地中海を臨むコート・ダジュールの村7選

コート・ダジュール沿岸、ニースからカンヌにかけてのビーチや岬、入り組んだ小道や遊歩道はお好きですか? それならコート・ダジュールの内陸部の見晴らしの良い鷲ノ巣村もお気に召すはず。数キロメートル先には、地中海やアルプス山脈の息を呑むほど美しい景色が広がります。高台で涼を楽しむなら、カフェのテラスでのんびりするか、日陰の路地をふらりと散歩するか、はたまた、素敵な美術館や名所を訪ねるか……。わたしたちが厳選したスポットをご紹介します。

ヴァンスは見逃せない

前に海、後ろに切り立った山。断崖の台地にあるヴァンスVenceは、まるで時が封じ込められたような場所。中世の家屋、居心地のよい広場、商店やギャラリーをあちらこちらへ、趣きのある狭い路地をそぞろ歩きましょう。ヴァンスから数キロメートルに位置し、マーグ財団美術館で知られるサン・ポール・ドゥ・ヴァンスSaint-Paul de Venceは、芸術家たちや職人たちに愛されるコート・ダジュールの小村です。アンリ・マティスは、ここに、白壁に艶やかな青い瓦葺き、コート・ダジュールの美しい陽光を通すステンドグラス備えたロザリオ礼拝堂を建てました。
おすすめ記事: コート・ダジュールで一目惚れするアート・スポット10選
ヴァンス観光局公式サイト (外部リンク) (英語)

エズの鷲ノ巣村

中世に造られた鷲ノ巣村、エズは、地中海の高台に位置し、かつての要塞を螺旋状にぐるりと覆うエキゾチック植物園があります。ここはコート・ダジュールでもっとも美しい場所のひとつであるのはもちろんのこと、遠くサン・トロペ湾のあたりまで地中海の景色を一望できる、コート・ダジュールでおそらくもっとも壮大なパノラマを有する場所でもあります。商店、職人たちの工房、香水の工場、星付きのホテルやレストランが、美しく調和のある街並みをなしています。エズ村の麓は海に縁取られ、小粋なベルエポック様式の別荘が立ち並ぶ小さな海水浴場とひとつづきになっています。
エズ村観光局公式サイト (外部リンク) (英語)

ジレットの穏やかな暮らし

標高400mの高台にあるこの美しい村を目指して、カーブを曲がる我々の目に映るのはかつての城の跡。切り立った岩壁の上の廃墟、エギーユ城は、800年にわたってジレット村Giletteと住人を見守ってきました。色とりどりの建物が並ぶ静かな路地からは、ジレット村の穏やかな暮らしと伝統を重んじる心が伺えます。かつての共同洗濯場や、噴水、オリーブ油製造所、民芸館など、新鮮な興味にかき立てられて足を止めたくなるスポットが盛りだくさんです。見晴台と城の前庭からは、村、山々、周辺の川、地中海が遠くで織りなす絵画のような眺望が開け、ここまで登ってきた勇敢な者たちの労をねぎらいます。
ジレット村公式サイト (外部リンク) (フランス語)

芸術家の村、カーニュ・シュル・メール

カーニュ・シュル・メールCagnes-sur-Merといえばビーチ、そして、青空の下でショッピングが楽しめるこの地で一番の商業施設「ポリゴーヌ・リヴィエラPolygone Riviera」があります。また、高台には、中世に歴史を遡る昔ながらの村とグリマルディ城美術館Grimaldiがあり、城の射眼からはいずれも海が見下ろせます。オー・ドゥ・カーニュHaut-de-Cagnesは、著名人や、画家オーギュスト・ルノワールのような芸術家を大勢魅了してきました。ルノワールが暮らしたコレット荘は見学することができます。美しい花々が咲く邸宅と歩道に囲まれた村の大広場では、南仏訛りの地元住人たちがペタンクをするのを見物したり、夕焼けに見とれて遅くまで過ごしたりするのもおつなものです。
おすすめ記事: 画家たちのコート・ダジュールを体験する5つの方法
カーニュ・シュル・メール観光局公式サイト (外部リンク) (英語)

絵画のようなカロ村

メルカントゥール国立公園の山の頂を遠景に、中世の伝統的な建造物、古くからある家々、いまは現代美術館として使われている城を抱えるカロ村Carros。アルプ・マリティムAlpes-Maritimesの絵になるスポットのランキングリストにカロが名前を連ねるのは、至極当然のことでしょう。標高400メートルから望むヴァール平原、海からアルプスの山々までの景色が村を訪ねる人たちの目を楽しませています。
カロ村観光局公式サイト (外部リンク) (英語)

白き村、トゥレット・ルヴァン

一方には海、他方には山。トゥレット・ルヴァンTourrette-Levensの高台からは、どこを切り取っても格別の景色が望めます。この地でもっとも美しかったという古城の四角塔を囲んで広がる村は、一目で人々を魅了してしまいます。白い石造りの城壁と住宅は、見事な構成で階段状に並んでおり、その調和のとれた佇まいたるや、しばしゆっくりと眺めていたくなるほど。自然史と蝶、伝統工芸、先史時代といった、さまざまなテーマの博物館が無料で見学できるのも嬉しいところです

トゥレット・ルヴァン公式サイト (外部リンク) (英語)

ファリコンの要塞村

オリーブとイチジクが茂る丘の上に、ニースの町から天に突き出したようなファリコン村Faliconがあります。その姿は、まるで偉大な隣人ニースを見守っているかのようです。防御用に設けられた門が口を開ける城壁の向こうには、村がどっしりとそびえ立っています。しかし、階段状の路地を歩き、石畳の広場やアーチ状の開口部を抜け、バロック様式のパステルカラーの家々や外壁に描かれた見事なフレスコを見ていると、その美しい街並みに、急坂をよじ登っていることを忘れてしまいます。Bellevue(絶景)という名前の通りの見晴台からは、圧巻の大パノラマを望むことができます。

他のアイデア
を見る