フランス料理を味わいつくす16日間!

Published on 2015年 8月 04日
  • © France Restaurant Week 2015

  • © C.Sarramon

  • © Pierre Monetta

  • © Pierre Monetta

  • © Pierre Monetta

フランス料理を味わいつくす16日間!

ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2015
~グランシェフのOSUMITSUKI~

全国約500店舗が参加する、国内最大のフランス料理イベント「ダイナースクラブ フランス レストランウィーク」。5回目を迎えて今秋も開催です。
期間:    2015年9月26日(土)~10月11日(日)
内容:    参加店舗においてランチ2,215円 / ディナー5,000円(税・サービス料込み)の一律価格で限定コースメニューを提供
普段のプライスにかかわらず、≪前菜・メイン・デザート・食後の飲み物≫のフルコースがお得なプライスで味わえるとあって、毎年大好評。完全予約制となっていますので、参加レストランをチェックの上、お早めのスケジューリングを!

今年のサブテーマは「グランシェフのOSUMITSUKI」。国内はもちろん、今や世界にも通じる日本のフランス料理、その未来を担う次世代シェフを、会期を通じて応援します。
日本全国を北海道・東北・東京・関西・九州の5つのエリアに分け、各地のグランシェフが地元で5名の若手シェフを推薦。彼ら”OTSUMITSUKIシェフ”が自店ではもちろん、会期中のイベントにも参加し、進化しつづける日本フレンチの魅力をアピールします。東京は例外として、ティエリー・ダナ駐日フランス大使が、フランス料理の多彩さを象徴する都内の5店舗を推薦。またフランスからもアラン・デュカスが薦める、パリっ子に大人気のビストロ「レ・ザンファン・ルージュ」の篠塚大シェフが来日します。

そして注目すべきは、特別サロン「ラ・ターブル・ドゥ・ダイナースクラブ@ミーレ」。都内にいながら、日本各地とパリのOSUMITSUKIシェフの料理が日替わりで楽しめる限定テーブルです。日本のレストランサービスの第一人者、下野隆祥氏による洗練のおもてなしで、地元食材の魅力あふれる各シェフ渾身のコースを味わう、まさにプレミアムな機会。ダイナースクラブ会員に限らず予約可能ですので、ぜひチェックしてください。
また会期の中日には、モナコの三ツ星「ル・ルイ・キャーンズ アラン・デュカス」のフランク・セルッティら来日シェフ、そして日本のグランシェフとOSUMITSUKIシェフの計6名がひとつのコースをつくりあげる、ガラパーティーが催されます。フランス料理の贅を尽くしたこちらのディナーにも、ぜひご注目ください。

「ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2015」の予約開始は9月16日(水)10:00です(ダイナースクラブ会員は10日(木)よりの先行)。詳しくは公式サイトをご覧の上、この秋もフランス料理を思い切り楽しんでください。