画家ピサロも滞在した、 パリのホテル・デュ・ルーブルへようこそ。

Published on 2015年 11月 11日
  • © Hôtel du Louvre - Paris, a Hyatt hotel

  • © Hôtel du Louvre - Paris, a Hyatt hotel

  • © Hôtel du Louvre - Paris, a Hyatt hotel

  • © Hôtel du Louvre - Paris, a Hyatt hotel

  • © Hôtel du Louvre - Paris, a Hyatt hotel

画家ピサロも滞在した、 パリのホテル・デュ・ルーブルへようこそ。 Place André Malraux 75001 Paris fr

パリ中心部に位置する豪華な5つ星ホテル ホテル・デュ・ルーブル」。その堂々たるロケーションは、ルーブル美術館 、コメディ・フランセーズ劇場、オペラ座、パレ・ロワイヤルも目と鼻の先。ヴァンドーム広場、コンコルド広場、マレ地区、チュイルリー公園、大手デパート、ノートルダム大聖堂もホテルから歩いてすぐ。観光にも出張での利用にも理想的なロケーションです。
ホテルデュ・ルーブルはジョルジュ・オスマンが中世風の古びたパリを大改造していた当時、1855年に建てられた光の街の最も古いホテルの1つ。ロビーから客室にいたるまで、その繊細なインテリアが不思議な魅力を醸し出しています。景観もパリ随一。43室のスイートを含む、それぞれ特徴がある上品なスタイルの177室の客室からの眺めは最高です。シックで心地の良いパリ風の装飾には、エレガンス、調和、心地よさが感じられます。
フレンチシックにコンテンポラリーを組み合わせた装飾のホテルの客室は、暖かくスタイリッシュ。各バスルームにはバスタブも完備されています。無料のWiFiや紅茶セットなどの欠かせない設備とともにご提供する行き届いた心からのサービス。
ホテル内のレストラン「ブラッセリー・デュ・ルーブル」は、パリならではの料理と雰囲気で知られており、テラスからは向かいのルーブル美術館の素晴らしい眺めが広がっています。
ナポレオン三世様式の赤と黒を基調としたホテル内の隠れ家的バー「ル・デルフォンディ」 では、是非リラックスして選り抜きの紅茶(ダマン・フレールまたはシロッコ)や暖かいお飲み物をお楽しみ頂けます。毎週金曜日の午後9時から午前12時には、ジャズバンドのライブ演奏も。

ホテル・デュ・ルーブルの著名ゲストたち:

ホテルデュ・ルーブルの独特の雰囲気はかつて小説家アーサー・コナン・ドイルにもインスピレーションを与えました。そしてドイルがためらいなくここに宿泊させた彼の代表作の登場人物は、シャーロック・ホームズその人だったのです。
1897年から1899年、印象派の画家カミーユ・ピサロはここに滞在して制作に励みました。今では、彼が滞在したスイートはピサロ・スイート と呼ばれています。ピサロはオペラ大通り、フランセーズ劇場広場、サントノーレ通りの風景を11枚描いています。
1910年、著作「レオナルド・ダ・ヴィンチの幼年期の思い出」を執筆していたジークモント・フロイトが何度も滞在したのもこのホテル。フロイトはモナ・リザの微笑に言及し、それが何を意味し得るかについて語っています。ルーブル美術館の1階に展示されているモナ・リザの真作はいまだ訪れる人を魅了し、多くの芸術家の創作意欲をかきたてています。
1961年、映画監督アラン・レネもこのホテルでインスピレーションを得て「去年マリエンバートで」を撮影しました。この映画は、2人が前年に肉体関係を持ったことを男が相手の女に納得させようとする物語を描いています。おそらく当ホテルが実際に素晴らしいロマンスが生まれた場所なのでしょう。ホテルに到着する前に是非見て頂きたい映画です。
住所:
Place André Malraux
Paris,  France, 75001
Tel.:+33 (0) 1 73 11 12 34+33 (0) 1 73 11 12 34
公式ホームページ(英語)

見どころ

見どころ