『地球の歩き方』から、理想的なサイズのガイドブックが新登場。

Published on 2015年 9月 07日
『地球の歩き方』から、理想的なサイズのガイドブックが新登場。 Paris fr

今までにない使いやすさ
よくある大きな雑誌サイズの旅行ガイドは、写真が豊富で読みやすいけれど、バッグにも入れられず、肝心な街歩きに持ち歩けないというデメリットが・・・。飛行機の狭い座席だと広げて読むのも憚られるかもしれません。もちろん、手のひらに乗るサイズのガイドブックもありますが、写真や文字が小さかったり、教科書のような細かさだと、うんざりしてしまう人も多いはずです。雑誌のような読みやすさで、持ち運びやすく工夫されているガイドブックの登場は、旅行者の願いでした。その声に応えたのが、海外旅行ガイドブックの老舗的存在である『地球の歩き方』を発行するダイヤモンド・ビッグ社。
『地球の歩き方MOOKハンディ パリの歩き方2016-17』は、まさにちょうどいいサイズ。雑誌のようなレイアウトで見やすく分かりやすく、なおかつバッグに入れて持ち歩けるサイズ(タテ227mm×ヨコ184mm)なのです。ガイドブックを作り続けてきた同社が研究を重ねて完成させ、明日(2015年9月10日)に全国の書店で発売されます。

パリのグルメアワードSelect12
最新情報から定番の観光地紹介までほぼ網羅されているので、パリを初めて訪れる方もリピーターも満足できる内容に編集されています。特に、チェックしたいのが「2016年度 パリのグルメアワード Select12」の特集ページ。編集部が実食取材を重ね、12のジェンル(部門)の料理から1位と認めたお店だけを集めて掲載されています。「タルタルステーキ部門」や「シュークルート部門」など、料理のジャンル設定もユニーク。ガイドブックにありがちな、「情報が沢山ありすぎて選べない!」という悩みをすっきり解決してくれそうです。

迷わない地図
このガイドブックに綴じこまれている地図は、本体から取り外すことができ、さらに持ち歩きやすくなっています。目印になるランドマークをイラスト立体化していて、視覚的に分かりやすかったり、ほぼ全ての通り名を明記しているので、この1冊があればパリで迷うことはなさそうです。地図の冊子には「フランス料理単語帳」なるページも付いており、街歩きの途中で立ち寄ったお店で、分からない単語に出くわしても安心です。

『地球の歩き方MOOKハンディ パリの歩き方2016-17』
発売日:2015年9月10日
発売元:ダイヤモンド社
定価:1000円+税
ISBN-10: 4478047944

オンラインでのガイドブックの購入はこちら

見どころ

見どころ