フランスのアール・ド・ヴィーヴルが映画に

header cinema art de vivre

第72回カンヌ映画祭の一環で、ユニフランスとフランス観光開発機構France.frが、フランス映画の様々なシーンをつないだプロモーションビデオを3本配給します。「フランス映画はお好き?ならご覧になって!」と題するシリーズもの。これぞアール・ド・ヴィーヴル・・・。フランスの各地方とそれぞれの楽しみ方を発見したいという、抗しがたい欲求に任せるのみ。太陽、ブドウ畑、料理、散策・・・映画の中だけではありませんよ。

フランスのアール・ド・ヴィーヴルは、映画の中でアクセル全開。料理をしたり、ゆっくりと時間をかけて太陽を満喫したり、ブドウの木々に優しく降り注ぐ雨を眺めたり、髪を風に吹かれながら馬上の散策を楽しんだり、そんなシーンがフランス映画には満載です。またフランス各地の景色、ノウハウ、特色ある土壌に着想を得たシーンもフランス映画につきものです。

ギヨーム・カネと仲間たちの真似をして、アルカション湾に大西洋散策コースを整備してみたい。あるいはイザベル・ユペールのようにビストロのテーブルについて、まるで生死を分ける深刻な問題であるかのような口調で「注文します?」とやってみたい。さらにはまた、ジェラール・ドパルデューとブノワ・プルヴォールドみたいに、最高級ワインを平らげる前に爆笑してみたい(平らげた後に爆笑するのもありかもしれませんが)。そんな欲求に逆らうことは難しいですね。

アルプス、ボルドー地方、ブルゴーニュ、大西洋岸、コートダジュールにプロバンス・・・。フランスのアール・ド・ヴィーヴルとは、言うなればこれらすべてなのです。そしてそれは、映画の中だけのことではありません。

プロモーションビデオ「フレンチ・アール・ド・ヴィーヴル」は、以下の映画のシーンで構成されています。
※日本で未公開のため邦題のない映画に関しては、原題を記載しています。

  • Alceste à Bicyclette(自転車のアルセスト、フィリップ・ル・ゲイ)
  • アヴァ(レア・ミジウス)
  • Barbecue(バーベキュー、ステファン・クラウト)
  • お帰りブルゴーニュへ(セドリック・クラピッシュ)
  • セザンヌと過ごした時間(ダニエル・トンプソン)
  • Comme un avion(飛行機のように、ブリュノ・ポダリデス)
  • エルElle(ポール・バーホーヘン)
  • L'Amour est une fête (愛はお祭り、セドリック・アンジェ)
  • L'Amour flou (曖昧な愛、ロマーヌ・ボランジェ&フィリップ・ルボ)
  • L'Ecole buissonière(気ままな学校、ニコラ・ヴァニエ)
  • L'Odyssée (冒険旅行、ジェローム・サル)
  • 美しいとき(カトリーヌ・コルシニ)
  • アラン・デュカス、宮廷のレストラン(ジル・ドゥ・メストル)
  • Le Goût des merveilles(不思議な魅力、エリック・ベナール)
  • Les Estivants(夏の滞在客、ヴァレリア・ブルーニ-テデスキ)
  • 田舎の守り人たち(グザヴィエ・ボーヴォワ)
  • 君のいないサマーデイズ(ギヨーム・カネ)
  • 大統領の料理人(クリスチャン・ヴァンサン)
  • 愛を綴る女(ニコール・ガルシア)
  • Marseille(マルセイユ、カッド・メラッド)
  • ミニスキュル~失われた蟻の渓谷(トーマス・サボ&エレーヌ・ジロー)
  • On a failli être amies (友達になれそうだった、アンヌ・ル・ニイ)
  • Otez-moi d'un doute (Just to Be Sure、カリーヌ・タルデュー)
  • プラネタリウム(レベッカ・スロトヴスキ)
  • ブルゴーニュで会いましょう(ジェローム・ル・メール)
  • Saint Amour(サンタムール、ギュスターヴ・ケルヴェン&ブノワ・テレピン)
  • Tu sera mon fils(お前は俺の息子になるだろう、ジル・ルグラン)
  • Un amour impossible(ありえない愛、カトリーヌ・コルシニ)
  • Tout là-haut (To The Top、セルジュ・アザナヴィシウス)