この冬コート・ダジュールで絶対はずせないイベント6選

ニースのカーニバルやミモザ祭りの山車行列、ミモザ街道、カンヌのダンス・フェスティバルなど、コート・ダジュールの冬は、お祭りやアート・イベントで活気づきます。この時期は観光客が比較的少なく、また、穏やかな気候と明るい光を楽しめる時期でもあります。ぜひ、旅行を予定してみてください。

優雅なカンヌ・ダンス・フェスティバル

コート・ダジュール、カンヌ・ダンス・フェスティバルは、ロマン派バレエ『ジゼル』から、モーリス・ベジャール、ヒップホップまで、熱心なダンス・ファンやダンスに興味のある人々に満足いただける多彩なプログラムを用意しています。今年は規模を拡大し、カンヌで15公演、アンティーブおよびニース、カロス、グラース、ムジャンで6公演をおこないます。この一大イベントには、野心的で革新的な振付家たちが率いる24のダンス・カンパニーが世界中から参加します。3公演の世界初演に加え、このフェスティバルのための特別公演もおこなわれます。
2019年11月29日~12月15日
詳細はこちら (外部リンク)

華やかなニースのカーニバル

ニースのカーニバルのハイライトは、ミモザやマーガレット、カーネーション、バラ、ユリなどの花が観客に向かって投げられる花合戦です。この習慣は、昔から花を栽培してきたニースの街の歴史をさりげなく示すものでもあります。フレンチ・リビエラ最大のニースのカーニバルでは、たくさんの山車が創造性を競い合い、20メートルもの高さのある巨大な人形が練り歩くカーニバル・パレードもおこなわれます。また、5つのイルミネーション・パレードが魔法にかけられたような夜の街で明るく輝き、最後のパレードにはカーニバルの王様が登場します。2020年のテーマは「モード」。とてもフランスらしいテーマです。
2020年2月15日~19日
詳細はこちら (外部リンク)

サン・トロペの魔法のようなクリスマス

サン・トロペは12月6日から早くもクリスマス気分でいっぱいです。おとぎ話から出てきたようなショーウィンドーやスケートリンク、おいしい食べ物のスタンドや馬車が登場し、大晦日には花火が盛大に打ち上げられます。有名なサン・トロペの港では、黄土色の建物の正面をイルミネーションが飾り、冬景色もまるで絵のようです。サン・トロペのクリスマスは、プロヴァンス伝統のクリスマスであり、ミゼリコルド礼拝堂には大規模なクレッシュ(キリスト生誕の場面を再現した模型)が置かれ、キリスト生誕の場面をセリフと歌で表現した「パストラル」Pastoraleという劇や、プロヴァンス地方のクリスマスの歌のコンサートがおこなわれます。
2019年12月6日~2020年1月5日
詳細はこちら (外部リンク)

マントンのフレッシュなレモン祭り

マントンのレモン祭りでは、さまざまなグループによる、柑橘類でできた巨大なオブジェの山車が引かれます。ビオヴェス公園ではオレンジやレモンを使った彫刻が展示され、路上パフォーマンスもおこなわれます。夜には音と光のパレードや夜間の展示を楽しむこともでき、15日間にわたって、街では熱狂とともに、すばらしい果物のお祭りが続きます。マントンの果樹園や丘には、冬でも温暖な気候のおかげで特別な土壌ができていて、酸味の少ない甘い味わいのレモンが採れます。お祭りはちょうど柑橘類の旬の時期に開催されますので、食べてみたいと思ったら、ぜひ試してみてください。
2020年2月15日~3月3日
詳細はこちら (外部リンク)

メルヴェイユ渓谷のスポーティなトレイルランニング

オリーブ畑と松林に覆われたマントン郊外のロワイヤ渓谷。メルヴェイユ渓谷のトレイルランニングはブレイユ・シュール・ロワイヤを出発し、その中を駆け抜けます。コースは全長およそ28km、標高差1900m。参加者は、未舗装の道路をメルカントゥール国立公園の雪をかぶった山々の頂や地中海を眺めながら走ります。いちばん短く、参加しやすいコースは全長およそ15mのもので、マラソン愛好家や美しい景色を見るのが好きな人は、きっと気にいることでしょう。
2020年3月1日~
詳細はこちら (外部リンク)

花いっぱいのミモザ街道

ボルム・レ・ミモザからグラースを結ぶミモザ街道は、手つかずの自然を抜け、地中海沿岸のいくつかの街を通る街道です。街道上にはミモザの花の群生地やミモザをテーマとしたお祭りがおこなわれる町があります。ここでは、風景を明るく彩り、目を楽しませ、空気をいい香りで満たす、黄色く丸いミモザの花々を堪能することができます。この機会に、鷹の巣村や、果樹園、海辺の公園を訪れ、今年100年周年を迎えるボルム・レ・ミモザの花の山車行列を見物してみてもよいでしょう。真冬に春の訪れを告げる色彩あふれる楽しいひとときとなるでしょう。
2020年1月~2月末
詳細はこちら (外部リンク)