ブルターニュでゴルフ三昧を楽しむ8つの方法

夢にまで見たリンクス、青々としたグリーン、素晴しい食事、極上のスパ。ブルターニュでは、豊かな自然に囲まれてのんびりと、ゴルフ三昧のバカンスを満喫できます。
古き良き時代の魅力

⛳️ 🌴🐔👌☀️⛳️️

Une publication partagée par Arthur B. (@artbes) le

バカンスのスタートは本格的に、フランスで2番目に古いリンクス、ディナール・ゴルフ場から始めましょう。18ホール回った後には、夕陽に赤く染まるサン・マロの城壁があなたを待っています。

さまざまなニュアンスの緑

Beautiful course on the French coast this week! Excited to get rolling tomorrow. #cordonopen #birdies @challengetour

Une publication partagée par Brinson Paolini (@brince_p) le

海沿いにあるブルー・グリーン・プレヌフ・ヴァル・アンドレ・ゴルフ場は、絵に描いたかのような断崖絶壁から、雨の多いブルターニュの気候で十分に潤ったふかふかのグリーンまで、変化に富んだ景色とコースが楽しめます。

庭園の中にある9ホール

Et bruncher ... #brunch #soleil #golfcapmalo #dimancheenfamille #slowlife

Une publication partagée par Marie (@instants.2.vie) le

レンヌから5分の場所にあるキャップ・マロ・ゴルフ場では、コースにさまざまな木々と花々が植えられているだけでなく、ゴルフの後には素敵なブランチが待っています。

ポケットの奥にブルターニュの味を忍ばせて

グリーンの上でのひそかな楽しみは、ポケットの奥にそっと忍ばせた、美味しいブルターニュの塩バターキャラメル。しっかり包まれていれば、(あまり)とける心配はないでしょう。

難しい選択

自然をたっぷり楽しみたい日には、アルモリック地方自然公園ブレスト・イロワーズ・ゴルフ場のすぐ近くにあります。9ホールか18ホールか、ゴルフかハイキングかで、きっと迷ってしまうでしょう。

究極の息抜き

美しいキブロン半島の最果てで、波を眺めつつ、世界最高クラスのタラソテラピーセンターのスペシャリストのマッサージを受けて、日頃のストレスを解消しましょう。

不思議な動物たち

サン・サムソン・ゴルフ場へと向かう途中では、ツノメドリやアザラシをはじめ、セット・イル自然保護区に棲むさまざまな珍しい生き物が姿を現すかもしれません。

巨石記念物との出会い

ガヴリニス島では、素晴しい鳥類保護区の中にあるリュイス・ケルヴェ・ブルー・グリーン・ゴルフ場へと向かう前に、ブルターニュで最も見事なドルメンのひとつを訪れてみてください。

ブルターニュへの行き方 

他のアイデア
を見る