アルプス山脈:この冬楽しみたい、8つの新しいアフタースキーのスタイル

以前は、リュージュにホットチョコレート、あるいはジャクジーにダンスフロアのどちらにするか、選ばなければなりませんでした。しかしこの冬のアルプスでは、未来のアフタースキーを発見することになるでしょう…。
ゲレンデでお祭り騒ぎ

It's Friday! Time to get the party started even if we can't spend it at The Folie Douce! 📷: @foliedoucevaldisere #FridayFeeling

Une publication partagée par The Oxford Ski Company (@oxfordski) le

スキーしない人に人気の場所にようこそ!ヴァルトランスの「ラ・フォリ・ドゥース(La Folie Douce)」では、アフタースキーは既に昼から屋外のダンスフロアで始まります。髪振り乱して踊るために、ニット帽を脱ぐのをお忘れなく!

極上のシャレー

眺めのよいスパ。3つ星レストラン。居心地がよくシックなデザイン。山のライフスタイルは、昔と同じではありません…。たとえばサン・マルタン・ド・ベルヴィルにあるホテル「ラ・ブイット(La Bouitte)」は、山のシャレーを全面的に新しく解釈しています。

夜も昼もワクワク

@flobastien is on fire 🔥 on the summer snowpark 🤘 📷 @julienregnier #tignes #BeHappyBeOpen

Une publication partagée par Tignes (@tignesofficiel) le

素晴しいスキー場を満喫するために早く寝るか、エレクトロ・フェスティバルの無料コンサートで夜更かしするか、はたまた忘れられない新年のパーティーを楽しむか?ティーニュでは、すべてが可能です。

雪舞う中のジャズ

地元の人たちが、地元の人たちとアート愛好家のために始めたジャズフェスティバル…。アルプ・デュ・グラン・セールで開催される「ジャズ・アルプ(Jazz’Alp)」フェスティバルは、アルプスの異なる側面を見せてくれます。

頂上のさらに上

Encore un sunset de fou #maplagne #laplagne #sunset #homesweethome #skyporn

Une publication partagée par Florent Lenoir (@fafazmat) le

人生で最も美しい日没の光景が、パラグライダーで飛ぶ頂上の上空であなたを待っています。モンブランを上から眺めるまたとない機会です。

エスキモーの夜

外の気温は2℃。幸いなことに、「ヴィラージュ・イヌイット・ウィリウォー(village Inuit Williwaw)」で、極寒地用の寝袋と温かい山の料理があなたを待っています。あなたはこの夜のことをすぐに忘れてしまうことはないでしょう。

夜のハイキング

日焼けと足元の石ころを気にする夏のハイキングのことは忘れてください。オーソワでは、夜間の雪上ハイキングを楽しめます。圧倒的な静けさの中での1時間の散歩…。ゴールでは、山小屋でフォンデューが準備されています。

無重力状態でスパ

シャモニーでは、ホテル「エリオピック・スイート&スパ(Heliopic Sweet & Spa)」が、エギーユ・デュ・ミディのロープウェイに面した場所に建っています。暖かい館内で山頂を眺めながらゆっくりとリラックスすれば、時間と重力を忘れてしまいます。