が強く、アイデア豊富。それぞれのビンテージで自らを表現する。そんな彼が自分の土地を案内してくれました。

ロワール渓谷の古城

ヴィランドリ―城のルネッサンス庭園と建築

ヴィンドリー城は、ロワール川沿いで最後に建てられた大きな城です。ルネッサンス様式のひな壇式庭園が、トゥファでできたファサードと見事に調和しています。色彩豊かな庭園の傑作です !