フォーラム・デ・アールの大整備が進行中。パリの中心地区が生まれ変わります!

Published on 2016年 1月 07日
  • 設置が着々と進むカノぺ。

    設置が着々と進むカノぺ。

    © http://www.parisleshalles.fr

  • 設置が着々と進むカノぺ。

    設置が着々と進むカノぺ。

    © http://www.parisleshalles.fr

  • 設置が着々と進むカノぺ。

    設置が着々と進むカノぺ。

    © Franck Badaire http://www.parisleshalles.fr

  • © http://www.parisleshalles.fr

  • © http://www.parisleshalles.fr

フォーラム・デ・アールの大整備が進行中。パリの中心地区が生まれ変わります! Chatelet-les-Halles Paris fr

常に人でごった返している、大都会パリを垣間見れるシャトレ・レアール駅(Châtelet - Les Halls)。パリで地下鉄を使うなら必ずお世話になる交通の要所です。駅の地下はフォーラム・デ・アールと呼ばれる一大ショッピングセンターになっていて、本・CD・家電のFnac(フナック)をはじめ、ファッション、インテリア、スポーツ、映画館まで備えた遊び場です。

その駅を含むレ・アール地区の再開発から30年以上の月日が経過し、利用人数の大幅増や建物の老朽化、また安全基準の変更により大規模な改修と近代化を余儀なくされています。地下駅の1日当たりの利用者数は75万人を数え、パリと郊外とを結ぶ最大の要衝としての役割を果たすことが難しくなってきました。

レ・アール地区の一部を覆うように建設中のカノぺCanopée、そして複数の公園とRER(高速郊外鉄道)駅へのアクセスが今年中に完成する予定です。カノぺとは、もともと太陽の光と接する森林上層部を意味し、ガラスとスティールで構築された高さ14mにも及ぶ巨大な建築物となっています。

新たに整備された複数の公園は広々とした芝生で覆われており、両端を縁取りするかのように木々が植えられ、このカノぺと証券取引所を結んでいます。この芝生には自由に入ることができ、フォーラム・デ・アールへの中庭へ繋がる階段が設置されています。

さらに、この地区の歩行者専用スペースを広げて地下の交通網を整備し、シンプルでありながらより快適に、RER駅はより広くかつ機能的に、フォーラムの建物はより明るくモダンに、そしてフォーラムへのアクセスはより便利になります。おもてなしと賑やかでダイナミックな首都のイメージをその中心部に体現して、まもなくパリは生まれ変わります。

Related videos

 
 

Sponsored videos

 
 
 
 

見どころ

見どころ