ワインとシードルを巡る旅

ワインとシードルを巡る旅

カーヴ・ド・ルーヴル

フランスでは伝統的に地下にワイン貯蔵庫が多くあり、カーヴと呼ばれて試飲や見学を楽しめます。パリの中心、ルーブル美術館とも地下で繋がっているカーヴ・ド・ルーヴル。フランス王ルイ15世のソムリエによって、王の庭で提供するワインのために作られました。ここではフランス中のワインについて、五感を使ってさまざまな体験ができます。

リンゴのお酒

フランス北部にあるノルマンディー地方の気候はリンゴ栽培に最適。特産のリンゴを使った発泡酒が「シードル」。小粒で酸味の強いリンゴでさっぱりと仕上げたシードルは、クリームを多用する郷土料理との相性もぴったり。シードルの産地は「シードル街道」と呼ばれ、ほのぼのした田舎の村が点在し、生産者を訪ねることもできます。是非、本場のシードルと、シードルをさらに蒸溜して造るブランデー「カルヴァドス」も楽しみたい。

 

エールフランス