アヴィニョン演劇祭

演劇界を代表する夏のイベント

1947年に演出家ジャン・ヴィラールによって始められたアヴィニョン演劇祭は、世界で最も古く、最も有名な演劇フェスティバルのひとつです。

演劇祭が開始された当時は古典劇に限って上演されていましたが、やがて現代劇も上演されるようになります。そして今日ではダンス、ミュージカル、操り人形劇をはじめ、さまざまな形の幅広いパフォーマンス・アートが取り上げられています。

公式のアヴィニョン演劇祭は通常「イン」と呼ばれますが、それに並行して「オフ」と呼ばれる自主公演も行われており、国内外から600の劇団が参加して大変な成功を収めています。
伝説の広場、教皇庁の前庭を中心に、市内100か所以上の場所で、いろいろなジャンルの舞台芸術、パフォーマンスが上演され、アヴィニョンは巨大な芸術バトルの場となります。

詳細情報 

イベントの外部リンク