南ブルゴーニュ、ソーヌ・エ・ロワーヌでサイクリング

ソーヌ・エ・ロワーヌ(Saône-et-Loire)がサイクリング愛好者に人気なのは、単なる偶然ではありません。ここはフランスで最初にヴォワ・ヴェルト(緑の道)が誕生した場所であり、自転車を利用したツーリング用に、自然にあふれた心地の良いルートがいくつも存在します。

その中でも、特におすすめなのは南ブルゴーニュ大周遊路(Grande Boucle de Bourgogne de Sud)という、シャロン・シュル・ソーヌ(Chalon-sur-Saône)とマコン(Mâcon)を往復するルートです。特別なトレーニングや身体能力は必要なく、どなたでもモーターを使わないツーリングをお楽しみいただけます。ソーヌ河の河岸を走ったり、ブドウ畑の中を走ったりするこのルートには、ロマネスク建築の傑作であるクリュニー修道院(abbaye de Cluny)やトゥールニュ修道院(abbaye de Tournus)といったスポットがいくつもあります。

アプリ« Voie Verte 71 »をダウンロードして、旅へと出かけましょう!道中では思うままに自然遺産や文化遺産をお楽しみください。見どころのあるスポットに近づいた際には、アプリで通知を受け取ることができます。
このアプリケーションは英語版もあります。ストアにて無料でダウンロードでき、オフラインでもご使用いただけます。

他のアイデア
を見る