パリを旅する人なら必ず訪れるあの場所が進化中!

Published on 2016年 3月 01日
パリを旅する人なら必ず訪れるあの場所が進化中! 40, bd. Haussmann 75009 Paris fr

次の旅でチェックしたいリニューアルポイントはここ!

ヨーロッパ大陸最大級の売り場面積を誇る百貨店、「ギャラリー・ラファイエット パリ・オスマン」。ファッションをはじめとしたトレンドを感じられる場所として、パリジャンはもちろん、旅行者にとっても目の離せない場所となっています。そんなギャラリー・ラファイエットの最新の話題をお届けします。

GWにパリを旅行する計画のある人は、ギャラリー・ラファイエット内のアート・ギャラリー「ギャラリー・デ・ギャラリー」で開催中のSamuel Gross(サミュエル・グロス)による企画展「ALL OVER(オール・オーバー)」に足を向けてみるのはいかがでしょうか?
今回の企画展では「縦のストライプ」を使った作品が多数展示され、独特なリズムを生み出す空間がつくられています。旅の途中で、感性を刺激される体験をぜひ味わってみてください。会期は、2016年2月24日から5月14日まで。3月5日、26日、4月9日、23日、5月14日は、16時30分から解説付きで見学できます(仏または英語、予約不要)。

昨年、売り場のリニューアルがされ、ショッピングの楽しみがさらに増えています。2015年10月中旬にリニューアルされた化粧品売り場は、有名ブランドから新進気鋭のブランドまで幅広い品揃え。自然派コスメの韓国発ブランド「Too Cool for School(トゥークールフォースクール)」や、写真家フランソワ・ナーズによるプロ仕様のアイテムを揃える「NARS(ナーズ)」、売り場面積50㎡を誇る「M.A.C(マック)」など、初出店となるブランドの顔ぶれにも注目が集まっています。リニューアルされたフロアで新たな「美」の発見が期待できそうです。

男性にも嬉しい情報があります。昨年夏、メンズ館1階にリニューアルオープンしたシューズ売り場は、パリ市内のシューズ売り場では随一の広さを誇り、取り扱いブランドの数も80を数えるほどです。そのなかでも、10ブランドがギャラリー・ラファイエット限定ブランド。旅先で靴を新調して、パリの街を歩く、それだけで気分が晴れやかになりますね。

ショッピングの予定のない方も、旅に役立つギャラリー・ラファイエットのお得な利用方法があります。メンズ館0階にパリおよびイル・ド・フランス地方の観光情報を提供している観光案内所があります。交通パスや、ミュージアムパスの購入や、市内観光の予約なども行なっていて、かなり利用価値が高いです。さらに、天気の良い日には本館の屋上に上がってみましょう。屋上は、無料でパリの絶景が楽しめる穴場。目の前には荘厳な構えのオペラ・ガルニがあり、少し遠くに視線を移せばエッフェル塔やサクレ・クール聖堂も眺められます。ギャラリー・ラファイエットの食品フロア、メゾン&グルメ館内「グルメ」で絶品グルメをテイクアウトして、屋上で景色を楽しみながら食べるというのが手軽にできるおすすめの過ごし方です!

ショッピングにも持ち歩きやすい!

『地球の歩き方MOOKハンディ パリの歩き方2016-17』が人気。

よくある大きな雑誌サイズの旅行ガイドは、写真が豊富で読みやすいけれど、バッグにも入れられず、肝心な街歩きに持ち歩けないというデメリットが・・・。雑誌のような読みやすさで、持ち運びやすく工夫されているガイドブックの登場は、旅行者の願いでした。その声に応えたのが、海外旅行ガイドブックの老舗的存在である『地球の歩き方』を発行するダイヤモンド・ビッグ社。『地球の歩き方MOOKハンディ パリの歩き方2016-17』は、まさにちょうどいいサイズ。雑誌のようなレイアウトで分かりやすく、なおかつバッグに入れて持ち歩けるサイズ(タテ227mm×ヨコ184mm)なのです。ガイドブックを作り続けてきた同社が研究を重ねて完成させ、全国の書店で発売中です。

『地球の歩き方MOOKハンディ パリの歩き方2016-17』

発売日:2015年9月10日

発売元:ダイヤモンド社

定価:1000円+税

ISBN-10:
4478047944

オンラインでのガイドブックの購入はこちら


 
ギャラリー・ラファイエット パリ・オスマン
40, bd. Haussmann 75009 Paris
http://haussmann.galerieslafayette.com/ja/