2015年度フランス人の好きな村ランキング、発表は今夜!

Published on 2015年 6月 22日
  • ロワール地方モンテゾール村(Montrésor)

    ロワール地方モンテゾール村(Montrésor)

    © Agence Départementale du Tourisme de Touraine

  • ノルマンディー地方サン・セネリ・ル・ジェレイ村(Saint-Cénéri-le-Gérei)

    ノルマンディー地方サン・セネリ・ル・ジェレイ村(Saint-Cénéri-le-Gérei)

    © ANDREA Solter

  • アルザス地方フレット村(Ferrette)

    アルザス地方フレット村(Ferrette)

    © Office de Tourisme du Sundgau

  • ミディ・ピレネー地方サン・アントナン・ノーブル・バル村(Saint-Antonin-Noble-Val)

    ミディ・ピレネー地方サン・アントナン・ノーブル・バル村(Saint-Antonin-Noble-Val)

    © CRT_Midi_Pyrenees_D_VIET

2015年度フランス人の好きな村ランキング、発表は今夜!

2012年、フランスのテレビ局、フランス・ドゥーFrance 2によって初めて実施されたフランス人の選ぶ「フランス人の好きな村 Le village préféré des Français 」。夏のバカンスどこに行こうか決めていないフランス人への絶好のPRになるという事で、どの村も宣伝に熱心です。フランス中から熱い視線が集まるこの人気番組(去年の視聴率は約20%)、今年の発表はフランス時間6/23(火)20:55~23:10に決定!
フランス全土の22の地方からそれぞれ1ヶ所ずつノミネートされた村々で、サイトからの投票によってその順番を決定するシステム。去年は13万人以上が投票しました。ランキングは、22位から順番に発表。各村の簡単な歴史や見どころ、ゆかりのある歴史上の人物や現代の有名(芸能)人、特産品、民宿なども紹介され、ガイドブック的な構成の番組になっています。去年、栄えある1位に輝いたのは・・・

■ミディ・ピレネー地方ロット県サン・シル・ラポピー村 (Saint-Cirq Lapopie)
ロット渓谷の断崖に立つ村は古代ガリア・ローマの時代にその歴史をさかのぼることができます。中世の頃には鷲の巣村の形状となり、村全体が一つの要塞として機能しました。当地は英仏百年戦争の前線にもあたっていましたが、周囲を見晴らすのにうってつけの村は要塞としてたいへんに価値がありました。今は頂きに城跡が残るのみです。その美しさはよく知られ、近代になっても多くの芸術家たちに愛されてきました。シュール・レアリスム運動で知られるアンドレ・ブルトンも長くこの地に暮らしました。

今年候補に挙がっている村のうち有力候補の4村を紹介します。

■ロワール地方モンテゾール村(Montrésor)
14世紀、ナポレオン3世の親友であったポーランド貴族が村内の城を修復した為、村の中にはポーランド由来の道の名前が多い。

■ノルマンディー地方サン・セネリ・ル・ジェレイ村(Saint-Cénéri-le-Gérei)
画家コロー、クールベ、ビュッフェに愛された村。「フランスの最も美しい村協会」にも登録済。

■アルザス地方フレット村(Ferrette)
要塞都市の麓に栄えた中世の村。鍾乳洞も見どころのひとつ。

■ミディ・ピレネー地方サン・アントナン・ノーブル・バル村(Saint-Antonin-Noble-Val)
8世紀以上の歴史を物語る小道が美しい村。1125年建設のフランスで一番古い市役所も。

Related videos

 
 

Sponsored videos