目的別トリートメント

  • © Atout France/Phovoir

目的別トリートメント

セルロプレス:お腹や腰回りや足などに行う機械的なマッサージで、セルライト除去に効果があります。

 

・プール・リハビリ:筋肉や筋や関節を柔らかくし、動きやすくするためのプールでのエクササイズです。体の機能障害の予防と改善に役立ち、痛みを感じることなくスムーズに動けるようになります。

 

・プレソテラピー:足に対し交互に圧をかけたり緩めたりすることで静脈の流れをスムーズにし、足を軽くします。

 

・デプレソテラピー:パルプ・ルレ・マッサージ法(脂肪をつまんで転がすようにマッサージする方法)と吸引のテクニックを合わせたケアで、とりわけセルライト対策に効果があります。肌トラブルの改善や傷跡を目立たなくするためにも行われます。

 

・体操:メジエール・メソッドにもとづいて室内で行う体操で、背中の筋肉のストレッチと姿勢の矯正を規則的な深い呼吸を組み合わせて行います。

 

・マタニティー腹部体操:妊娠中は、特に腹筋と骨盤の筋肉が必要となります。この体操は骨盤底筋を活性化し、腹筋群を引き締める効果があります。

 

・母子マッサージ:お母さんに対し赤ちゃんの緊張を解きリラックスさせる方法を教えます。

 

・マソテルミ:脊椎周辺や下肢に対して行う指圧タイプのマッサージで、遠赤外線を発するヒスイの温かさを利用することでマッサージの効果を高めます。筋肉の凝りや血行障害に働きかけ、生命エネルギーの流れを活性化します。

 

・ボル・デール・ジャキエ あるいは生触媒による酸素テラピー:マツの樹脂のエッセンスを利用するもので、機械によって体の組織が酸素を取り込みやすくし、呼吸量を増加させ、ヘモグロビンの質を改善します。肉体や精神の疲れに効果的です。

 

・酸素セラピー:高濃度の酸素が入ったカプセルに入り、水蒸気と交じった高濃度の酸素を体に取り込む方法です。酸素が混じった蒸気が、体内から毒素を排出させます。デトックス、組織の再生、活性化の三つの効果があります。