ボルドーを1日でまわる

bordeaux cité du vin 3 - opt header

短時間でボルドーをめぐるとしたら、どこへ行けば良いでしょう? ガロンヌGaronne川のほとり、サン・ミシェルSaint-Michel地区からワイン博物館シテ・デュ・ヴァンCité du Vin、シャルトロンChartronsのスケートパーク、ピエールPierre橋などがおすすめです。ボルドーに行きたくなるような魅力的なスポットをご紹介します。さあ、出発しましょう!

時間のないときは、ガロンヌ河岸の前に、街の雰囲気がよくわかる場所に行きましょう。まずシャバン・デルマスChaban Delmas橋から岸へ向かいます。サン・タンドレ大聖堂Cathédrale Saint Andréの上から太陽の光が差しこみます。

次にブルス広場Place de la Bourseへ。夏になると有名な水鏡ができて、涼を求める人々でにぎわいます。サン・ミシェル大聖堂の尖塔、ピエール橋、サン・ミシェル地区、活気あるマルシェから、ガロンヌ川のみごとな眺めも楽しめます。

グラン・テアトルGrand Théâtreの広場は一日じゅうにぎやかです。グラン・テアトル(大劇場)は、オペラシーズンにはボルドー国立歌劇場として使われ、それ以外の時期はオペラ劇場バレエなどの公演があります。次はシャルトロン埠頭にあるスケートパークに向かいます。ローラースケートやバイシクルモトクロスを楽しめる今注目のスポットです。

ちょっと回り道して、ペイ・ベルランPey Berland広場、サン・タンドレ大聖堂Cathédrale Saint-André、ペイ・ベルラン塔を見物して、そのあとボルドー市庁舎へ行きましょう。

シテ・デュ・ヴァンの夕日

日暮れとともに、ラ・バスティードLa Bastide地区とピエール橋のあいだでこの小旅行も終わりを迎えます。ガロンヌ川と空が夕焼け色に染まるのを、川の対岸から眺めましょう。青、バラ色、薄紫、そしてきらきらとした光がシテ・デュ・ヴァンの現代的な輝くシルエットを覆います。シテ・デュ・ヴァンでは、ワイン畑やワインに関するさまざまな展示(教育、芸術)を行っています。

ボルドーにはそのほかにも、ユネスコの世界遺産に登録された建築物がいくつかあります。街の公園や庭園を散歩したり、クリエーターたちの小さなショップで思いがけない素敵な品に出会ったり、テラスでカヌレを食べたり… ボルドーにはまだまだたくさんの魅力があります。ぜひ実際に足を運んでください。さあ、ボルドーへ!