アルカション湾の周辺で、指折り数えて夏を待つ8つの方法

太陽の日差しが眩しくなり、日が長くなってきたら、人が押し寄せ車が渋滞する前に出かけましょう。ここだけの話、アルカション湾では他の3つの季節もよいですが、春が最高のシーズンです。
2人乗り自転車1台+自転車3台+サイクルトレーラー1台+ヘルメット6個

19世紀築のお屋敷からカップ・フェレの涼しい松林まで、あなたのグループが道に迷うことはないでしょう。サイクリングロードを進めばよいだけですから。

あなた+波+水平線

The most stunning little fishing village we have ever seen 🌾 . . . #travel #explore #fishing #village #dream #colours

Une publication partagée par Muramari™ (@themuramari) le

カップ・フェレの先端までやって来ました。湾が大海原と一つになり、風と水の流れが激しくなります。静かに瞑想にふけりたければ、これが最後の機会でしょう。

牡蠣12個x恋人2人

数少ないテーブル。間に合わせの日除け。素晴らしい眺め。「カバンヌ(Cabanes)」から「ラ・コンシュ(La Conche)」まで、メニューは非常にシンプル。牡蠣、牡蠣、牡蠣。まさに牡蠣一色。ラッキーなことに、まだ牡蠣のおいしい季節です。

平底船+ピクニック+友だち

まだ夏ではないものの、まるで夏のよう。「ピナス(pinasse)」という心和む名前の木の船の舵を取って、湾を渡り、ピロティの上に建つ小屋があるオワゾー島を目指しましょう。

空を飛ぶスリルx眺めの美しさ

砂に足を取られながら、苦労してここまで上って来たのですから、後戻りするなんてとんでもありません。パラグライダーが離陸し、あなたはピラ砂丘、アルガン砂州、松林などの上を飛行します。いつまでも思い出に残る光景です。

ビーチx(真正さ+魅力)

すべてを捨ててもここに住みたいと思えるような場所があります。レルブ村は、そんな場所の一つですから、要注意。漁師たちの小屋、カラフルな雨戸、風情ある路地。道を曲がるたびに海が目に飛び込んできます。

東洋趣味x建築家の妄想

もちろん見学可能です。でも船でこの建物沿いを進むと、さらに興味深いです。ネオムーア様式で極彩色、このアルジェリアの邸宅の風変わりな礼拝堂は、カップ・フェレの砂地と松林を背景に、エキゾチックに異彩を放っています。

美しいテラス+完璧な静けさ

6月に入ると、ここのレストランは人でいっぱいになります。しかしまだ春の今日は、ムロー地区のシックなテラスには、あなたとあなたのサングラス、そして何人かのお忍びのスターたちだけです。

より詳しく知るには:

アルカションへの行き方